パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

ゲーミングPC

FF15が最高設定で遊べるゲームパソコンは一体いくらするのか

更新日:

 

Pc can play ff15 with highest setting

パソコン版FF15を4Kの最高設定で遊ぶには、最強クラスのゲーミングパソコンが必要。

とはいえゲーム自体が鬼畜スペックを要求しているわけではなく、パソコンのスペックを上げればここまでハイクオリティな設定にできますよ、というもの。

必要動作環境はGTX1050相当があればOK(それでも他ゲームに比べると高めだが)

しかしどうせなら最高設定で遊びたいし、FF15をパソコン版で遊ぶ一番のメリットはグラフィックの大幅アップである事は間違いない。

もしFF15を4Kの最高設定で遊ぼうとすると、どんなスペックのゲーミングパソコンが必要で、それはいくらするのか検証してみました。

パソコン版FF15の特徴

PS4版FF15と何が変わっているのか

  • 4Kどころか8K対応
  • Dolby Atmosによる立体音響対応
  • ファーストパーソンモード(主観モード)の新規収録
  • グラフィックカスタマイズ

PS4版から変わったポイントは以上の4点。

ゲーム内容は全く同じですが、DLCはオンラインパックを含め全て入っています。

FF15は2019年以降も追加エピソードのDLC発売が決定していますが、現段階(2018/7月)では今後追加されるエピソードはパッケージに含まれていません

4K(または8K)でプレイするには4K(または8K)のゲーミングモニターが必要ですし、ドルビーアトモス立体音響に対応したスピーカーが必要ですから、そのコストも考えなくてはいけません。

⇒パソコン版FF15のベンチマークソフトはこちら

8KモニターとDolby Atmosについて

FF15は8K対応になっていますが、8Kモニターは種類も少なくまだ高すぎます。

2018年7月現在で、Dell製の31.5インチ8K対応モニターが約50万円ですから、とてもおすすめできません

Dolby Atmosは、主に映画館で使われる立体音響システムです。

Dolby Atmosを対応のゲームも少ないですし、高価なアンプやスピーカーなど8Kモニター同様にコストがかかりすぎます。

Windows10の標準機能に立体音響モードがありますので、7.1chサラウンドスピーカーに立体音響ぐらいが現実的かなと思います。

最高設定を目指すとは言え、現在の価格で全て揃えるとモニターとサウンド機器だけで100万円規模になるので、現段階では難しいでしょう

4K+立体音響でプレイするのに必要なスペック

OS Windows 10 64-bit
CPU Intel Core i7-7700 / AMD Ryzen 5 1600X
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
メモリ 16GB
画面解像度 4K (2160p)
ハード空き容量 155GB以上
サウンドカード DirectSound互換、Windows Sonic及びDolby Atmos対応

4K HDRでFF15をプレイするには以上のスペックを満たしたゲーミングパソコンが必要です。

必要環境、推奨環境はもっと要求スペックが低いですから、FF15公式ページ-動作環境にて確認してみてください。

また、現在お使いのパソコンが要求スペックを満たしているかどうか知りたい場合は、FF15のベンチマークソフトがあります。

無料でダウンロードできますから、ご自身のパソコンのスコアを計測してみましょう。

⇒パソコン版FF15 ベンチマークソフトをダウンロードする

4K+立体音響でプレイできるゲーミングパソコン

ドスパラ ガレリア XZ

Dospara galleria xz

OS : Windows10 home
CPU : intel Core i7-8700
グラフィックボード : GeForce GTX 1080 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : SSD500GB / HDD2TB

¥234,980円 ※2018/7現在
⇒もっと詳しく見る

FF15を最高設定で遊べるゲーミングパソコンの中で、一番安いモデル。

性能は上の表で紹介した、FF15の最高設定環境とちょうど同等で、CPUのみ若干上回っています。

FF15の4K設定や立体音響はもちろん、どんなゲームも最高設定で楽しめる最強クラスのゲーミングパソコンなので、これから今後10年使えるゲーミングパソコンを探している方にもおすすめ。

しかし、パソコンゲームはこのレベルのゲーミングパソコンがないと満足に遊べないかと問われると微妙なところで、正直GTX1070Ti搭載のゲーミングパソコンでも十分だとは思います。

最高峰のゲーミングパソコンを求めている方にのみおすすめです。

>> ドスパラ ガレリア XZのレビューと購入はこちら <<

Cheapest gaming pc with gtx 1070ti
コスパ最高のGTX1070Ti搭載の最安ゲーミングPCを探してみた

GeForce GTX1070Tiを搭載したゲーミングPCを買っておけば、10年トップクラスで使える こんな事も言われる ...

ドスパラ ガレリア ZZ

Dospara galleria zz

OS : Windows10 home
CPU : intel Core i7-8700K
グラフィックボード : GeForce GTX 1080 Ti
メモリ : 16GB
ストレージ : SSD500GB / HDD3TB

¥239,980円 ※2018/7現在
⇒もっと詳しく見る

ガレリアXZより5,000円だけ高くなりますが

CPUがCore i7-8700 ⇒ Core i7-8700K
ストレージのHDDが2TB ⇒ 3TB

と、価格差以上に性能が上がっているので、こちらのモデルの方がコスパが良い。

5000円ではありますが、予算に余裕があればガレリアZZをおすすめします。

この他の点はガレリアXZと同じ内容で、ガレリアZZはドスパラの全ゲーミングパソコンの中で第三位の人気モデルです。

>> ドスパラ ガレリア ZZのレビューと購入はこちら <<

まとめ

パソコン版FF15を最高設定で遊ぼうとすると、最高クラスのゲーミングパソコンが必要になる。

しかし、FF15が記載する本当に最高の設定は、8KモニターやDolby Atmosの対応など、周辺機器だけで莫大なコストがかかる為、現実的ではない。

4K画質+立体音響による7.1chサラウンドが一番現実的で最高の環境であり、これならさほどコストを掛けずに実現できる。

今回は条件に合うゲーミングパソコンを2台紹介しましたが、後で紹介したガレリアZZの方がコスパが良くおすすめです。

グラフィックボードの以前に比べかなり下がっているので、要求スペックが鬼畜と言われているFF15でも、25万円ほどで最高設定で遊べるゲーミングパソコンが購入できる。

-ゲーミングPC
-

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.