DMMが運営する日本語版TESO『エルダースクロールズオンライン』は、英語版から移行する価値があるか

パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

PCゲーム

DMMが運営する日本語版TESO『エルダースクロールズオンライン』は、英語版から移行する価値があるか

更新日:

The elder scrolls online japanese ver logo

日本国内からsteamにより海外版のプレイは可能ですが、DMMから日本語版TESO『エルダースクロールズオンライン』が発売されました。

問題は、乗り換える価値があるかという事。

英語版を途中まで進めているし、日本語版は制限とかがあったら嫌だし。

英語版と日本語版の違いを調べてみました。



TESO日本語版と英語版の違ったら困るポイント

ゲームの日本語翻訳の完成度はどうか

The elder scrolls online character

steamでよくある日本語取り扱いは、単純に機械翻訳しただけというもの。

これだとゲーム進行中に意味不明な表現があったり、雰囲気をぶち壊すのでできるだけ避けたい。

しかしDMM運営の日本語版TESOは日本スタッフがしっかり翻訳しているようで、意味不明な翻訳はないみたい。

バージョンアップのタイミングが遅くはないか

海外版がリリースされてから翻訳作業を行い、数か月遅れてバージョンアップされるゲームは存在する。

しかし調べてみると、DMMの日本語版TESOは発売段階で海外版の最新バージョンと同じものになっており、その後のアップデートも同タイミングで行われているので、心配しなくてもよさそうです。

DMMが運営という点については?


DMMは日本国内で勢いのある企業の1つであり、オンラインゲームにもどんどん力を入れている段階なので、むしろ歓迎すべき点かもしれません。

DMMが運営することにより日本国内のサーバーでプレイ可能になれば、日本国内から海外サーバーに接続するより圧倒的にラグが少なく、プレイしやすい。

そして日本語版なので、プレイヤーも日本人が多いでしょうから、英語が扱えなくても遊べます。

まとめ

TESOを日本で快適にプレイするなら、DMM以外の選択肢はないでしょう。

不安要素に挙がるアップデートや日本語翻訳の問題もありませんし、ゲームとしては間違いのない1本です。

-PCゲーム
-, ,

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.