STINGER5 Wordpress

[STINGER5]WordPressテーマへの子テーマ導入と、導入後のカスタマイズ方法!

投稿日:

 

c547e2fb3877087e1c4686286376af5b

子テーマとは?

子テーマとは、簡単に言うと「元のテーマを変更する事なくテーマのカスタマイズをする物」です。

なぜそんな事をする必要があるのかと言いますと、テーマは制作者によってバグの修正や改良など、どんどんバージョンアップされていきます。
元のデータを変更してカスタマイズしていると、バージョンアップするごとに全てのカスタムを1からやり直ししなくてはならなくなります。

子テーマは、テーマのカスタムしたい部分だけ子テーマとして適用する事で、元のテーマに変更部分のみを反映させる事ができるので、テーマのバージョンアップがスムーズに行えるのです。

なので、早い段階で導入しておいた方が後々の為に良いと思いますよ!
でないと僕のように後から子テーマの存在に気付き、どうやって導入するか頭を悩ますハメになりますからね…。

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

 

子テーマを作る

子テーマは超簡単に作れます。
素人の僕でもあっという間に作れたので、間違いないです。

アップローダーなど何を使って作ってもいいんですが、今回は僕のやった方法で。
Xサーバーを利用しているので、Xサーバーのファイルマネージャでのやり方を説明していきます。

まず/○○○.com/public_html/wp-content/themesへ移動します。
移動したら、ここに子テーマのフォルダを作成します。僕はSTINGER5のテーマを使用しているので、「STINGER5-child」として作成しました。(名前は何でもいいです)

thama

こんな感じです。

thema2
※画像にはheader.phpがありますが、気にしないでください。

子テーマのフォルダができたら、その中に「style.CSS」のファイルを作ります。
ファイルを作ったら、この「style.css」を開き

とだけ記載します。

※注意
・必ず保存文字コードをUTF-8にして保存してください。これをしないと反映されません。
・上のコード「stinger5ver20141227」の部分ですが、末尾をご自身が適用されているテーマのバージョンに必ず変更してください。

これで子テーマは完成です!簡単でしょう?

 icon-check-square-o 子テーマの適用を忘れずに

wordpressダッシュボードの、外観>テーマから上で作った子テーマを適用すればOKです。
プレビューで確認してみましょう!

 

子テーマ導入後のカスタマイズ方法

さて、子テーマ導入も完了し、どんどん自分好みにカスタマイズしていきましょう!
と思いきや、実際どうやって子テーマをカスタムしていけばいいのか、ちょっと迷いました。
色んなページを参考にさせて頂いたんですが、大体子テーマ作成までで説明が終わってるんですよね…。

ひょっとしたら説明するまでもないレベルなのかもしれませんが、僕は素人同然なのでわかりません!

ということで子テーマ導入後のカスタマイズ方法を説明しておきます。

thema2

先ほどの説明でも貼ったこの画像、style.cssの上に「header.php」というファイルが見えると思います。

子テーマでのカスタマイズというのは、変更したいファイルを元のテーマからそのままコピーして、子テーマ側でコード編集すればOKという事のようです。

なので、上の画像では僕がファビコンをカスタムしたかったので、元テーマから「hedder.php」のファビコン部分のコードをそのままコピーしてきて、編集しました。

コピーしてきていないその他の部分は元テーマの内容が反映されていて、変更した部分のみ子テーマが反映されている状態です。

※コピーする際も必ず保存文字コードをUTF-8にして保存してくださいね。

まとめ

これをしておけば、元テーマがバージョンアップされた際も全て作りなおす必要はなく、style.cssのバージョンだけ変更すればオッケーって事だと思います。(タブン)

どこをどういじったか覚えてませんし、ページ立ち上げの際にやっておきたいですね!

さて、僕の場合今更子テーマ適用したいんだけど、どうすればスムーズにやれるのか悩みどころです。

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-STINGER5, Wordpress

Copyright© なおろぐ , 2016 AllRights Reserved.