パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

自動車

ドライブレコーダーはどれが良いの?プロが教えるドラレコの選び方と抑えるべきポイント

投稿日:

ドライブレコーダーは昨今の煽り運転の影響もあって、今やナビと並ぶ必需品です。

これからドライブレコーダーを取り付けようという方もいるでしょう。

しかし、Amazonや楽天で「ドライブレコーダー」と検索すると、膨大な数がヒットし結局のところどれが良いのかサッパリわからない、選ぶのが面倒、そもそも選び方がわからないという方も多くおられると思います。

そこで、現在の流行や機能、メリットなどからプロが選定して実際にユーザーにおすすめしているドライブレコーダーを、選ぶ際のポイントと合わせて紹介します。

ドライブレコーダー付けたいけど、どれが良いのかわからない!という方は、そのまま同じ製品を買って頂ければまず間違いないはずです。

さて、ドライブレコーダーを選ぶ最初のステップとして

⇒とにかく価格が安く、最低限必須の機能を搭載した取付工事不要のモデルが欲しい方

⇒価格はそれなりにかかって良いので、しっかり充実した機能を備え、コンパクトでキレイな仕上がりになるモデルが欲しい方

この2パターンに分かれるはずです。

それぞれ当ページ内の該当部分へ飛べますので、私はこっちだな!と思う方をクリックしてください。

ドライブレコーダーはどれが良いの?かならず抑えるべきポイントをチェック

上でお話したようにドライブレコーダーは中国製品をはじめ大量に海外品が輸入されているので、滅茶苦茶種類があります。

どれが良いのかわからないし、安いからこれにしようと考えずに決めてしまうと機能の少ない本当に何の意味もないドライブレコーダーを選んでしまう事になります

ドライブレコーダーを選ぶポイント

・衝撃感知録画機能が付いている事
・LED型信号機に対応している事
・録画データの自動上書きをしてくれる事

この3つのポイントを必ず抑えるようにしてください。

この記事では、このポイントをすべて抑え、その上で一番良いドライブレコーダーを紹介しています。

実際にお客さんに取り付け、おすすめして評判の良いものしか紹介していませんので、どれが良いのかわからない方はそのまま同じものを購入する事をおすすめします。

衝撃感知録画機能とは?

事故や当て逃げなど、車に衝撃が加わった際に、その衝撃を感知してその前後数分間を自動で録画し、録画データをロックしてくれる機能です。

これがないと、事故や当て逃げに遭った場合でも自分で録画ボタンを押さなければならず、事故のショックで動転していたり、そもそも押せない状況になってしまったり、すっかり忘れてしまったりとボタンが押せなければドライブレコーダーを付けた意味がなくなります。

必ず衝撃感知自動録画が付いたドライブレコーダーを選ぶようにしましょう。

LED信号機って何?

お気付きの方もいると思いますが、最近街中の信号機はどんどんLEDのものに変わっていっています。

LEDの光は特殊なので、LEDに対応していないドライブレコーダー(普通のビデオカメラでも)で録画しても、信号機が真っ黒になって青なのか赤なのかわかりません

これでは事故やトラブルの時に信号機が何色だったのかわからず、せっかくのドライブレコーダーも証拠にならないので意味がないです。

録画データの自動上書きとは?

ドライブレコーダーはメモリーカードを挿入し、メモリーカードに録画データを保存する仕組みになっています。

ですが、録画データ自動上書き機能がないと、メモリーカードの容量がいっぱいになった時に自分で気づいてデータを消す必要が出てきます。

自動上書き機能が付いていれば、衝撃感知録画でロックした録画データを保持したまま不要な録画データに上書きしながら保存していってくれるので、安心です。

事故っちゃった!けどメモリーカードがいつのまにかいっぱいになってて録画できてない!なんて事は避けたいですしね。

値段が安くて、必須機能をしっかり搭載した取付工賃不要のドライブレコーダー


衝撃感知自動録画、LED信号機対応、自動上書き機能の3つの必須機能をすべて備えたフロントガラスに取り付けるタイプのドライブレコーダー。

画像では大きく見えますが、フロントガラス中央上に取り付けるので視覚の邪魔にはなりません。

シガーソケット電源タイプなので、工賃を支払ってプロに取り付け依頼をする必要がなく、ご自身で簡単に取り付ける事ができます。

¥4,000円の本体価格のみで他は一切かからないので、安いドライブレコーダーを探しているけどどれが良いのかわからないという方におすすめです。

⇒詳しい製品情報と、購入はこちらから

しっかり充実した機能を備え、コンパクトでキレイな仕上がりになるドライブレコーダー


衝撃感知自動録画、LED信号機対応、自動上書き機能の3つの必須機能をすべて備えたセパレートタイプのドライブレコーダーです。

カメラをフロントガラス上部に取り付け、配線で繋げたモニター&操作パネルを手元付近に設置できるので、見やすく操作しやすいです。

また、カメラが小型なので運転振動による揺れを衝撃と誤感知しにくいので、正確な記録が可能です。

更に電源はバッテリーに直結しますので、エンジン始動時以外でも衝撃を感知し録画してくれますから、お出掛け先の駐車場での当て逃げや、ご家庭の駐車場でのトラブルもしっかり録画してくれます。

駐車監視モードの消費電力は300mA以下と超少量なので、これによるバッテリー上がりを心配する必要はないでしょう。

運転時、駐車時にしっかりと監視、録画したい方は同等機能の中でも最も安いこちらのドライブレコーダーがおすすめです。

画像右側のステーが付属しておりませんので、ダッシュボード側面にマジックテープ取付する場合は不要ですが、ダッシュボード上にモニターのように設置する場合は別途購入が必要です。

バッテリーと接続する必要がありシガーソケット接続はできませんので、プロへの取り付け依頼が必要です。

取付はオートバックスや町工場で行ってくれますが、できれば町工場への依頼が工賃が安くおすすめです。

オートバックスで取り付ける場合、店頭販売価格はネットに比べ高いですし、この機種は1つ前の機種なので店頭に置いていない可能性が高いです。

オートバックス、町工場どちらの場合でも製品をネットで購入して持ち込めば取り付けてもらえるので、ネットで購入するようにしましょう。

⇒詳しい製品情報と、購入はこちら

最寄の町工場を探す方法は以下の記事で紹介しておりますので、ご参考ください。

ドライブレコーダーはどれが良いの? まとめ

ドライブレコーダーはどれが良いのかわからない場合は「衝撃感知録画、LED信号機対応、自動上書き」の3つの機能が揃っているものを選んでください。

どれか1つでも欠けていると、ドライブレコーダーを付けているのに無意味になる場合があります。

その上で安さを目的とするか、更なる高機能を目的とするかはお好みで選びましょう。

⇒¥4,000円で必須機能が揃って取付工事のいらないドライブレコーダー

⇒駐車時の監視もしてくれる徹底監視タイプのドライブレコーダー

-自動車
-

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.