雑記

ブログ・ホームページのアクセス数を増やすには?やるべきことと、やってはいけないこと。

投稿日:2014年12月25日 更新日:

medium_4407830667
photo credit: kristofabrath via photopin cc

ブログを初めてまだ2週間ですが、ブログを初めてから様々な人のブログを読ませて頂いて、僕なりに感じる事も出始めてきました。

そこで今回は、ブログを今後運営していく上での自分自身への注意喚起の意味を込めて、今後たくさんの良い記事を書き、たくさんの人に見て頂くにはどうしていけば良いか、考えてみようと思います。

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

アクセス数は結果にすぎない

ブログをやっているとどうしてもアクセス数が気になります。

増してやアフィリエイトなどを配置していれば、アクセスを増やす為にどうすればいいかと考えてしまう傾向にあります。

それで見る人に楽しんで貰えて、アクセス数が伸びれば勿論良いんです。
でも僕は多分それができるタイプではないです。

楽しんでもらえる記事を書いていくうちに、アクセスが自然と伸びていく
こちらのタイプな気がします。

というか、そもそもまだブログ開始2週間そこそこで何言ってんだって話なんですけどね…。
まずは100記事書いてからがスタートなんて文も見掛けるぐらいですし。

とりあえず『読む人の側に立って、面白さが感じられるであろう記事を100個書く』事を目標にしていこうと思ってます。

面白いブログって何なの?

現在いくつかのブログを継続的に見ていますが、そのブログには

・エンターテイメント性が高く感じる。
・書いている人物に魅力がある。
・書いている人物が作りだした物に興味があり、そのブログを見たいと感じる。

などといった、そのブログじゃないとダメな要素があります。

これってかなり重要で、似たような商品レビューやゲームプレイ日記はいくらでもある中で、自分のブログを面白い・また読もうと思って貰うにはどうすればいいかというのは、僕にとっては今現在考え続けていて結論は出ていません。

上に挙げた中で言えば、下2つは匿名でやっているし、何も作っていないので持っていない魅力です。

エンターテイメント性というのはとても難しく、ゲームのスクリーンショットで漫画風にしていたり、文章自体に面白味があったりと『エンターテイメント性』と一言で言っても種類は様々です。

独自性もエンターテイメント性に成り得るんじゃないかと思って(あまり知られていない車業界の常識を大暴露。超安く新車・中古車を買う方法。)や(あまり知られていない車業界の常識を大暴露。超安く車の修理をする方法。)の記事を書いてみました。

これは自分の立ち位置にいないとわからないことだし、見る人も得をする内容になっているので、こういう記事を継続的にたくさん書いていければいいんだろうなぁ。

medium_6156793114
photo credit: dirkjanranzijn via photopin cc

やってはいけないこと

自己満足な記事を

読み手にとっては何も面白くない、役にもたたない見栄えだけの自己満足な記事を書くのはきっとダメだ。
知らず知らずのうちに自分のブログもそうなる可能性、すでになってる可能性もある。
親しい人に見て貰って、素直に感想もらったりするのもいいかもしれません。

読みにくい記事

デザイン性を追求しすぎて、ただただ読みにくい・見にくい記事。
これは理由を言うまでもなくダメでしょう。

アフィリエイトを押させる事だけに必死になる

広告を見せる・押させるだけの為に作ったような記事はきっとダメだ。
面白い記事を書いた上で、『こんなのもあるんだよ』と提案するような広告を置くようなブログが理想かなぁ。

まとめ

こうやって『自分がどういうブログを作りたいのか』というのをまとめるのは、なかなか良かったかもしれない。

読み手に面白いと思って貰えて、且つアクセスも計算できればきっと良いブログになっていくはず!

ただまぁ、この記事こそ自己満足というか、自分の為に作られた記事になっちゃってるんですけどね…。

あ、自分も一度まとめてみようとか思ってもらえたら幸いかもです。

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© なおろぐ , 2016 AllRights Reserved.