ゲーミングノートPCのおすすめランキングと選び方【2022年1月】

2019年3月16日

ゲーミングノートPCのおすすめ

コスパを重視したおすすめゲーミングノートPCを紹介しています。

国内外のゲーミングPCメーカーすべてのモデルを比較し、「コスパ・性能・メーカーの信頼度」から総合判断したものです。

初心者にもおすすめなミドルスペックを中心に掲載しているので、PCゲームはジャンルを問わず全般的に快適にプレイが可能です。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2022年1月】

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載

GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載【ドスパラ】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 144Hz
重さ:約2.0kg
価格(税込):¥159,980円
分割払い(税込):¥3,400円(48回)

Legion 560i 82JH00ALJP

Legion 560i (82JH00ALJP)【Lenovo】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 165Hz
重さ:約2.4kg
価格(税込):¥164,199円
分割払い(税込):¥3,400円(48回)

PULSE-GL66-11UEK-068JP

PULSE-GL66-11UEK-068JP【MSI】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 144Hz
重さ:約2.2kg
価格(税込):¥188,800円

GALLERIA UL7C-R37

GALLERIA UL7C-R37【ドスパラ】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 240Hz
重さ:約1.96kg
価格(税込):¥219,980円
分割払い(税込):¥4,600円(48回)

G-Tune E5-165 [ Windows 11 ]

E5-165 [ Windows 11 ]【G-Tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 165Hz
重さ:約1.73kg
価格(税込):¥219,780円
分割払い(税込):¥6,100円(36回)

G-Tune H5 (プレミアムモデル) [ Windows 11 ]

H5 (プレミアムモデル) [ Windows 11 ]【G-Tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 240Hz
重さ:約2.23kg
価格(税込):¥274,780円
分割払い(税込):¥7,600円(36回)

Lenovo Legion 760 82N6006RJP

Legion 760 (82N6006RJP) 【Lenovo】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 7 5800H
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD
ディスプレイ:16インチ 165Hz
重さ:約2.5kg
価格(税込):¥260,064円
分割払い(税込):¥5,400円(48回)

ROG Strix SCAR 17 G733QS

ROG Strix SCAR 17 G733QS【ASUS】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 9 5900HX
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 2TB NVMe SSD
ディスプレイ:17.3インチ 300Hz
重さ:約2.75kg
価格(税込):¥289,800円

ASUS TUF Gaming F15 FX506HE

TUF Gaming F15 FX506HE【ASUS】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3050 Ti
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 144Hz
重さ:約2.3kg
価格(税込):¥149,800円

GP66-11UH-821JP

GP66-11UH-821JP【MSI】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11800H
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 144Hz
重さ:約2.38kg
価格(税込):¥317,760円

■表示価格について
調査時の価格を表示していますが、ゲーミングPCは価格変動が頻繁であるため価格が変わっている可能性があります。
必ず公式サイトにてご確認ください。

ゲーミングノートPCの選び方

ゲーミングPCの選び方

ゲーミングノートPCは「グラフィックボード・CPU・メモリ・ストレージ」の4つから性能が確定されます。

これらの性能に応じて冷却機構・電源ユニット・PCケースなど他のパーツが自動的に決まってくるので、まずは上の4パーツを主軸に選びましょう。

4パーツの中でも優先順位があり、それぞれの優先順位は「①グラフィックボード・②CPU・③メモリ・④ストレージ」となります。

おすすめスペックの目安
パーツ名おすすめスペック
グラフィックGTX1650 ~ GTX1660Ti
低価格でカジュアルゲーマーにおすすめ
RTX3060 ~ RTX3070Ti
最もコスパが良く快適なゲームプレイが可能
RTX3080以上
4K高解像度でのゲームプレイにおすすめ
CPUCore i5 / Ryzen 5
GTX1650 ~ GTX1660Tiに最適
Core i7 / Ryzen 7
RTX3060 ~ RTX3070Tiに最適
Core i9 / Ryzen 9
RTX3080以上に最適
メモリ16GB~64GB
プレイするゲームにより異なる
ストレージNVMe SSD 500GB以上

グラフィックボード

グラフィックボードはゲームのグラフィック処理を行うもので、ゲーミングPCの最重要パーツです。

グラフィックボードの性能が低ければ「ゲームが動作しない」「ゲーム動作がカクカクする」などの原因になります。

グラフィックボードの性能がゲーミングノートPCの性能に直結するので、ゲーミングノートPC選びはグラフィックボードを中心に行います。

現行モデルではGTX16シリーズやRTX30シリーズが採用されています。

GTX16シリーズは低価格モデルに、RTX30シリーズはミドルスペック以上に搭載されており、コスパや長期的な使用を理由にRTX30シリーズがおすすめです。

ゲーミングノートPCにはデスクトップと同一型式のグラフィックボードが搭載されることが多いですが、ノートPC用に最適化・小型化されたグラフィックボードのため、性能はやや低くなっています。

CPU

CPUは通常使用やゲームでの動作処理すべてを行うパーツです。

CPUはグラフィックボードを選ぶことである程度自動的に決まってきますが、初心者の方には上の表にも記載した「Intel Core i5/i7やRyzen 5/7の最新モデル」がおすすめです。

ゲーミングノートPCにおいては、グラフィックボードのボトルネック(性能発揮を妨げること)にならない性能があれば十分と言われています。

ただしCPUは後から交換することがやや難しいので、迷ったら良いものを搭載しておくのがおすすめです

特にゲーム実況動画の撮影や配信ではCPUが大きな役割を担うため、「Intel Core i7/i9やRyzen 7/9」がおすすめです。

メモリ

ゲーミングノートPCのメモリ容量は16GBが主流でおすすめです。

ゲーム実況動画配信など、ハイスペックのゲーミングノートPCでは32GBがおすすめです。

メモリ容量が多ければ一度にたくさんの処理を行うことができるので、パソコンの動作がサクサク快適になります。

メモリ容量が少なければ処理するデータ量が詰まるので、フリーズやカクカク動作の原因になります。

メモリ容量はBTOパソコンショップでの購入時カスタマイズでかんたんに増やすことができます。

またスロットに差し込むだけなので、後から増設することも可能です。

ストレージ(SSD/HDD)

ストレージはデータを保存する領域のことで、Windowsやゲームソフトもストレージにインストールします。

ストレージの種類は「NVMe SSD」「SATA SSD」「SATA HDD」の3種類があり、「NVMe SSD>SATA SSD>SATA HDD」の順に書き込み・読み込み速度が早くなります。

最もおすすめは「NVMe SSD」ですが、上の表で紹介したようなエントリークラスのゲーミングノートPCでは「SATA SSD」でも問題はありません。

PCの起動速度やゲームのロード時間にも大きく影響するので、メインストレージにHDDは避けましょう。

ゲーミングノートPCのおすすめメーカー

G-tune【マウスコンピューター】

ポイント

・CMで有名なBTOメーカー
・有名ゲーマー使用モデルが豊富
・大会での使用実績が多い
・36回まで分割手数料が無料

カジュアルモデルから高性能モデルまで、幅広いラインナップを揃える国内トップクラスのメーカーです。
CM展開も大きいので知名度が高く、eスポーツにも参入しています。
初期構成がしっかりしているのでカスタマイズを必要とせず、初心者にも購入しやすいです。
コスパも良く、エントリークラス(低スペック)は10万円台のモデルも取り揃えています。
納期は1週間程度かかるものの、サポート対応にも定評があります。

 

GALLERIA【ドスパラ】

ドスパラ

ポイント

・国内No.1のBTOメーカー
・お得なセールが頻繁に開催
・48回まで分割手数料が無料
・最短即日出荷のスピード納期
・24時間年中無休サポート

エントリークラス(低スペック)からハイエンドまで、幅広いラインナップを揃える国内No.1のBTOメーカー。
初心者からコアゲーマーまで広い層におすすめで、価格の安さもトップクラス。
納期が早く最短翌日に届くモデルも存在するほか、購入者は24時間年中無休のサポートが受けられます。
48回までの分割払い手数料が無料で、購入負担が軽いことも特徴です。

 

MSI

ポイント

・ラインナップが豊富でコスパも悪くない
・購入できるお店が多い
・キャンペーンはどこで購入しても対象になる

台湾に拠点を置く世界トップクラスのBTOパソコンメーカーです。
ゲーミングノートPCやパーツを中心に展開し、超薄型モデルから大型ハイエンドまでラインナップが充実しています。
最新グラボや高リフレッシュレートモニター搭載モデルがゲーマーに人気です。
公式ストア限定モデルもありますが、納期の早いAmazonや国内BTOメーカーショップでの購入がおすすめです。

 

ASUS

ポイント

・世界トップクラスのメーカー
・ノートパソコンのラインナップが充実
・デスクトップゲーミングPCは少ない
・価格は安いが高品質
・サポート対応に当たりハズレがある

ASUSは台湾に拠点を置く世界有数のメーカーです。
ラインナップは豊富ですが、既製品のみを販売しカスタマイズは非対応です。
公式ストアのみならず、国内BTOメーカーショップでも購入することができます。
セールやキャンペーンは販売するBTOメーカーに準ずる形で対象となります。
サポート対応に賛否あり、対応の遅さに不満が出ることがあるようです。

 

Lenovo

ポイント

・バックドア・スパイウェアの噂がある
・価格が安くて人気
・サポート対応が悪い
・モデルによって納期が大きく変わる

Lenovoは安さが売りの中国のBTOパソコンメーカーです。
価格は国内メーカーと同等またはそれ以上に安いですが、やはり中国製ということもあり質は高くありません。
カスタマイズは一切できず、初期不良の確率が高いようです。
サポート対応の日本語が怪しく、対応の質も良くないので「価格だけ」と言われる傾向があります。
とにかく価格を重視したい方は選んでも良いでしょう。

 

ゲーミングノートPCとデスクトップの違い

ゲーミングノートPCとデスクトップゲーミングPCの違いは、「サイズ・液晶モニター・性能・価格」の4点です。

ゲーミングノートPCは持ち運ぶことを前提として設計されているので、パーツを小型軽量化して詰め込んでいます。

サイズは小さく場所をとりませんが、小型軽量化によりデスクトップよりゲーミング性能は低くなっています。

ゲーミングノートPCの価格は同一スペックのデスクトップゲーミングPCに比べやや高額です。

ただしミドルスペック以下のゲーミングノートPCでは「ゲーミングノートPCの価格=デスクトップ+モニターの価格」程度に収まっているので、それほど気にしなくても良いでしょう。

ハイエンドゲーミングノートPCはかなり高額です。

ゲーミングノートPCとデスクトップゲーミングPCの最も大きな違いは「サイズ」なので、設置スペースや持ち運びの必要性で決めてしまって問題ありません。

ゲーミングノートPCはおすすめしない?やめとけと言われる理由

ゲーミングノートPCは持ち運ぶことを前提として設計されているので、パーツを小型軽量化して詰め込んでいます。

サイズは小さく場所をとりませんが、小型軽量化によりデスクトップよりゲーミング性能は低くなっています。

ゲーミングノートPCの価格は同一スペックのデスクトップゲーミングPCに比べやや高額です。

デスクトップに比べ価格が高く、性能が低いため「おすすめしない」「やめとけ」と言われています。

しかしミドルスペック以下のゲーミングノートPCは、モニターを含めたデスクトップゲーミングPCとの価格差がほとんど無くなっています。

またゲーミングノートPCとデスクトップゲーミングPCの最も大きな違いは「サイズ」なので、設置スペースや持ち運びの必要性でゲーミングノートPCを選んでも問題はありません。

ゲーミングノートPCのメリット・デメリット

メリット

・場所を取らない
・持ち運びができる
・消費電力が少ない

デメリット

・価格が高い
・カスタマイズができない
・内部熱の処理性能が低い

ゲーミングノートPCの最も大きなメリットは「場所をとらず持ち運べること」です。

自宅で使用する場合はデスクトップのように液晶モニターに出力して大画面で使用することも可能です。

またゲーミングノートPCはデスクトップのような大容量電源ユニットを搭載していないため、デスクトップより電気代も安く済みます。

逆にこれにより電源容量が足りず、性能はデスクトップに劣ります。

パーツの小型化や液晶モニターの搭載により価格が高く、デスクトップの1.3~1.5倍程度しますが、ミドルスペック以下では価格差がほとんどなくなってきています。

ゲーミングノートPCは小さなボディいっぱいにパーツが詰まっており、各パーツに専用のカスタムが施されているため、パーツ交換に対応していません。

メモリやストレージぐらいなら交換可能です。

ケース内部にスペースのゆとりがなく内部熱が溜まりやすですから、排熱口を塞がないことや冷却台を使い排熱に気を付ける必要があります。

-ゲーミングPCおすすめ比較