ゲーミングノートPC|軽量薄型なのに高性能でコスパも良いおすすめ

Thin notebook gaming PC

『出張先、移動先で使いたいからとにかく薄型のノートゲーミングPCが欲しい!』

こんな希望に答えるべく、超薄型モデルに絞ってノートゲーミングPCのおすすめモデルを紹介します。

ノートゲーミングPCの中には、小型デスクトップと変わらないぐらいの大きなモデルも存在し、超ハイスペックモデルとなるとどうしても大きめになってしまいます。

この記事では、薄型ノートゲーミングPCの中でも

  • 汎用性の高いミドルスペックモデル
  • コスパ重視のロースペックモデル
  • 薄さ16.8mmの超絶薄型モデル

この3モデルを紹介し、それぞれ「なぜおすすめか・何ができるか・何ができないか」の3つのポイントで解説していきます。

ここで紹介する薄型ノートゲーミングPCはすべて薄さ27mm以下の薄型モデルのみです。

それ以外のおすすめノートゲーミングPCは以下の記事で紹介しています。

Recommended gaming notebook PC
ゲーミングノートPCのおすすめ3選!人気のコスパ最強モデルを厳選

続きを見る

汎用性重視 | ミドルクラス薄型ノートゲーミングPC

ガレリア GCR2070RGF-QC-G(ドスパラ)

・Windows 10 Home 64bit

・Core i7-9750H

・GeForce RTX 2070 MAX-Q 8GB

・16GB DDR4 SO-DIMM

・1TB NVMe SSD / HDD 無し

¥186,280円(+税)

48回分割手数料無料キャンペーン適用時⇒月々税込¥4,300円


サイズ:356.4(幅) x233.66(奥行き) x20.5(高さ)mm 画面15.6インチ

ガレリア GCR2070RGF-QCがなぜおすすめか

ミドルスペックモデルのガレリア GCR2070RGF-QCの最もおすすめなポイントは、性能がハイスペック並に高いのに価格が安い事です。

スペックは上記を見ておわかり頂ける通り最新の構成で、SSDに加えHDDも十分な容量が搭載されています。

これだけ揃えてこの価格ですから、他機種の平均価格が25万円程度と考えるととても安い。

ガレリア GCR2070RGF-QCを分割金利無料キャンペーンで購入した場合、月々¥4,300円で買えてしまいます。

ガレリア GCR2070RGF-QCは何ができるゲーミングPCか

ガレリア GCR2070RGF-QCはミドルスペックとはいえ、RTX2070 MAX-Qを採用しており、「何でもできるゲーミングPC」と言ってまず間違いはないでしょう。

・FF14
・ドラクエ10
・PUBG
・フォートナイト
・APEX
・マインクラフト

これらの大人気ゲームはもちろん快適サクサクにプレイできますし、対戦ゲームでも遅れをとることはありません。

VRも対応可能ですから、外出先は普通のゲーム、自宅ではVRゲームという使い方もできます。

『Cities:Skyline・スカイリム・フォールアウト』のような、MODを導入して楽しむゲームもプレイ可能ですが、導入するMODによってはメモリが不足するかもしれません。

ガレリア GCR2070RGF-QCは何ができないゲーミングPCか

RTX2070 MAX-Qを搭載していますし、基本的にできない事はないと考えて良いでしょう。

コスパ重視 | ロークラス薄型ノートゲーミングPC

ガレリア GCR1660TGF-QC-G(ドスパラ)

・Windows 10 Home 64bit

・Core i7-9750H

・GeForce GTX 1660 Ti 6GB

・16GB DDR4 SO-DIMM

・512GB NVMe SSD / HDD 無し

¥145,380円(+税)

48回分割手数料無料キャンペーン適用時⇒月々税込¥3,400円(最大42回)


サイズ:356.4(幅) x233.66(奥行き) x20.5(高さ)mm 画面15.6インチ

ガレリア GCR1660TGF-QCがなぜおすすめか

ガレリア GCR1660TGF-Eのおすすめポイントは、何といっても価格の安さです。

ロークラスですが決して性能が低いわけではありませんし、しっかりSSDが搭載されています。

FF14やドラクエなどオンラインゲームをプレイするには十分すぎるスペックを備えていますから、出張先や移動先でも欠かさずプレイするにはうってつけのモデルです。

ガレリア GCR1660TGF-QCは何ができるゲーミングPCか

・FF14
・ドラクエ10
・PUBG
・フォートナイト
・APEX
・マインクラフト

これらの大人気ゲームは快適にプレイが可能です。

マインクラフトはMODを導入してのプレイも可能でしょう。

対戦ゲームなど絶対にスペック差で負けたくない場合は、注文時にメモリを16GBにカスタムするとより確実になるはずです。

ガレリア GCR1660TGF-QCは何ができないゲーミングPCか

・Cities:Skyline
・スカイリム
・フォールアウト

これらのようなMODをたくさん導入してプレイするゲームは少し厳しいでしょう。

MODを導入せずプレイするのは可能ですし、少量のMODなら問題ありません。

高負荷のMODをいくつも導入してのプレイが難しいだけです。

薄さ16.8mm | 超薄型ノートゲーミングPC

Razer Blade 15

・Windows 10 Home

・Core i7-9750H

・GeForce RTX 2070 with Max-Q Design (8GB GDDR6 / Optimus Technology)

・16GB (DDR4-2667MHz)

・SSD:512GB (NVMe PCIe 3.0x4)

¥315,800円(+税)

48回分割手数料無料キャンペーン適用時⇒月々7,200円(税込)


サイズ:355 (幅) x235(奥行き) x19.75 (高さ)mm 画面15.6インチ

Razer Blade 15がなぜおすすめか

Razer Blade 15の最もおすすめなポイントは、やはりその圧倒的な薄さです。

19.75mmと本1冊を持ち歩く程度の超薄型なのに、性能トップクラスです。

Razer Bladeシリーズには17インチモデルや他種類グラボ搭載モデルも存在しますので、予算に合わせてスペックを変えられます。

しかしRazerのゲーミングノートPCは国産品に比べ価格が高めになっているので、よほどこだわりのある方にのみおすすめです。

⇒Razer Blade の他モデルはこちら

ゲーミングデバイスで有名なRazerのモデルでして、ロゴが光ったり格好良いところもおすすめなポイントですね。

Razer Blade 15は何ができるゲーミングPCか

RTX 2070 Max-Qを採用しており、「何でもできるゲーミングPC」と言ってまず間違いはないでしょう。

・FF14
・ドラクエ10
・PUBG
・フォートナイト
・APEX
・マインクラフト

これらの大人気ゲームはもちろん快適サクサクにプレイできますし、対戦ゲームでも遅れをとることはありません。

Core i7-9750HのCPUに16GBのメモリと『Cities:Skyline・スカイリム・フォールアウト』のような、MODを導入して楽しむゲームもプレイ可能です。

VRも当然対応可能ですから、外出先は普通のゲーム、自宅ではVRゲームという使い方もできます。

VRゴーグルの比較一覧表|比較するとおすすめモデルがはっきりわかります

続きを見る

Razer Blade 15 は何ができないゲーミングPCか

基本的にできない事はないでしょう。

自分が薄型ノートゲーミングPCを買うならこのモデル

私自身が薄型ノートゲーミングPCを購入するとしたら「ガレリア GCR2070RGF-QC-G」です。

私はMODを導入してCities:Skylineを遊ぶので、「ガレリア GCR2070RGF-QC-G」か「Razer Blade 15」の2択になるのですが、この2モデルは価格差が10万円以上あります。

性能を比較するとRazer Blade 15の方が0.8mm薄いぐらいで、重さはガレリア GCR2070RGF-QCの方が軽く、スペックは変わりません。

この価格差を考えると、ガレリア GCR2070RGF-QCが一番コスパが良いし、おすすめモデルだと思います。

ドスパラで開催中のキャンペーン!

  • New GALLERIA発売開始記念3大キャンペーン(~7/30)
  • 合計1050名に豪華賞品が当たる
  • 抽選で100名にAmazonギフト1000円プレゼント
  • 購入者アンケート回答でAmazonギフト1000円プレゼント
  • 最大48回まで分割手数料無料【クレジットカード不要】

キャンペーン以外のお得情報

  • ドスパラポイントを使ってSteamでゲームが買える

-ゲーミングPC【ノート】
-

© 2020 naolog