パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

おもしろ雑貨

Google Homeで家をIOT化するとできること

更新日:

 

What can you do with google home

オッケーグーグル!

最近しきりにCMをやっていますが、あれは結局何なの?という方は多いはず。

あのCMはGoogle HomeというIot機器のコマーシャルです。

Iotって何なの?

そう思われる方も多いはずです。

これはIotが日本ではまだまだ普及していない未来の技術ですから、当然です。

最新技術が好きな人以外にはまだまだ認知度が低い製品ですが、今後あって当たり前になるであろう技術ですから、今のうちに知っておきましょう。

では現段階ではGoogle Homeを使うと何ができるのか、できることを調査してみました。



Iotって何?

Iotは、家そのものをネットワークで制御・操作するシステムの事です。

そのネットワークの中で、自分の家の中を管理してくれる人工知能の1つがGoogle homeというわけです。

Google以外にもAmazonも同じIot機器を開発していますが、それはまた別の機会に紹介しようと思います。

家をネットワークで制御って怖くない?ハッキングされて侵入されたり、プライバシーなくならない?

こう考える方も多いはず。

しかし、もはやその次元ではなくなります。

SF映画で人工知能がセキュリティを兼ねている家を見た事がないでしょうか。

おやすみと声を掛ければ家中のロックをし、セキュリティを動作してくれる。

人工知能が家を守ってくれる要素をも兼ねてくれる時代になるのです。

では家をネットワークに繋いで何のメリットがあるのでしょう、細かく解説していきます。

Google homeで今できること

What can you do with google home now

Google Chromecastにて音楽、動画、映画の再生

現在はまだスタート段階にあり、対応機器が少ないのが現状です。

テレビに繋ぐGoogle Chromecast、Googleスマートフォンぐらいしか対応した機器がありません。

Google Chromecastを通じて、音楽や映画の再生程度であれば

『オッケーグーグル、〇〇を再生して』とhomeに話しかければ、人工知能が再生を行ってくれます。

今はまだそれぐらいです。

アメリカでは家具や家電もIot化し始めていますが、日本ではまだ少し先の話になりそうです。

Google homeで今後できるようになること

エアコンの操作、電気のオンオフ、通話、ファンのオンオフなどはアメリカでは既に実現しています。

家そのものをネットワークで繋ぐわけですから、


以前こちらの記事でも紹介したように、外出先から帰宅した子供のために家の鍵を開けてあげたり、仕事が終わって会社を出ると同時に家のエアコンをオンしたり、外出先からペットにご飯をあげたりと家にいなくとも家の操作が可能になります。

この技術が本当に必要かどうかは正直わかりません。

でも今あなたはスマートフォンやパソコンを使っていますよね。

10年前にスマホやパソコンを当たり前のように使うと思っていたでしょうか?

スマホやパソコンは、スマホなんて...LINEなんて...と思っていた人でさえ使わざるを得ない状況になっています。

Iotには各社が本格的に参入していますから、上で挙げた例より遥かに便利な機能を備え、家電品にはIot機能が標準搭載され、Iotが当たり前になる時代が来ると予想されているのは事実なのです。

Google homeでのIot導入にはいくらかかるか

現状はGooglehome本体とChromecastしかない

現状は日本での普及がまだまだですから、Googlehome本体と対応機種であるChromecastぐらいしかコストのかけようがありません。

Google homeとChromecastはコチラの公式サイトから購入できます。

home本体が¥15,120円、Chromecastは¥5,000~¥9,000円となっています。

今後徐々にIot対応の家具家電が増えていくと予想されますから、買い替えのタイミングで搭載した物を買う事になるはずです。

まとめ

今はまだ過ぎたる技術かもしれません。

でも10年後はあって当たり前な気がします。

技術進化のスピードは速すぎて怖い。

-おもしろ雑貨
-, ,

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.