三國志14の推奨スペックとおすすめゲーミングPC

三國志14

三國志14の必要スペック/推奨スペック、おすすめゲーミングPCを紹介しています。

三國志14が快適にプレイできるスペックの検証も行っています。

おすすめゲーミングPCだけ見る

三國志14の必要スペック・推奨スペック

必要スペック推奨スペック
OSWindows 10/8.1(64bit)Windows 10/8.1(64bit)
CPUCore i3-3220Core i7-3770
GPUGTX 660GTX 1060 6GB
メモリ4GB8GB
使用容量20GB20GB

必要スペック・推奨スペック共に現行機のエントリーモデルであれば満たすことができます。

必要スペックはCore i3-3220とGTX 660なので、数年前に購入したエントリーモデルのゲーミングPCでも動作します。

要求されているメモリも4GBと少ないため、簡単に満たせますね。

推奨スペックはCore i7-3770とGTX 1060 6GB、メモリ8GBなので、要求スペックが現行機に近いです。

CPUに対してGPUのスペックが高いので、三国志14はGPUによる処理が大切なことが分かります。

三國志14をプレイするためにゲーミングPCを購入する際は、GPUに気を付けましょう。

 

三國志14をPCでプレイするポイント

三國志14はコーエーテクモゲームスが発売している歴史シミュレーションゲームです。

対応機種はPC・PS4・switchの三機種となっています。

PC版は操作性が良い

三國志14はシミュレーションゲームなので、マウスで操作可能なPCの操作性が最も高いです。

操作性が高いと1ターンに消費する操作時間が減少するので、PS4やswitchよりもゲーム進行が早くなります。

また、十分なスペックを持ったゲーミングPCならカクツキや長いロードが発生しないため、ストレスなくゲームプレイが可能です。

 

グラフィックボード別のfps

GPU4KWQHDフルHD
RTX 309051 fps100 fps123 fps
RTX3080Ti51 fps103 fps150 fps
RTX307033 fps68 fps104 fps
RTX3060Ti29 fps59 fps93 fps
RTX2060Super22 fps44 fps69 fps
GTX1650Super14 fps29 fps47 fps

フルHD設定ならエントリーモデルに採用されているGTX 1660 Superで60fps出せます。

シミュレーションゲームの特性上、高いフレームレートや画質は求められていないため60fpsで十分です。

三國志14はGPUの性能を高くしても144fpsを出すことが難しいため、GPU性能を高くするメリットはカクツキの発生確率を下げることです。

RTX 3060以上のGPUを採用すれば高負荷時でも60fpsを下回らず、カクツキが発生しない状態でゲームプレイができますね。

 

三國志14におすすめなゲーミングPC

コスパ重視のバランスモデル

HL-B【G-tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-10700F
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:700W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥175,780円
分割払い(税込):¥4,900円

安さ重視の低価格モデル

GALLERIA RM5R-G60【ドスパラ】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:550W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥124,980円
分割払い(税込):¥3,000円(42回)

MOD導入しても60fpsを下回らないモデル

HP-Z【G-tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-11900K
GPU:GeForce RTX 3080 Ti
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD / 4TB HDD
電源:1200W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥417,780円
分割払い(税込):¥11,600円

-ゲーム推奨スペックとおすすめPC

© 2021 Naolog