Mac

MacBookをモニターに出力させ、デスクトップ化して使う方法

投稿日:2014年12月18日 更新日:

medium_2145449489
photo credit: Eric Willis via photopin cc

外にも持ち歩く可能性も考えてMacBook Proを購入したんですが、やっぱり家の中で使う事が多い。

そうなると、13インチの画面だと小さく感じるし、姿勢が悪くなるんですよね。

家ではWindowsのデスクトップをメインマシンとして使っているし、同時に2台使う事はまずない。

このモニターにMacBookを出力できればいいのに。

と思って調べてみたら、めちゃくちゃ簡単にやれちゃいました!

今回はそのやり方、必要なアイテムについてお話しようと思います。

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

やることは一つだけ

MacBookの右側面にはHDMI出力用のポートがあります。

これはMacBook Airでも同じだと思います。
型式によってはHDMIminiのポートだったりもするみたいですが、今回は例としてMacBook Pro(2014モデル)でのお話になります。

2014-12-17 21.42.33
ここにHDMIケーブルを接続し、もう一方をモニターのHDMI入力ポートに接続!

以上!これだけです!

HDMIケーブルも非常に安いですし、とっても気軽にデスクトップ化できちゃいました。

HDMIminiポートの場合は下のタイプしか使えません。

お持ちのMacBookのポートを確認の上、注意してくださいね。

2014-12-17 21.38.57
勝手に認識してモニターに出力されました。

スクリーンショット 2014-12-17 21.40.50
デスクトップ画面右上にあるアイコンから、出力に関する設定・切り替えも可能です。

更にデスクトップ化する

サブディスプレイとしてのみ使用する場合は、ここからは必要ないと思います。
僕の場合はあくまでメインディスプレイとしてがっつりデスクトップ化したいのですが、そのままだとモニターが見にくいですし、なんか違和感がありますよね。

ということで

2014-12-17 21.40.15

MacBookを閉じちゃいます!
でもそのままメインディスプレイは表示されています。
MacBookは、電源ケーブルを繋いだ状態であれば出力が維持されます。
電源ケーブルを抜くと消えてしまうので注意です。

マウスとキーボードを用意

閉じた状態だと入力ができないので、別でマウスとキーボードを用意します。
マウスはMacBookをそのまま使用する場合でも使いやすいですしね。

そこでオススメなのがLogitech[Logicool]のマウス・キーボードです。


この2つを使っています。
僕のMacBookは英字キーボードなので、英字用キーボードを使っています。
ちょっと割高でしたが、ソーラー電力の為電池が不要ですし、とても使いやすいです。

ソーラータイプ日本語キーボードですと

特に拘らず値段で選ぶのであれば

あたりでしょうか。
K270はwindowsデスクトップで使っていますが、これもかなり使いやすいです。
Logitec製品でUnifying対応であればどれでも同様に使えますので、好みで選んでしまえばOKだと思います。
たくさん種類が出ていますしね。

なぜLogitech[Logicool]がオススメ?

MacBookはUSBポートが少ないです。
USBポート増設・分配をすれば良いんですが、不格好になりますよね。

2014-12-17 21.42.33

Logitev[Logicool]のUnifyingであれば、このように1つレシーバーでマウス・キーボードを同時に認識してくれますし、レシーバー自体も小さいので見栄えも良いです。

これでMacBookの完全デスクトップ化が完了です。

まとめ

閉じた状態でもマウス・キーボードなどのデバイスはしっかり使えますので、閉じたMacBookを邪魔にならない場所に置き、
デスクを広く使って作業することができます。

悪い姿勢で作業していると腰が痛くなりますからね。これ以降とても快適に使えてます。

MacBookのデスクトップ化。おすすめですよ!

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-Mac

Copyright© なおろぐ , 2016 AllRights Reserved.