スマホ画面を見ると目が痛い時の、即効性のある対策と効果が持続する対策

パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

パソコン コラム

スマホ画面を見ると目が痛い時の、即効性のある対策と効果が持続する対策

更新日:

Man whose smartphones screen is hard to see

スマホが不可欠な現代の生活においては、スマホ画面を見ないのは不可能ですよね。

スマホ画面を見ないようにするのは不可能なので、スマホ画面を長時間見る事を前提に、目が痛い時どうすれば緩和できるか、目が痛くならないようにどう対策できるかを考える必要があります。

私はレーシック施術以前はどれだけ長時間ゲームをしても疲れ知らずでしたが、角膜を削った影響からか以前に比べ多少疲れやすく、目が痛い時もあります。

ここでは私が実践している目が痛い時の対策と、目への負担を軽減する対策を中心に紹介します。

スマホ画面を見続けると目が痛い原因は何なのか

スマホじゃなく本でも長時間見続ければ目が痛い、頭が痛いといった症状が出ます。

ただ、スマホの方がより目が痛くなりやすいのは事実で、その最も大きな要因はブルーライトです。

最近では様々なブルーライト対策の製品が発売されているので、ブルーライトという名前を聞いた事はあるんじゃないでしょうか。

ブルーライト対策の製品を使うのはもちろん有効ですが、私はブルーライト対策をしていても全然目が痛いです。

私のようにブルーライトカットフィルムを貼って、ブルーライトカット眼鏡をかけてスマホを使用しているけど、それでも目が痛いという方は多いんじゃないでしょうか。

ブルーライトだけでなく、近い距離の一定点を見続ける事での目への負担によって、目が痛い・目の奥の方が痛いといった症状が出ていると思われるので、その対策も必要になります。

ブルーライトとは一体何で、なぜブルーライトで目が痛いのか

ブルーライトは、デジタルディスプレイから発せられる光の種類の1つで、LEDからは特に多いブルーライトが発せられています。

ブルーライトはその特性から、角膜や水晶体で吸収されず、網膜まで到達してしまいます。

この網膜まで到達するブルーライトが多く発せられているLEDディスプレイを採用しているスマホを長時間使用することで、目が痛い・頭が痛いなどの症状が起きるのです。

スマホ画面で目が痛い場合の対策

スマホ、ディスプレイの長時間使用により目が痛い場合、取るべき対策は

  • ブルーライトを緩和する対策を取る
  • 眼精疲労そのものを改善する対策を取る

この2つです。

ブルーライト対策は割と皆さん行っているでしょうから、簡単な内容に留めます。

眼精疲労の改善対策について、私が行って効果があり続けているものを詳しく紹介します。

ブルーライトを緩和する対策

ブルーライトは仕事でのパソコン使用や、プライベートでのスマホ使用が必須なので避けて通れません。

ブルーライトカット効果のあるフィルムをスマホやディスプレイに貼ったり、ブルーライト軽減機能のあるモニターを使用したり、ブルーライトを軽減する眼鏡を使用するのが良いでしょう。

私は上と同じJINSのブルーライト軽減メガネを使っていますが、目の疲労度がびっくりするほど違うので、スマホを使うと目が痛いという方はこれだけでも使ってみる事をおすすめします。

眼精疲労を改善する対策

眼精疲労を改善する対策は、いくつか併用して行っています。

瞬時にガツンと効果が欲しい時
・ロート製薬のZ!pro(目薬)を使用する。
・蒸気でアイマスクを使って小休憩を入れる。

継続的に行っている対策
・お風呂で湯舟に入りながら眼球周りをマッサージする
・眼精疲労回復に効果のある栄養素を摂取する

以上を実践して、どうにか目が痛い・頭が痛いのは防げています。

効果は個人差があると思いますし、ここまでやらなくても対策できる方もいると思いますから、スマホやモニター使用による目の痛みに悩まされている方は、自分に合いそうな物を選んで実践してみてください。

瞬時にガツンと効果が欲しい時

様々な目薬を使ってみましたが、ロート製薬のZ!proが一番即効性があって、ガツンときます。

どこのドラッグストアでも見ますから、買いやすいのも良い点です。

小休憩を兼ねて、蒸気でアイマスクを使うのも即効性が高くガツンと効きます。

おすすめはメントールタイプで、すーっとする成分で目の奥の方まで届く感じです。

ちなみに、家電量販店などで売っている充電タイプのアイマスクは、蒸気でアイマスクと比べ温度が低く、密着度も低いので効果があまり感じられませんでした

目が痛い・疲れた時にはまず目薬を、どうしてもヤバい時は蒸気でアイマスクを使うようにすると、お財布へのダメージも少なく対策できるでしょう。

家ならホットタオルを乗せるのも良いと思います。

眼精疲労改善のために、継続的に行っている対策

お風呂で湯舟に入りながら、目の周りの骨に沿って指で押すようにマッサージをすると、1日の目の疲れを緩和できます。

マッサージする時は、目の上側をマッサージするようにしてください。

目の下側(涙袋)はマッサージしすぎると、クマやタルミの原因になりますから、やらない方が良いです。

お風呂でゆっくりマッサージするだけでも、かなり日々の眼精疲労の対策になりますから、目薬や蒸気でアイマスクだけではすぐ効果が薄れ、慢性的に目が痛い方はやってみてください。

また、眼精疲労回復に効果のある栄養を摂取すると、思った以上に効果がありました

最初はブルーベリーを食べるようにしていたんですが、ブルーベリーばっかり食べてられないし、飽きたのもあってサプリメントに切り替えました。

サプリメントも種類が山ほどあってよくわからなかったんですが、ドラッグストアで見てると眼精疲労効果だけのサプリメントでも結構高額で悩みました。

ネット情報を集めていたら、ドラッグストアで売っている眼精疲労効果だけのサプリメントと同価格

  • 便秘改善、腸内環境の改善
  • 太りやすい体質改善
  • 眼精疲労回復効果
  • 肌荒れ、顔のくすみを改善

これだけ効果のあるサプリメントがあったので、半信半疑で買ってみました。

3か月続けて効果がなければ全額返金保証が付いていたので、効果無しだったら返金保証使えばいいかなと気軽に手が出せたのが理由ですけど。

結果的に自分で実感できるレベルで眼精疲労回復効果がありますし、飲み始めてから2か月ぐらいで体重が5kg落ちましたし、お腹の調子も良くなったので返金せず使ってます。

ゼリーで美味しかったですし。

もちろんブルーベリーなどの食べ物で眼精疲労回復効果のある栄養素を摂取してもいいでしょうし、私のようにサプリメントで摂取しても良いので、眼精疲労回復に効果のある栄養素を摂取してみると結構目が痛いのも改善されるのでおすすめです。

私が使用しているのは『善玉元気』というサプリメントで、眼精疲労と同時に肌や腸内環境も改善したい方は是非試してみてください。

善玉元気を90日返金保証付きでお得に試す

 

スマホ画面を見過ぎて目が痛い場合の対策 まとめ

現代社会では、スマホやモニターを見ないで生活するなんて絶対無理です。

ですから、スマホやモニターを見まくる生活をする前提で、どう対策するかを考えた結果が、この記事の内容です。

ブルーライト対策は行っている人は多いと思いますが、お風呂でのマッサージと眼精疲労回復効果のある栄養素の摂取は行っていない人が多いです。

今はまだ眼精疲労に耐えられても、今後もスマホやモニターを見続ける生活をするに決まっているんですから、外からだけでなく内側からも対策していく事がとても大切です。

-パソコン, コラム
-

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.