FF14の推奨スペックと快適にプレイできるゲーミングPC【2021年】

2018年2月6日

FF14のスペックFF14のスペックについて解説していきます。

FF14はMMORPGとしてはやや推奨スペックの高いゲームです。

  • FF14に必要なスペックと選び方
  • FF14のGPU別ベンチマーク
  • FF14のおすすめゲーミングPC

以上の内容で解説します。

おすすめゲーミングPCでは、「快適にプレイできる高コスパモデル」「最低限の条件を満たす安いモデル」「おすすめゲーミングノート」を掲載しています。

おすすめゲーミングPCだけ見る

FF14「漆黒のヴィランズ」の必要/推奨スペック

FF14「漆黒のヴィランズ」Windows動作環境
推奨動作環境 必要動作環境
OS Windows 8.1/10 64-bit Windows 8.1/10 64-bit
CPU Intel Core i7 3GHz Intel Core i5 2.4GHz
グラフィックボード NVIDIA Geforce GTX970
AMD Radeon RX 480
NVIDIA Geforce GTX750
AMD Radeon R7 260X
メモリ 8GB 4GB
ストレージ 60GB 60GB

引用元:FF14公式サイト

FF14の公式サイトで発表されている必要動作環境、推奨動作環境です。

FF14は推奨スペックのGPUが「GTX 970」と、MMORPGではかなり高いスペックを要求されます。

スペックが高すぎることは評価を下げる一因にもなっていますが、FF14は新生前これ以上に必要スペックが高いゲームでした。

吉田Pが引き継いた新生後、ゲーム性が大幅に改変され、これでも必要/推奨スペックは大幅に下がっています。

FF14はMMORPGとしては必要スペックが高いですが、現行モデルのエントリークラス(10万円以下)でも十分快適に動作します。

FF14「漆黒のヴィランズ」のMac動作環境

FF14「漆黒のヴィランズ」Mac動作環境
必要動作環境
OS macOS Mojave 10.14
macOS Catalina 10.15
macOS Big Sur 11.1
CPU iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)
※「Apple Silicon」搭載モデル非対応
グラフィックボード AMD Radeon R9 M295X
メモリ 4GB
ストレージ 60GB

引用元:FF14公式サイト

FF14はMac版も存在し、MacPCでもプレイ可能です。

ただしプレイの快適性はWindows版が圧倒的に上ですし、FF14のようにMac版がリリースされているゲームはとても珍しいです。

手持ちでMacPCでのプレイなら問題はありませんが、これからFF14をプレイするためにパソコンを購入するなら、Windowsの方がおすすめです。

FF14がプレイできるかスペックを確認する方法

マグネイトMHのFF14ベンチマークスコア

FF14には専用ベンチマークソフトがあり、そのPCでFF14が快適に動作するか測定することができます。

今お使いのPCでFF14が動作するか確認したい場合は、FF14ベンチマークソフトで測定してみましょう。

FF14ベンチマークソフトは無料で使用することができ、製品版にも引き継げるキャラクタークリエイトもできます。

» FF14「漆黒のヴィランズ」ベンチマークはこちら

FF14をPCでプレイするメリット・デメリット

FF14はPC版でもPS4版でも、しっかり高難易度コンテンツがクリアできるように設計されています。

これは吉田Pも明言しているので事実でしょう。

しかしPCとPS4は本体スペックに大きな差があり、UIなどプレイ快適性・キャラクターの反応速度などPC版が大きくPS4版を上回っています。

そのため、PC版とPS4版どちらでも高難易度コンテンツはクリアできるものの、よりクリアしやすいのはPC版となります。

事実FF14の開発メンバーもPC版でプレイしていますし、FF14の高難易度攻略パーティはほぼすべてPC版のユーザーです。

カジュアルに遊ぶ程度ならPS4版でも問題はありませんが、しっかり高難易度ダンジョンや強ボスとも戦いたい方はPC版のFF14がおすすめなのです。

 

FF14ができるゲーミングPCの選び方

FF14「漆黒のヴィランズ」GPUベンチマーク

FF14「漆黒のヴィランズ」ベンチマークまとめ
モデル名 GPU ベンチマークスコア 評価
ガレリア ZA9C-R39 RTX 3090 24,379 非常に快適
ガレリア XA7C-R38 RTX 3080 21,643 非常に快適
ガレリア XA7C-R37 RTX 3070 19,980 非常に快適
ガレリア ZZ i9-9900K RTX 2080 Ti 22,511 非常に快適
ガレリア ZG RTX 2080 SUPER 18,682 非常に快適
ガレリア XA7C-R70S RTX 2070 SUPER 19,008 非常に快適
GAMEMASTER GX70R7 RTX 2070 17,579 非常に快適
ガレリア AXV RTX 2060 SUPER 16,535 非常に快適
ガレリア DT GTX 1660 Ti 14,035 非常に快適
ガレリア RM5R-G60S GTX 1660 SUPER 12,237 非常に快適
マグネイト MH GTX 1650 9,287 非常に快適
レグルスAR5-Q AMD Radeon RX Vega 11 3,924 快適

当サイトで実機レビューしたモデルでのFF14「漆黒のヴィランズ」ベンチマークスコアをまとめたものです。

各モデルに搭載されたGPUとベンチマークスコア、プレイ評価を一覧にしています。

すべて解像度はフルHD、最高品質のフルスクリーン設定でのスコアです。

FF14はスペックが高すぎるとも言われていますが、実際には現行モデルのエントリーモデル(低スペック)でも「非常に快適」の評価を得られています。

FF14が快適に動作するベンチマークスコアは7,000以上と言われていますが、グラボ非搭載のレグルスAR5-Qでも一定の評価が得られています。

それぞれ現行モデルのみモデル名をクリックすると、各モデルの実機レビューを確認できます。

CPU

CPUはFF14において、キャラクターの動作判定や攻撃の当たり判定に影響します。

CPUはグラフィックボードがボトルネックにならないものを選べば良いですが、現行モデルならグラフィックボードに合わせて選ぶ事で、それに対応したCPUが自動的に決められています。

現行モデルなら標準搭載されているCPUで十分ですから、カスタマイズでクラスアップする必要はありません。

FF14プレイ中の動画を撮影したい場合は上位モデルに変えても良いでしょう。

現行モデルでは第10世代の「Core i5」や「Core i7」、「Ryzen 5 4600H」「Ryzen 7 4800H」などがおすすめです。

メモリ

メモリはFF14においてCPU処理の速さに影響します。

メモリ容量が不足するとゲームが重くなったり、クラッシュする原因になります。

推奨スペックでは8GBとなっていますが、16GBをおすすめします。

メモリを16GB搭載することで乱戦時も重くならず、パソコンの通常使用時も快適サクサクに動作してくれます。

メモリはBTOパソコンショップでもカスタマイズ対応しているので、8GBのモデルでも16GBにカスタムして注文するのが良いでしょう。

ネット回線の速度も重要

高性能なゲーミングPCを購入しても、お使いのインターネット回線が遅ければ動作が重くなります。

インターネット回線が遅ければ、画面表示や操作に遅延が発生します。

回線速度は早ければ早いほど良いわけではなく、使用する回線速度の上限は決まっているため、光回線1GBプランを契約していれば十分です。

ただしプロバイダによっては1GBプランで契約しているにも関わらず、回線速度が極度に遅い場合があります。

光回線の1GBプランなのに重い、遅いと感じる場合は契約の見直しを検討するべきかもしれません。

関連記事オンラインゲームに最適なおすすめのネット回線|選び方と比較

 

FF14が快適にプレイできるおすすめゲーミングPC

LEVEL-M046-iX4-RBX【パソコン工房】

icon icon

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 500GB NVMe SSD
電源:700W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥142,978円
分割払い(税込み):¥3,900円

コスパの良いRTX 3060を搭載したモデル。

FF14はもちろん、様々なPCゲームを快適にプレイできます。

FF14がプレイできる安いゲーミングPC

PM-A【G-tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:8GB DDR4
ストレージ: 256GB NVMe SSD / HDD 1TB
電源:500W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥87,780円
分割払い(税込み):¥3,700円

最安値帯のエントリークラスモデルです。

FF14を含む様々なPCゲームをプレイできますが、一部最新ゲームでは設定を落とす必要があります。

FF14がプレイできるおすすめノートパソコン

GF65-10UE-063JP【MSI】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i5-10200H
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
ディスプレイ:15.6インチ 144Hz
重さ:約1.86kg
価格(税込):¥129,800円

FF14をノートパソコンでプレイする場合は、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事FF14ができる推奨ゲーミングノートPC

 

FF14のPC版ソフトを一番安く購入する方法

パッケージの種類 概要
フリートライアル(無料体験版 ・レベル60まで
・蒼天のイシュガルド(パッチ3.56まで)
・所持ギル300,000ギルまで
・チャット、マーケットボード、トレード、モグレター、リテイナー、フリーカンパニー利用不可
・リンクシェル作成不可(加入は可能)
・パーティ募集不可(加入は可能)
・一部PvP不可
・プレイヤーズサイト、フォーラムへのログイン不可
・FF14コンパニオンアプリの利用不可
スターターパック(¥2,200 ・蒼天のイシュガルドまで
・その他制限なし
拡張パック:漆黒のヴィランズ(¥4,200 過去の拡張パック(紅蓮のリベレーター)を含み、最新の漆黒のヴィランズまで全てプレイ可能
コンプリートパック(¥5,800 1本で最新の漆黒のヴィランズまで全て収録されたパッケージ

※()内の価格は定価であり、Amazonやe-storeでのダウンロード価格です。

それぞれ通販・店頭でダウンロード版とパッケージソフト版が存在します。

FF14のPC版を一番安くプレイできるのは、Amazonでコンプリートパックのパッケージソフト版を購入する方法です。

フリートライアルはレベル60まで、蒼天のイシュガルドまでプレイできるものの制限が多いため、しっかり楽しむには不十分です。

» FF14のフリートライアル(無料体験版)はこちら

制限なくFF14をプレイするには「スターターパック」でプレイスタートする必要がありますが、スターターパックにて蒼天のイシュガルドまで進行した後は、「拡張パック:漆黒のヴィランズ」を購入しなければ続きがプレイできません。

「スターターパック」+「拡張パック:漆黒のヴィランズ」の組み合わせでも最新パッチまでプレイ可能ですが、「コンプリートパック」の定価と比べ価格が600円ほど高くなります。

コンプリートパックのパッケージソフト版とでは1500円程度の差になりますから、最初からしっかり遊ぶつもりの方はAmazonでコンプリートパックのパッケージソフト版を購入するのがおすすめというわけです。

続けられるかわからないし…という方は、まずスターターパックを購入し、様子を見て拡張パックを追加購入するのが良いでしょう。

すぐ遊びたい方はパッケージソフト版ではなくダウンロード版を購入すれば、FF14をすぐにプレイできます。

 

FF14のPC版でよくある疑問

PC版FF14を購入するにあたり、よくある疑問をまとめました。

FF14はグラボなし低スペックPCでプレイ可能?

可能です。

ただしギリギリ動作をするレベルであって、快適にプレイすることはできません。

FF14は必要スペックが高いですが、実機レビュー時の計測で動作確認ができています。

ウィンドウモード・普通設定なら動作できますが、やはり快適な環境でスムーズなプレイは難しいようです。

PC版とPS4版は一緒にプレイできる?

FF14はクロスプラットフォームに対応しているので、PC版・PS4版・PS5版とも同じサーバーでプレイできます。

自分はPC版、友達はPS4版など異なる機種間でも一緒にパーティを組んで遊ぶことができます。

PS4版からPC版への移行方法は?

データの移行は不要です。

FF14のキャラクターデータは、アカウント毎にサーバー上に保存されます。

現在PS4版をプレイしていて、これからPC版へ移行する方はデータ引き継ぎ作業はなく、そのままスクエニIDでログインすれば、これまでのキャラクターでプレイできます。

今日はPS4版で、明日はPC版というのも可能です。

ただし、UI(ホットバーなどの設定)はサーバー上ではなく、PS4本体やパソコン本体に保存されていますから、再度設定しなければなりません。

 

-ゲーミングPC

© 2021 naolog