雑記

軽自動車に誤って軽油を入れてしまった時の対処方法

投稿日:2015年10月26日 更新日:

Bullet-ridden Shell Gasoline signBullet-ridden Shell Gasoline sign / thaths

こんなことやるわけないじゃん

って思う方は大丈夫です。

でも未だに結構な頻度でこれやる人いるんですよ。

軽自動車だから軽油でしょ!安いし!みたいな感じでしょうか。

違います。

軽自動車はレギュラーガソリンを入れるんです。

 

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

 

いいですか、もう一度言いますが『軽自動車に軽油入れちゃダメ』です。

軽油はディーゼルエンジン車に入れるものです!

それでもやってしまった場合、実は対処法が存在します。

但しこれには条件があって、エンジンの調子が悪いながらも走行可能な状態であることです。
スカスカのタンクに軽油を満タンに入れた場合、エンジンがかからない場合があります。
こうなってしまったら対処不可能なので、車屋さんに行きましょう。

それ以外の場合は対処可能です。

 icon-check-square-o ガソリンで軽油を薄めていく事で対処可能

まず軽油を入れてしまった状態から、満タンまでレギュラーガソリンを入れます

あ、軽油とレギュラーガソリンが混ざる事になりますけど、別に問題ないんでやっちゃってください。

ガソリンを足して満タンにしたら、その状態で1メモリ減るまで乗ります。

そしたらまたレギュラーガソリンを満タンまで入れます

次はメモリが半分になるまで乗ります。

そしたらレギュラーガソリンを満タンに。

最後に残り1メモリになったらレギュラーガソリンを満タンに入れます。

この辺りでエンジンは正常になってくると思うので、これで対処完了です。

 icon-check-square-o 軽油とガソリンを混ぜても問題ない

これ知らない人って結構多いです。

じゃあその2つは何が違うのって、簡単に言うと燃え方が違うだけなので、まぁ混ざっても大丈夫です。

ちなみに、レギュラーとハイオクも混ざって大丈夫です。

というか軽油とレギュラーより違いが少ないので、ハイオク車にレギュラーガソリン入れても普通に走ります。

まぁハイオク車にはハイオク入れた方がいいですけどね。

まとめ

軽自動車に軽油入れちゃダメよ!絶対よ!

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-雑記
-

Copyright© なおろぐ , 2016 AllRights Reserved.