ガンプラ

ガンプラ素人が真剣に「HUGC バンシィ・ノルン」を作ってみた! #1 開封&ランナー紹介編

投稿日:2015年3月12日 更新日:

2300

最初に制作したHGUCフルアーマーユニコーンと同時購入した『HGUC バンシィ・ノルン』を制作していきます。
ユニコーンの後すぐに制作しようと思ったんですが、パーツ構造がほぼユニコーンと同一な為まったくやる気が出ず置いておいた物です!

既に購入済みのMGサザビーver.KaMGHi-νガンダムVer.Kaの前に作っておかないと中途半端になるので、今回制作に踏み切ります!

せっかくなので今回も練習・実験しながら制作していきます。

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

 

今回制作するキット

norun2

今回制作するのは「HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン デストロイモード」です!
アニメの3話?あたりで再調整されたマリーダ・クルスが搭乗、後にリリー・マーセナスが操る機体ですね。
最後7話ではユニコーンと共に頑張ってた記憶があります。

フルアーマー装備ではない分ユニコーンよりは楽に作れるのか、別の大変なパーツがあるのか期待と不安でいっぱいです…。

このキットは基本的にユニコーンガンダムと同じ構造なので、金型は使いまわしてると思われます。
あとはまぁ、黒ベースの機体なのでスミ入れはしない感じでしょうね~。

ランナー紹介

2015-03-09 21.09.41
サイコフレームのパーツです。

2015-03-09 21.09.55
胴・腰・脚の側パーツが見えますね。しかしこれはやはりスミ入れしても目立たないなぁ。

2015-03-09 21.10.13
足などの側パーツです。

2015-03-09 21.10.25
シールドが見えます。ユニコーンにもこんなのあったな…。

2015-03-09 21.10.38
胴と武器、関節などの機会部のパーツです。

2015-03-09 21.11.02
武器や頭部のアンテナなどのイエローのパーツがあります。このイエローのパーツはガンダムマーカーのゴールドメッキで塗装します。

2015-03-09 21.11.21
ポリキャップです。今回は金色なんですねぇ。

今回の制作方法

ユニコーンの時にそうだったのですが、恐らくバンシィ・ノルンに合わせ目消しは不要です。
サイコフレーム露出部分を上手く使って、合わせ目が表に出ない作りになっています。

今回の制作方法としては

・イエローのパーツをガンダムマーカーのゴールドメッキで塗装する。
・ゲート跡はやすりを使わずデザインナイフで整形

今回一番のポイントは、やすりを使わないという事ですかね~。
なぜやすりを使わないのかと言いますと、前回のHGUCνガンダムやその前のZガンダムの時にそうだったんですが、合わせ目消しが不要になるようボディライン部にゲートが作られている場合が多いです。

そこをやすりで整形してしまうと、僕は本体を塗装しない方法で組み立てているので、スミ入れの際に整形時にできた細かなペーパー目にインクが入りこんでしまい、綺麗にスミ入れできなかったんですね。ふき取ったり、溶剤でも綺麗にならなかったです。

まぁこれは本職にも共通する事があってわかってたことなんですが、ゲート処理の練習としてやってたんですけどね。

ただMGの場合はスミ入れを綺麗に仕上げたいので、今回はゲート処理をデザインナイフで行う練習をしていこうと思ってます。

仕様するデザインナイフはこれです。
評判のとおりよく切れ、替えの刃もたくさん入っているのでお得です。

まとめ

今回ので5体目なんですけど、だんだん自分に合った制作方法がわかってきました。

スミ入れは頑張ってやりたいので、タミヤのスミ入れ塗料を購入しようか検討中です。

そうすると溶剤も買わないといけませんが…。
でもせっかくMG作るなら格好良く仕上げたいしなぁ、バンシィノルンを制作しながら考える事にしましょう。

次回:ガンプラ素人が真剣に「HUGC バンシィ・ノルン」を作ってみた! #2 組立&完成編

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-ガンプラ

Copyright© なおろぐ , 2016 AllRights Reserved.