ゲーミングPCを価格・予算で選ぶ

ゲーミングPCを価格・予算で選ぶ

ゲーミングPCを価格・予算で選ぶポイントを詳しく解説しています。

  • 価格別のおすすめゲーミングPC
  • 価格別のゲーミングPCのスペックと特徴
  • 価格別のゲーミングPCのパーツ構成特徴

これらを比較表にしてまとめています。

ゲーミングPC購入時の予算決め、やりたいことができるかの確認に役立てて頂ければ幸いです。

 

ゲーミングPCを価格で選ぶ

ゲーミングPCの価格別おすすめモデルを掲載しています。

すべて税込・送料込の予算です。

 ゲーミングPCの価格とスペック

価格 スペック
10万円以下 ・ロースペック
・カジュアル、初心者には十分
・遊べないゲームはない
・MODは厳しい
15万円以下 ・ロースペック
・10万円とあまり変わらない
・MODは厳しい
20万円以下 ・ミドルスペック
・コスパが一番良い価格
・PCゲームが高解像度で快適
・少量のMODならOK
30万円以下 ・ハイエンド
・eスポーツ推奨
・動画撮影、配信に使える
・複数MODが使える
40万円以下 ・ハイエンド+水冷静音
・スペックは30万円と変わらない
・静かで部屋が暑くならない
・複数MODが使える
50万円以下 ・最高クラスのハイエンド
・ハイエンドで一番おすすめ
・最上位グラボ搭載+水冷化
・SLI(GPU2枚)も選択可
・MODプレイも快適
100万円最強 ・化け物クラス
・コスパは良くない
・Ryzen Threadripper 3990X搭載
・SLI(GPU2枚)も選択可
・趣味の領域
・なんでもサクサク

ゲーミングPCの価格それぞれの特徴は以上の通りです。

それぞれの価格のゲーミングPCの特徴について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

10万円以下のゲーミングPC

10万円以下ではロースペックのゲーミングPCが購入できます。

ロースペックとはいえ使い物にならないといった事はなく、全てのPCゲームがプレイできます。

一部ハイグラフィックのゲームでは設定を落とす必要がありますが、プレイ自体は問題ありません。

FF14をはじめとしたMMORPGや、PUBGやフォートナイト・APEXなど人気のFPSゲームもプレイ可能です。

ただしCPU・グラフィックボードの性能差により撃ち負ける、索敵速度で負けることはあり得ます。

カジュアルにPCゲームをプレイしたい、初めてゲーミングPCを買う方におすすめの予算です。

関連記事:10万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

 

15万円以下のゲーミングPC

15万円はロースペックのゲーミングPCが購入できます。

10万円のゲーミングPCと比べ性能は高いものの、コスパを考えると中途半端になりがちな予算です。

できることは10万円のゲーミングPCと大きく変わらないため、10万円のゲーミングPCか、予算を追加して20万円のゲーミングPCを買った方が良いと思います。

関連記事:15万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

 

20万円以下のゲーミングPC

20万円のゲーミングPCは一番コスパが良くおすすめです。

ミドルスペックのゲーミングPCが購入できるため、すべてのPCゲームが高解像度でプレイできます。

オンラインゲームも快適で、CPU・グラフィックボードもバランスが良いので、FPSでもしっかり勝てるスペックを備えています。

MODも種類によって適用できますが、あまり高負荷なMODは厳しいかもしれません。

関連記事:20万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

 

30万円以下のゲーミングPC

30万円のゲーミングPCは、ハイエンドモデルが購入できます。

eスポーツ大会で採用されるPCに近いスペックを備えており、eスポーツゲーマーにおすすめの予算です。

ゲーム動画の撮影や編集、配信にも耐えられるスペックなので、Youtubeなど動画配信者になりたい方にも適しています。

MODも複数同時に適用することができます。

排熱性能にかけるコストは不足しているため、動作音が気になる・部屋が暑くなるといった問題が生じる可能性はあります。

関連記事:30万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

 

40万円以下のゲーミングPC

40万円のゲーミングPCは、水冷化による排熱性能の強化が行えるハイエンドゲーミングPCにおすすめな予算です。

高スペックのCPUやグラフィックボードは発熱量が大きいため、通常ファンではファン音がうるさい・部屋が暑くなる問題が生じます。

PCスペック自体は30万円とほとんど変わりませんが、排熱性能にコストをかけられるため、静かで快適なゲーミングPCが購入できます。

関連記事:40万円以下で買えるおすすめゲーミングPC

 

50万円以下のゲーミングPC

50万円のゲーミングPCは、最高クラスのCPUと最上位のグラフィックボードを搭載し、かつ水冷化により静音性の高いゲーミングPCが購入できます。

PC性能は超ハイエンドなので、MODをたくさん使ったゲームプレイをしたい方におすすめです。

関連記事:予算50万円のおすすめゲーミングPC

 

100万円の最強ゲーミングPC

超高級CPUを搭載したゲーミングPCを購入できます。

ただし個人がゲームをする程度ではオーバースペックとなるため、趣味の領域と考えてください。

高いCPU性能が必要なクリエイター作業を行う方に特におすすめです。

関連記事:予算100万円の高級ゲーミングPC【最強フラッグシップBTO】

 

ゲーミングPCの価格とパーツ構成の目安

価格 パーツ構成の目安
10万円以下 CPU
Core i5-9400
Ryzen 5 3500
GPU
GTX 1660 SUPER
Radeon RX 5500 XT
メモリ
8~16GB
15万円以下 CPU
Core i7-9700
Ryzen 5 3500
Core i5-10300H
GPU
GeForce RTX 2060 SUPER
GeForce RTX 2070 SUPER
GeForce GTX 1650 Ti
メモリ
8~16GB
20万円以下 CPU
Core i7-10700
Ryzen 7 3700X
Core i7-9750H
GPU
GeForce RTX 2070 SUPER
GeForce GTX 1660 Ti
メモリ
16GB
30万円以下 CPU
Core i7-10700K
Ryzen 9 3900X
Core i9-9900K
Core i7-9750H
GPU
GeForce RTX 2080 Ti
GeForce RTX 2080 SUPER
GeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリ
16GB
40万円以下 CPU
Core i9-10900K
Ryzen 9 3900X
GPU
GeForce RTX2080 SUPER
メモリ
32GB
50万円以下 CPU
Core i9-10900K
Ryzen 9 3950X
GPU
GeForce RTX2080Ti
メモリ
32GB
100万円最強 CPU
Ryzen Threadripper 3990X
GPU
GeForce RTX2080Ti
GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ
64GB

ゲーミングPCの価格別パーツ構成目安は以上の通りです。

ゲーミングPCのパーツの重要性は

①グラフィックボード
②CPU
③メモリ
④SSD

以上の順番でゲームへの影響が大きため、この順番でコストをかけるパーツを重視するとコスパの良いゲーミングPCが買いやすくなります。

 

ゲーミングPCを価格・予算で選ぶまとめ

ゲーミングPCの価格・予算について詳しく解説しました。

ゲーミングPCは高額なので、予算と何をしたいかを照らし合わせて選ぶと、あなたにぴったりの1台が買えるはずです。

コスパ重視なら20万円、静かなハイエンドなら40万円が最もおすすめな予算となっています。

© 2020 naolog