パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

ゲーミングPC

BTOパソコンのグラボ交換で、コスト1/3でPC性能を超アップ

更新日:

Replacement graphic board ideal for bto personal computer

BTOパソコンを丸ごと買い替えるのと、グラボを交換するのではコストが3倍違います。

新品のBTOパソコンを買うと平均価格は15~20万円。

グラボの交換なら¥50,000円以下で最高スペックのゲーミングPCに変身します。

グラボ交換の作業時間は全部で1時間もかからない程度で簡単です。

BTOパソコンのグラボ交換のポイント、必要なもの、交換するのにおすすめのグラボを見ていきましょう。

交換作業の手順は【BTOパソコンのグラボ交換作業手順】を参考ください。



BTOパソコンのグラボ交換のポイント

使っているBTOパソコンの電源要領が足りるか確認

Acbel pc7014 spec detail label
選ぶグラボにもよりますが、電源の容量が足りなければ電源も買い換える必要があります

電源ユニットの確認方法は一度デスクトップのフタを外し、電源の止めネジを外しラベルを確認しなければなりません。

使っている電源ユニットが購入時の明細などに記載があれば、型式でネット検索すれば調べられます。

電源本体に上のようなステッカーが貼ってあると思います。

上のステッカーを例に説明すると、RATED POWERの一番下の491.5W+18.5W=510Wがこの電源ユニットの電源容量です。

電源は800Wあればどんな構成でも大体いけると言われていますが、私が今回選んだグラボは電源必要量も高くないので、元々ついていた510Wで問題なく使えています。

高性能グラボですと使用電気も増えますから、800Wに交換するべきでしょう。

電源ユニットの電源容量の50~80%に収まるように考えると、最も電源効率が良いと言われています。

使用中のパソコンの使用電力量を知る方法

PCの消費電力を測定できる無料ツール「Joulemeter」がマイクロソフトから出ています。

マイクロソフト製なので安心して使えます。

⇒Joulemeterをダウンロードする

Joulemeterのインストール、使用手順は以下のサイト様がわかりやすく解説されていました。

PCの消費電力を測定するMicrosoft製のソフトウェア「Joulemeter」
~自由とテクノロジーを愛す者のサイト様~

グラボ交換に必要なもの

精密ドライバーと、エアダスターがあればOKです。

パソコンのパーツはとても細かいネジで固定されているので、精密ドライバーが1つあると便利です。

⇒安くておすすめの精密ドライバーセット

作業の前に必ずホコリは飛ばしておく必要があるので、エアダスターは必須です。

ノズルが付いていて、缶内の高圧エアーでホコリをピンポイントで飛ばせます。

エアダスターを使う時は、かならず屋外で行ってください、屋内でやると部屋が大惨事になります。

缶は大きいのですが、すぐなくなるので3本セットがおすすめです。

お盆やGWなど、大型連休のタイミングでこれを使って掃除すると、故障しにくくなります。

⇒安くておすすめのエアダスター3本セット

コスパが良いBTOパソコンの交換用におすすめのグラボ

Palit製のGeForce GTX1060 6GB

Palit geforce gtx1060 6gb dual

トップ画像の箱が、Palit製の今回購入したグラボです。

自分の求める性能やコスパから考え選びました。

グラボは調べると色んなメーカーから多種多様なモデルがリリースされててよくわからないんですが、Palitは一番安くて評判が良かったです。

当時で¥36,000円ほどでしたが、最新シリーズのグラボとしては格安でした。

現在は更に安くなっています。

格安ですが、前シリーズ最高クラスのGTX980を越えた性能を発揮してくれるので、パソコンゲームを遊ぶのに十分なグラボです。

⇒Palit製 GeForce GTX1060 6GBグラボの購入と詳細はこちら

現在のコスパ最強グラボはGeForce GTX1070

私がBTOパソコンのグラボ交換をした当時、GTX1060が最新モデルであり最もコスパが良かった。

しかし現在はGeForce GTX1070がリリースされていて、こちらの方がコスパが良いです。

価格は¥50,000円程とGTX1060より上がりますが、性能は1060より圧倒的に高く、Citiesなど高負荷のパソコンゲームを遊ぶ予定があるなら、GTX1070の方が良いでしょう。

予算的に問題がない場合もGTX1070を選んだ方が、今後しばらく最前線で使えますしおすすめです。

GTX1060でも当分問題ありませんが、よりよい環境でパソコンゲームを遊びたければ、ですね。

こちらもPalit製が最も安く、評判が良いのでおすすめです。

⇒Palit製 GeForce GTX1070 8GBグラボの購入と詳細はこちら

まとめ

BTOパソコンは、新たに買い直すよりグラボ交換の方がコストが1/3で済むのでおすすめ。

グラボ交換は誰でもできるぐらい簡単で、本記事ではグラボ交換のポイントや必要なものを解説しています。

グラボ交換の手順は【BTOパソコンのグラボ交換作業手順】にて私が作業した手順を解説しています。

私がBTOパソコンに交換して搭載したのは「Palit製のGeForce GTX1060 6GB」ですが、現在は多少価格は上がるものの「Palit製のGeForce GTX1070 8GB」の方がおすすめ。

理由は記事内参照です。

グラボ交換を覚えると、ゲーミングパソコンにかかるお金が数十万円単位で削れますし、削った分他のパーツに掛けれますから、やらないと損でしょう。

-ゲーミングPC
-,

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.