新車と中古車のコスパを比較して解説してみた

パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

自動車

新車と中古車のコスパを比較して解説してみた

投稿日:

新車は中古車より高い。

当たり前の事ですよね。

でも、それって本当に当たり前の事でしょうか?

新車!なん百万もする!高い!無理!

中古車!何十万で買える!安い!

こう短絡的に考えてませんか?

本当にコスパが良いのは新車、中古車どちらなのかプロが細かく解説しますので、車の購入の際の参考になれば嬉しいです。

新車と中古車の、支払いで考えるコスパ

総額ではなく、月々の負担で考えた場合

新車と中古車は当然新車の方が高いです。

しかし、「新車は中古車より月々の支払額が圧倒的に高いか」となると話は別で、あまり変わりません。

は?金額全然違うのに何言ってんの?と思うでしょう。

では具体的に説明しましょう。

新車を購入する場合の月々の支払い額は

最近の新車はミニバンなど大型の車種を除き、200万円をラインに設定されています。

なので、今回は例として200万円の新車を購入するとしましょう。

今ローンの流行は10年のロングローンが流行っています。

金利は平均5.0%と高くなく、新車価格も200万円と昔に比べ下がっている事から、ロングローンでも負担はさほど増えません。

金利5.0%で120回(10年)払い、ボーナス月に3万円ずつ入れると仮定すると、月々¥16,200円で新車に乗れます。

この金額を覚えておいてください。

10年ローンのポイント

7年サイクルで乗り換える場合は、7~8年目に車を売ったお金で残債を処理する事ができます。

中古車を購入する場合の月々の支払い額は

例として100万円の中古車を購入するとしましょう。

先ほどの新車と比べると倍の価格差がありますね。

中古車では10年のロングローンは現実的ではありません

1~2年落ちの新古車を購入するなら別ですが(これなら新車買った方がいいですけど)、中古車であれば大体5~6年落ちを購入する方が多いはずです。

そうなると、10年でローンを組んでしまうと、ローンが終わる前に車が壊れる可能性も高く、現実的ではありません

せいぜい5年ローンといったところでしょう。

そして更に、中古車は新車と比べて金利が高いです。

新車と比べ0.5%ほど金利が高いですから、今回は5.5%と仮定して計算しました。

ボーナスについては新車の例と同様に3万円ずつとし、金利5.5%で60回(5年)払いと仮定すると、月々の支払額は¥14,100円になります。

月々の支払いから考える、新車・中古車のコスパ

今回の例でも、車両価格差は100万円も違うのに、月々の支払い額は¥2,100円しか違いません

¥2,100円の違いで新車に乗るか、中古車に乗るか、どちらがコスパが良いかは明白ですよね。

新車と中古車の、メンテナンス費用のコスパ

新車のメンテナンス費用

正直言って、新車のメンテナンス費用はほとんどかかりません

3年後の車検費用、その際のエンジンオイルとブレーキオイル代ぐらいです。

タイヤ交換もまず必要ありませんし、私の経験上新車なら2回目の車検まではまずノーメンテナンスで乗れます。

中古車のメンテナンス費用

中古車と言っても、何年落ちの中古車に乗るかによって大きく違います。

ここでは月々の支払い時の例と同様に、5年落ちの中古車を例にしましょう。

5年目以降は徐々にメンテナンスが必要になってきます。

バッテリー、ワイパーゴム、タイヤなどの消耗品、故障品の修理・交換費用なども発生するでしょう。

中古車は常に故障の可能性を頭に入れて乗らないと、突然大きな費用負担が発生する場合がありますから、本当に注意しなければなりません。

5年落ちの中古車に乗り、ずっと好調に乗っていたのに突然エンジンチェックランプが点灯し、調べるとミッション以上で交換に30万円!なんて事例もつい最近ありました。

この方は残念ながら30万円の価値がもう車になかったので、車の買い替えをすることになりましたが、本当にある日突然やってきます。

メンテナンス費用に関するコスパ

私は新車をゴリ押ししたいわけでも、意地悪を言っているわけでもありません。

ただ、中古車に乗って数年で高額な修理が必要というケースを何件も見てきています。
(ちなみ…うちは販売は基本やってないので、うちで買った車がすぐ壊れたという話ではないですよ)

新車でも中古車でも高い買い物ですから、コスパを考え、リスクのない買い物をしてほしいのです。

新車と中古車の維持費をわかりやすく比較してみた

新車と中古車はかかる維持費が違います。 維持費を考えずに車を買ってしまうと、「せっかく節約のために中古車を選んだのに、新 ...

距離をたくさん乗る場合のコスパ

通勤やお仕事で、とにかく距離をたくさん乗る方は中古車の方がコスパが良いです。

新車で長距離をやってしまうと、どんどん価値が下がり新車で購入したのにも関わらず、数年で価値がほとんど底値になってしまいます。

通勤やお仕事で距離をたくさん乗る方は、手ごろな価格(50万円ほど)の中古車を乗り換えていくスタイルが最もコスパが良いです。

新車、中古車のコスパ比較 まとめ

月々の支払い、メンテナンス、維持費から考えるとわかるように新車の方がコスパが良い場合が圧倒的に多いです。

しかし、長距離を乗る方の場合は中古車乗り継ぎがコスパが良いです。

コスパが良くても手が出ないのに無理するのはいけませんから、中古車と新車で迷っている方には新車をおすすめしますが、新車はどうしても無理そうだという方はそれで良いと思います。

乗り方によってもどちらの方がコスパが良いかは異なりますから、ご自身のライフスタイルに合わせた買い方が必要になってきます。

使用したローン試算ツール

今回のローンシミュレーションは、10年自動車ローンがあり金利も安めのイオンプロダクトファイナンスのシミュレーションサイトを使っています。

ご自身が購入を検討している車種・価格で一度シミュレーションしてみては如何でしょうか。

-自動車
-, , ,

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.