雑記

オンラインゲームの舞台はPCからスマートフォンへ。そこには危険が潜んでいるかもしれない。

投稿日:2015年1月21日 更新日:

medium_2873310865photo credit: sean dreilinger via photopin cc

今日のゲーム業界を見てみると、各社がどんどんスマホゲームをリリースしているのがわかります。

それもそのはず、スマホ普及率は爆発的に増えていて、そこに各社目を向けているからでしょう。

スマホという『ゲーム機』を持ってる人が多いから、スマホゲームを出してしまえば、興味がある人はプレイ可能だからです。

いくらPS4が世界で爆発的に売れているとしても、決してソフトの販売数がハードの販売数を超えていくことはないですからね。
ゲーム会社としては普及しているハードにソフトを出したいわけです。

モンスターハンターシリーズが、PS系からDSへ移籍した要因もこれだという噂があります。VITAの普及台数はDSよりも少ないですからね。
まぁこれに関しては、モンハンがVITAで販売されれば売れるとも思うんですが。

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

ソーシャルゲームは増えすぎてる気がする

最近はソシャゲと呼ばれるゲームがかなりの数リリースされています。

基本プレイ無料で、ガチャと呼ばれる要素に課金が発生します。
これには際限なく課金できてしまうし、またこれによりプレイヤーの戦力差が顕著に出ます。
たくさん課金してもガチャ運がなくて強くなれない場合もありますけどね。

このガチャシステムは結構な問題要素を含んでいます。
記憶に新しいのはコンプリートガチャです。
コンプガチャ自体は禁止とされ、現在では見掛けませんが通常ガチャは健在です。

ガチャは禁止されている国もあるシステム

medium_5337478435photo credit: jpellgen via photopin cc

MMO大国と呼ばれるお隣韓国では『国内でのガチャ販売禁止』という規制があります。
ちなみにこれ、国内での規制があるだけですので、韓国のソシャゲ運営会社は日本向けにガチャゲームを開発し、日本でのガチャ商法で利益を出している会社もあるんですよ。

日本国内でもガチャに関しては様々な問題が起きています。
ついつい使いすぎて支払いができなくなった自制が効かない人がいたり(これは本人が悪いだけですが)、子供が親のカードで勝手に大量の課金ガチャをしてしまったりというケースが、少なくない数発生しています。

このケースには大きく2パターンあり、

・支払いが携帯料金連動になっているため子供が使えてしまったケース
・子供が親の目を盗み財布からカード情報を勝手に登録して使うケース

があります。後者は完全に子供が悪いのですが、前者ですと子供としては自覚がない場合もあります。

どちらにしても親の躾が悪かったと言えばその通りなのですが、とはいえある日突然何十万円という請求が来てしまったら…
焦らない人の方が少ないのではないでしょうか?

ちなみにこのケース、クレジットカード会社に連絡し、子供が勝手に使ったから払えないという言い訳通用しませんのであしからず。

子供の責任は親の責任です。

この場合『カード管理を怠った』というカード契約者の責任になるので、支払い義務は消えません。
高い授業料だと思って分割払いにしてもらうなり、払える方法をカード会社と相談して払い切るしかありません。

余談ですが、これ実際にカード会社に言う人結構多いらしいですね。
基本払うのが筋のケースなんですが、もし相談したいのであれば、その相手は使ってしまったゲーム会社になんですよね。
カード会社なんてガチャに限った事ではなく『使った金額を立て替えてるだけ』なので、子供が勝手に使っただろうと何だろうと契約者にガチャ代奢る理由なんてないんですもん。

このような事にならないように、子供にスマホを与える場合は注意する必要があるのです。
子供なんて、友達がやってたら自分もやりたくなってやってしまいますからね。

ガチャというのはこのような危険を含んだシステムだということです。

勿論システムを把握し、無課金で遊ぶ・決まった金額しか使わない方は何も問題ないと思います。
無課金は企業側からは嬉しい存在ではありませんけどね(笑)

今後ガチャが日本でも禁止される可能性もあると思います。
そうなればガチャ要素ありきのゲームは運営が止まるでしょうし、ガチャ自体が禁止されなくともソシャゲがどんどん増え続け、
運営の利益がなくなればサービスが終了します。

そうなった時に、これまで課金した分はパァになりますから、課金したけど楽しめたからいいかと言える金額に留めておくべきでしょうね。

PCでかつて発売されたMMOのスマホ版の登場

MUという昔PCであったMMOのスマホ版が出るそうです。
現行で思いつくのはちょこっとランドとかでしょうか。

これまでMMOと言えばPCでのプレイが一般的でしたが、かつてのラグナロクオンラインのようなグラフィック技術を必要としないビッグタイトルは今度スマホでリリースされていくことが予想されます。

ブレスオブファイア6もMMOとしてスマホで2015年春にリリースが予定されています。

参考:ブレスオブファイア6 公式ページ

これによりPCでのMMOが消えるとは思えません。
FF14やTESO、他にも多くのグラフィックが素晴らしいゲームはPCで、2Dを主軸とした簡素的なMMOはスマホでというように住み分けされていくのではないでしょうか。

現状でも3DのMMOがスマホでリリースされていて、僕自身も試しにプレイしたことがありますが、綺麗なのですが画面は小さく操作性が良いとは言えませんので、プレイを続けるには至りませんでした。

スマホでMMOができれば、空いた時間にちょっとプレイというのができるので、やりやすさはあります。
ブレスオブファイア6は僕も楽しみにしていますしね。

今後スマホで出てくるオンラインゲーム達が、ガチャ方式をベースにするのか、PC版であるような月額方式なのかはわかりませんが、あまり問題の起きないような設計になっていると良いなと思います。

まとめ

ファミコン発売から約30年で、とんでもないスピードで進化してきたゲームですが、30年前から『やりすぎは良くない』と言われ続けてきました。

ゲーム業界は立派なマーケットが完成されていますから、ゲームなんて子供のおもちゃ!と吐き捨ててしまうのはナンセンスだとは思いますが、物は変われど子供のゲームに関しては親が管理してあげなければならない部分があると思います。

コミュニケーションツールにもなりますから、禁止!ではなくやり方を教えてあげると良いでしょうね。

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© なおろぐ , 2016 AllRights Reserved.