独身が果たす先祖への責任。墓じまいと永代供養の費用を知っておこう

パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

生活

独身が果たす先祖への責任。墓じまいと永代供養の費用を知っておこう

投稿日:

Cost of tomb and permanent dedication

結婚するしないは自由だと思いますが、あの世でご先祖に顔向けできるように、きっちり墓じまいと永代供養だけはしておく。

これが私含め独身で生きる人が一番最後に果たすべき責任ではないでしょうか。

墓じまいと永代供養にかかる費用を知っておくと、最後にいくら残しておかなければならないのか把握できます。

継ぐ者がいなければ、お金は使いきって死にたいですからね。


なぜ墓じまいと永代供養が必要なのか

跡継ぎ(実子や養子)がいない状況で自分が死ぬと、お墓の世話をする人は当然いなくなります。

兄や弟がいて、そちらに子供がいる場合は任せるのも良いでしょう。

しかし姉や妹の場合、結婚すれば嫁ぐのが一般的ですから、名字が変わります。

当然嫁ぎ先のお墓の面倒を見なければいけないでしょうし、入るお墓も嫁ぎ先のお墓になりますから、姉や妹にお墓の世話を頼むのは避けるべきです。

両親はもちろん、ご先祖にもあの世で胸を張って顔向けできるように、独身で生きたのなら最後の責任は果たすべきだと私は思います。

墓じまいと永代供養にかかる費用

墓じまいと永代供養にかかる費用は、合計70~110万円程度です。

金額の幅は、お墓の規模の差だと思ってください。

小さなお墓であれば費用も少なくなりますし、大きなお墓なら費用も高くなります。

墓じまいと永代供養にかかる費用の内訳は以下の通りです。

・閉眼供養のお布施  3万円
・離檀料       10~20万円
・お墓の解体、撤去  30万円
・永代供養料     30~50万円

閉眼供養とは?

閉眼供養は、お墓から遺骨を取り出す際に行う供養の事です。

供養の名前や意図は宗派や宗教によって多少違うのですが、この供養によって「故人の魂が宿った墓石を、ただの石に戻す」事を目的としています。

閉眼供養では僧侶へのお布施として3万円包むのが一般的とされています。

離檀料とは?

墓じまいをすると、これまでお世話になったお寺との縁が切れます。

お寺の檀家から抜けますから、「離檀」と言います。

離檀料は、これまでお世話になったお礼の意味も込めて支払う必要があります。

離檀料の相場は、法事1回あたりのお布施と同等額(10~20万円)が相場のようです。

お墓の解体、撤去とは?

お墓の解体、撤去、墓石の処分を行う必要があります。

通常霊園ごとに管轄の石材店がいる場合が多いですから、お寺や霊園管理者に管轄の石材店を紹介してもらうのが一般的でしょう。

墓じまいと永代供養の費用を安くする方法

墓じまいと永代供養には70~110万円かかりますが、この費用を安くでき、更に手続きすべてを代行してくれる「墓じまい代行サービス」というのがあります。

ご存知の方もいるでしょうが、お寺へのお布施や支払いは金額が決まっておらず、バラバラです。

法事で家の経済状況を知っているため、家に合わせて請求する金額が異なるのがその理由で、もしあなたの家が名家だったり、経済的に余裕がありそうな家なら高額のお布施や離檀料を請求される場合もあります。

不明確な支払いを避けられますし、自分で墓石の解体撤去手続きをする手間も省け、複雑な手続きも全て代行で行ってくれますから、代行サービスはおすすめです。

何より全て自分で行うより費用が安くなりますから、代行サービスを利用しない手はありません。

⇒墓じまいが格安になる代行サービスを詳しく見る

まとめ

独身で生きていくなら、両親やご先祖へ胸を張れるように、しっかり墓じまいと永代供養を行うのが最後の責任でしょう。

跡継ぎがいないにも関わらず墓じまいを行わないと、そのお墓は放置墓になってしまい、あの世でご先祖への顔向けができません。

墓じまいと永代供養にかかる費用は70~110万円(墓の規模による差)と高額ですが、墓じまい代行サービスを利用するとその費用は安くなります。

面倒な手続き、墓石の解体撤去も代行してくれるので、墓じまいの際は墓じまい代行サービスの利用がおすすめです。

-生活
-

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.