Wordpress

【Bigdump】bigdump.phpにブラウザでアクセスしても404エラーが出る時の対処法【アクセスできない!】

投稿日:

wp_logo

phpMyAdminでインポートできない場合「500 Internal Server Error」とか「右画面真っ白」

この記事でもお話した通り、phpMyAdminでインポートできない場合はBigDumpを使うのが最も簡単かつ手っ取り早い方法になります。

BigDumpの使い方は

phpMyAdminでインポートできない大きなファイルを一気にインポートできる「BigDump」

こちらを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

リンク先を見て頂けるとわかりますが、すごく細かく説明されているのでほとんどの方はすんなりBigDumpが利用できると思います。

しかし、僕レベルの無知になるとこれでも詰まるポイントがありました。

 

bigdump.phpにアクセスできない

説明通りブラウザからbigdump.phpにアクセスしようとしても『404エラー』でアクセスできないんです。

同じ状況の方は

・bigdump.phpファイルに実行権限を与える。

・エックスサーバー利用の方であれば『public_htmlフォルダ』にbigdumpを入れなければならない。

多分このどちらか、または両方を行う事でbigdumpにアクセスできるようになるはずです。

 

 icon-check-square-o bigdump.phpファイルに実行権限を与える。

bigdump404error1

FTPツールから、bigdump.phpファイルを右クリックし『属性変更』をクリック。

bigdump404error2

オーナー部分の実行にチェック。

これでbigdump.phpに実行権限が与えられます。

 

 icon-check-square-o 『public_htmlフォルダ』にbigdumpを入れなければならない

エックスサーバーでは、「public_html」に入れたファイルにしかブラウザからアクセスすることができない仕組みになってるみたいです。(常識かもしれぬ)

なので、ドメイン直下ではなくpublic_html内に任意のbigdump用フォルダ(ディレクトリ)を作って、その中にbigdump.phpとアップロードしたいsqlファイルを入れておく必要があります。

bigdump404error3
※public_htmlにbdというディレクトリを作って、その中にbigdump.phpとsqlファイルを入れました。

 

まとめ

あんなにわかりやすく解説されてるページでも、僕のように無知だとわからないポイントが出てくる。

きっと僕の解説でも『何言ってんだコイツ』って箇所があるんだろうなぁ。

 

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-Wordpress

Copyright© なおろぐ , 2016 AllRights Reserved.