広告

Back 4 Bloodの推奨スペックとおすすめゲーミングPC

2021年9月16日

Back 4 Bloodのスペック


Back 4 Bloodの必要スペック/推奨スペック、おすすめゲーミングPCを紹介しています。

Back 4 Bloodが快適にプレイできるスペックの検証も行っています。

Back 4 Bloodの必要スペック・推奨スペック

推奨スペック
OSWindows 10
CPUIntel Core i5-8400
AMD Ryzen 7 1800X
GPUGTX 970
Radeon RX 590
メモリ12GB
使用容量25GB

Back 4 Bloodの必要スペック・推奨スペックは公式では未発表ですが、α・βテストが行われた際の推奨スペックは以上となっています。

i5-8400やGTX 970を採用していることから、現行機のエントリーモデルなら推奨スペックを満たすことができます。

メモリ12GBとBTOメーカーが初期構成で採用している8GBでは足りないため、購入時にカスタマイズを行うか増設を行いましょう。

Back 4 BloodをPCでプレイするポイント

Back 4 BloodはL4D2開発を手がけたTurtle Rock Studiosが開発を行っている、協力型ゾンビFPSです。

対応機種はPC・PS5・PS4・Xbox One/X/Sと幅広く展開されます。

PS4/PS5よりも滑らかで美麗なグラフィック

Back 4 BloodはPS4/PS5でも発売されますが、ゲーミングPCのほうが性能が高いため高画質・高フレームレートでゲームが楽しめます。

ジャンルがFPSなので最も重要なのはフレームレートです。

最大フレームレートがゲーミングPC「144fps or 240fps」PS4「60fps」PS5「120fps」なので、最も戦闘を有利に進められるのがゲーミングPCです。

また、グラフィック面でも最大画質にするとフレームレートが低下するPS4/PS5に比べて、高性能なGPUを搭載したゲーミングPCならグラフィックとフレームレートの両立が行えます。

Back 4 Bloodの発売日はいつ?

Back 4 Bloodの発売日は2021年10月13日です。

グラフィックボード別のfps

GPU4KWQHDフルHD
RTX 3090162 fps283 fps190 fps
RTX3080Ti153 fps272 fps316 fps
RTX3080136 fps250 fps316 fps
RTX3070Ti119 fps212 fps316 fps
RTX3070111 fps201 fps316 fps
RTX3060Ti103 fps177 fps276 fps
RTX306076 fps140 fps205 fps
GTX1660Super41 fps82 fps127 fps
GTX1650Super31 fps60 fps92 fps

以上はβテスト時のデータを元にしています。

RTX3060以上はDLSS時の平均スコアです。

フルHD高設定でプレイする場合、エントリーモデルに採用されている「GTX 1650 Super」を使用することで60fpsが安定します。

144fpsでプレイしたい場合「RTX 3070」以上のGPUを採用すると安定します。

FPSというジャンル上、WQHDや4Kでプレイするメリットはありません。

どうしてもWQHDや4Kでプレイしたい方は、エントリーモデルのGPUでは60fpsを下回るので、RTX 30シリーズを採用しましょう。

Back 4 BloodにおすすめなゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T(スターター5点セット)

NEXTGEAR JG-A7G6T(スターター5点セット)【マウスコンピューター】

NEXTGEAR
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 5700X
GPUGeForce RTX 4060 Ti
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
電源750W (80PLUS BRONZE)
価格(税込)¥209,800 36回まで分割手数料無料
2024年06月22日(土)時点

公式販売店はこちら

  • 最新ゲームを高画質でプレイ可能
  • オンラインゲームを快適にプレイ可能
  • PC本体、モニター、ヘッドセット、マウス、キーボードのセット

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラー5点セット)

G-Tune DG-I5G60(ホワイトカラー5点セット)【マウスコンピューター】

OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13400F
GPUGeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
電源750W (80PLUS BRONZE)
価格(税込)¥199,800 36回まで分割手数料無料
2024年06月22日(土)時点

公式販売店はこちら

  • 最新ゲームを高画質でプレイ可能
  • オンラインゲームを快適にプレイ可能
  • すべてホワイトカラーで統一された5点セット

G-Tune DG-A5G1B

G-Tune DG-A5G1B【マウスコンピューター】

OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 4500
GPUGeForce GTX 1650
メモリ16GB
ストレージ512GB NVMe SSD
電源500W (80PLUS BRONZE)
価格(税込)¥129,800 36回まで分割手数料無料
2024年06月22日(土)時点

公式販売店はこちら

  • 最新ゲームを低画質でプレイ可能
  • オンラインゲームを快適にプレイ可能
  • マイクラがすぐにプレイ可能

GALLERIA XL7C-R46-5

GALLERIA XL7C-R46-5【ドスパラ】

ガレリア
OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13700H
GPUGeForce RTX 4060 8GB LaptopGPU
メモリ16GB
ストレージ500GB Gen4 SSD
画面15.6インチ 144Hz
価格(税込)¥234,980 36回まで分割手数料無料
2024年06月22日(土)時点
  • 最新ゲームを高画質でプレイ可能
  • オンラインゲームを快適にプレイ可能
  • マイクラがすぐにプレイ可能

GALLERIA XL7C-R45-5

GALLERIA XL7C-R45-5【ドスパラ】

ガレリア
OSWindows 11 Home
CPUCore i7-13700H
GPUGeForce RTX 4050 6GB LaptopGPU
メモリ16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
画面15.6インチ 144Hz
価格(税込)¥194,980 36回まで分割手数料無料
2024年06月22日(土)時点
  • 最新ゲームを普通画質でプレイ可能
  • オンラインゲームを快適にプレイ可能
  • マイクラがすぐにプレイ可能

  • この記事を書いた人
アバター画像

ナオ

ゲーミングPC情報サイト「naolog」の管理人です。学生時代から自作ゲーミングPCを趣味にし、初めてプレイしたオンラインゲームは"ウルティマオンライン"です。MODを導入して"Cities: Skylines"や"スカイリム"、スポーツゲームなどで遊んでいます。アイコンは手持ちのゲーミングPCを利用してAIにて作成したもので、残念ながら管理人の外見とは関係ありません。

-PCゲームのスペック