FRONTIER(フロンティア)の評判・レビュー

2020年7月6日

FRONTIER(フロンティア)の評判

FRONTIER(フロンティア)の評判を紹介していきます。

  • フロンティアの評判を検証
  • フロンティア利用者の口コミを独自アンケート調査
  • フロンティアのメーカー特徴と会社概要

以上の内容で解説します。

FRONTIER(フロンティア)は国内メーカーと比べてもトップクラスの安さを誇るメーカーです。

評判・口コミだけ見る

関連記事:ゲーミングPCのBTOパソコンおすすめメーカー比較

FRONTIER(フロンティア)の特徴

フロンティアの特徴を紹介していきます。

ヤマダ電機グループのBTOショップである

フロンティアはヤマダ電機の子会社であり、一部パソコンはヤマダ電機でも展示されています。

サポート体制も万全で、修理の依頼はヤマダ電気で行うことができます。

フロンティア自体は有名なメーカーではありませんが、ヤマダ電気グループという後ろ盾は安心感があります。

とにかくゲーミングPCが安い

FRONTIER(フロンティア)のセール

フロンティアのゲーミングPCは大手BTOパソコンメーカーと比較しても格段に安いことが特徴です。

特にセールの割引がとても大きく、台数限定セールの対象ゲーミングPCは国内トップクラスの安さです。

セールには週替り・月替りの2種類が存在し、どちらも台数限定のセールです。

年末年始・夏のボーナスシーズンなど大型連休中のセールでは割引率がとても大きくなります。

 

FRONTIER(フロンティア)の悪いところ

フロンティアの不得意なポイントを紹介していきます。

納期が1週間以上と遅い

フロンティア最大のデメリットが納期の遅さです。

多くの国内メーカーは納期が早く、即日出荷に対応しているところもあるほどです。

しかしフロンティアは早くて1週間、モデルや時期によって更に日数がかかる可能性があります。

カスタマイズの幅が広くない

BTOゲーミングPCは注文後に組み立てをはじめるため、注文時にパーツの変更や追加などカスタマイズを行うことができます。

しかしフロンティアはBTOパソコンショップであるにも関わらず、それほど大幅なカスタマイズができません。

モデルによってカスタマイズできる項目は異なりますが、「CPUクーラー、CPUグリス、メモリ容量、ストレージ容量、オプション品」程度のカスタムしか対応していません。

カスタムに力を入れているメーカーはPCケースやマザーボード、電源までカスタマイズできることを考えれば、フロンティアはカスタマイズにおいて劣っています。

ただしカスタマイズを前提にする場合初心者の購入難易度が高くなってしまうので、知識がなくても買いやすくなっているとも言えます。

台数限定セールが怪しい

FRONTIER(フロンティア)の台数限定セール

フロンティアの魅力は台数限定セールでの安さであることは間違いありません。

しかし台数限定のはずが、台数が増えたり、突然ラインナップが変更されたりするケースがあります。

本当に台数限定としているのか、販売促進のため台数限定としているのかグレーなところに怪しさがあります。

しかしコスパを重視するユーザーからすれば、台数限定セールの価格はとても魅力的ですから、デメリットにならないでしょう。

 

FRONTIER(フロンティア)の評判

フロンティアの評判を当サイト独自に調査し検証しています。

FRONTIER(フロンティア)の口コミを独自調査した結果

良かった(また購入したい) 

とにかくデザインが惚れ惚れするぐらいかっこいいものですし、高品質な割にそんなに高くなかったのは良かったですね。また、PCでのゲームも快適にやれますしグラフィックなどもすごい綺麗でしたので、楽しくやり耐え抜群のゲーミングPCに満足しています。

良かった(また購入したい)

ゲームのスペックなどが分かりやすく記載されており、購入の参考にしやすいところがいいと思いました。また、本体のデザインがかわいいものも多いので、女性の方も選びやすいと思います。初心者でも購入しやすところが全体的にもいいです。

良かった(また購入したい)

先ず梱包ですが、しっかり衝撃吸収材で包まれており安心しました。初期不良もなく、すんなり起動しました。本体側面から開けてみたのですが、配線もしっかり整備されており、シンプルな中身でメンテナンスもしやすく、拡張もしやすいです。あくまで個人的な意見ですが、起動中にFRONTIERのロゴが出てくるのですが、シンプルというかださいと感じてしまいました

ダメだった(もう購入しない)

はじめは自作PCを組もうとパーツを見ていたのですが、この商品がセール中で16万円ほどで購入できたので、購入しました。しかし、使ってからすぐ電源が突然つかなくなり、修理に出しました。
1年間センドパック保証がついていたため、修理窓口に送って修理が終わったらすぐ郵送されてきました。セールでお買い得でしたが、故障が出たため、ちょっとガッカリです。

フロンティアで実際にゲーミングPCを購入した方に独自アンケートを行った結果です。

フロンティアでの購入者は少ないですが、やはり価格の安さに最も満足感を得ているようです。

多くのBTOゲーミングPCは黒ベースのケースが多いですが、フロンティアではホワイトケースの選択があり、デザインの人気が高いようです。

初期不良によりフロンティアへの信頼度が無くなってしまったユーザーがおられましたが、修理対応自体は迅速にしてもらえているようですね。

FRONTIER(フロンティア)のSNSでの口コミ

フロンティアの評判をSNSでリサーチした結果です。

フロンティアの口コミをSNSでリサーチすると、「価格が安さ」「サポート対応への反応」がほとんどです。

価格の安さは満足度が高く、「高い!」といった不満は1件も見当たりませんでした。

サポート対応への反応は賛否あるようで、「丁寧な対応をしてくれた、早い対応だった」という内容の方が多くはあるものの、一部で「不具合が多い、サポートの連絡がない」といった悪評も見られます。

サポート対応に賛否が混在するのは、サポートスタッフの当たりハズレがあることが原因と思われます。

ハズレなどあっては困るのですが、一度連絡してみて期待した反応が得られない場合は、再度問い合わせしなおして別のスタッフに対応してもらう方が良いかもしれません。

FRONTIER(フロンティア)はなぜ安いのか

FRONTIER(フロンティア)が安い理由

フロンティアのゲーミングPCが激安である理由は、企業努力によるもの。

そしてパーツ選択にホワイトボックスを多用していることが考えられます。

ホワイトボックスとは、一般ユーザーが購入しないショップオリジナル品や、無名な海外メーカー品のことです。

これらは安く仕入れることができるため、ゲーミングPCの価格も下げられるというロジックです。

ホワイトボックスとはいえ品質が悪いものばかりではありません。

フロンティアのゲーミングPCの構成をチェックしてみると、重要パーツにメーカー品の高品質パーツを採用し、メモリなどあまり重要でないパーツにホワイトボックスを採用している傾向にあります。

パーツメーカーにこだわらない方では問題がありませんし、価格が安いことは嬉しいポイントですが、玄人ゲーマーでは不安要素になるかもしれません。

FRONTIER(フロンティア)は壊れやすい?修理に関する評判

FRONTIER(フロンティア)はそれほど壊れやすいという評判を見掛けません。

大手BTOメーカーに比べかなり少ない部類に入るでしょう。

ただしゼロではなく、やはり初期不良を引いてしまったユーザーの声は少なからずあります。

しかし初期不良で対応してもらえなかったという内容はほとんど見当たらず、多くが「素早く対応してもらえて感謝している」といった内容です。

FRONTIER(フロンティア)について壊れやすさを心配する必要はなさそうです。

 

FRONTIER(フロンティア)のショップ情報

フロンティアのショップ特徴
メーカーFRONTIER(フロンティア)
ゲーミングブランドFRONTIER GAMERS
支払い方法クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
分割支払い
代金引換
納期目安1~2週間
保証制度初期不良対応(14日)
1年間無償保証(無料)
3年間延長保証(12,540円)

フロンティアの最大の特徴は納期の速さとコストパフォーマンスの高さです。

支払い方法

フロンティアは多くの支払い方法に対応しています。

おすすめはクレジットカードによる支払いで、購入するならクレジットカードがおすすめで、決済タイミングが早いため出荷までがスピーディであるほか、ゲーミングPCは高額なのでカードのポイントが期待できます。

フロンティアでは大手BTOパソコンメーカーで開催される分割金利無料キャンペーンは開催されないため、分割払いでは金利手数料がかかります。

フロンティアでは分割購入ではなく、一括購入するべきでしょう。

納期と送料

フロンティアの納期は1~2週間程度です。

BTOパソコンメーカーの中でも納期が遅く、この点にユーザーから不満の声が挙がっています。

カスタマイズやパーツの在庫状況によって更に納期日数がかかる場合もあるようで、各モデルの詳細ページに目安日数が記載されています。

フロンティアでは本体代金のほかに、PC1台あたり1,980円~3,300円(※全国一律)の配送料がかかります。

配送料はパソコンのサイズによって変動します。

保証とサポート

フロンティアの保証は初期不良が14日間ついています。

無料引き取り保証は1年間付属しているので、この点は他のBTOメーカーと同様です。

有料延長保証は3年追加で税込¥12,540円かかります。

火災や落雷による故障修理サービスである「PCワランティパック」では1年あたり税込3,300円。

3年有料保証+PCワランティ3年のパッケージは税¥16,500円で付けられます。

フロンティアのサポート窓口は、平日10~19時の間しか営業していません。

 

FRONTIER(フロンティア)の会社情報

ブランド名フロンティア
会社名インバースネット 株式会社
資本金1億2,245万円
設立昭和26年12月14日
所在地〒221-0031
神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25
テクノウェイブ100ビル 8階

FRONTIER(フロンティア)の店舗情報

フロンティアはヤマダ電機の子会社ですが、独立運営のためヤマダ電機を出向いてもすべてのフロンティアのゲーミングPCは展示されていません。

一部展示している店舗があり、テックランド・LABIの店舗内一角にコーナーが設けられている場合があります。

ヤマダ電機にゲーミングPCの専門知識をもったスタッフは在籍しておらず、相談への対応ができません。

またフロンティアで購入し、ヤマダ電機での受け取りもできません。

» フロンティアの店舗一覧

お問い合わせ先

購入に関する問い合わせ(電話・メール)

電話:050-3538-2561(平日 10:00~19:00)
» メールでの問い合わせはこちら

修理受付前(電話・メール)

電話:050-3538-2561(平日 10:00~19:00)
» メールでの問い合わせはこちら

 

FRONTIER(フロンティア)のおすすめゲーミングPC

FRONTIER(フロンティア)のゲーミングPCは、通常販売されているモデルではなく、週替り・月替りの台数限定セールモデルがおすすめです。

台数限定セールモデルは、専用に構成されたお得なゲーミングPCが揃っています。

通常販売されているモデルはスペック構成がイマイチで、価格もやや高めになっているのでおすすめしません。

台数限定の早いものがち!

台数限定セールモデルを見る

週・月替わりでラインナップが変更されます。

 

FRONTIER(フロンティア)の評判まとめ

FRONTIER(フロンティア)はゲーミングPCがトップクラスに安いメーカーです。

ただし安いのは台数限定セール対象品のみなので、目ぼしいモデルが見付かったらすぐ購入しなければ無くなってしまいます。

納期が平均1週間とやや遅く、ヤマダ電機での受け取りにも対応していない点は注意しておきましょう。

関連記事:ゲーミングPCのBTOパソコンおすすめメーカー比較

-BTOパソコンメーカー比較

© 2021 Naolog