パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

プラモデル

塗装のプロが解説する、プラモデルをスプレー塗装する際のコツ

更新日:

プラモデルの塗装はエアブラシや缶スプレーでの塗装が一般的です。

ガンダムマーカーのような塗装もありますが、ムラになりやすくキレイに塗装ができません。

しかし、スプレーでの塗装もしっかりコツを抑えていないとダマになったら帯ムラになったりします。

車の塗装を本業としている立場から、プラモデルのスプレー塗装をどうすればうまく塗装できるか、コツを解説しようと思います。



コツ1. 一気に着色しようとしない事

エアブラシも缶スプレーも同様に、最初から一気に色を着けようとしない事が最初のコツです。

スプレーで塗装する際、塗料に含まれる溶剤でプラ表面を少し溶かし塗料を吸着させます。
なので、いきなりドバっと塗料を乗せてしまうと、吸着が追い付かず垂れてしまいます。

3回に分けて塗装するのが理想的で、まず最初は薄っすらと全体に霧を乗せるイメージ、次に初回よりももう少ししっかり乗せ、3回目で仕上げます。
これがプラモデルをスプレー塗装する際の最初のコツです。

艶消しカラーの場合は特に重要で、フワっと何度も重ね塗りして着色するようにしてください。

クリア塗料の場合は、2~3回目はツヤが出るように塗装する必要があり、難易度は少し高めです。

コツ2. スプレーの噴射はじめ、終わりをパーツの上で行わない

エアブラシ、缶スプレーともにスプレーの噴射開始時と、噴射終わりはツブが飛んだり、塗料が不安定になります。

上の図のように、大きく塗装してツブやムラにならないように塗装する事がスプレー塗装コツです。

以上2つのコツを抑えてスプレー塗装を行えば、キレイな塗装面になるはずです。
コツ1は加減が難しいですが、焦らず少し乾かしながら行えば問題ないと思います。

プラモデルのスプレー塗装で失敗してしまった時の対処

塗装のコツとは違いますが、プラモデルのスプレー塗装を失敗してしまった際のリカバリ方法を少しお話します。

塗料が垂れてしまった場合は、塗料を完全に乾燥させた後、ペーパーやすりで垂れた部分を研ぎ再塗装しましょう。

ツブ、ムラ、ダマができてしまった場合、スプレーの噴射口に問題がある可能性があります。
パーツ表面に凹凸がなければ、スプレー噴射口を一度清掃してから、そのまま上から再塗装すればOKです。

クリア塗料が垂れてしまった場合、垂れ具合によっては完全乾燥の後、当て版を付けた紙やすりで垂れ部分を研ぎ落し、コンパウンドで磨けばフォローできる場合があります。
気になるようなら一度溶剤でふき取って再塗装した方が良いでしょう。

まとめ

プラモデルの塗装は、基本的に実際の車の塗装と同じです。

今回紹介したコツを抑え、あとは練習が必要ですから、一つ練習用のプラモデルで何度も反復練習すると綺麗にスプレー塗装ができるようになると思います。

-プラモデル
-

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.