パソコン、ゲーム、自動車、副業、日常生活などを扱う雑記ブログ

naolog

ゲーミングPC

ゲーミングPCと通常デスクトップPCの違いは1つ【初心者向け】

投稿日:

Desktop gaming PC difference

ゲーミングPCと普通のデスクトップPCは一見違いがないように見えますが、1つだけ大きな違いがあります。

その違いは『グラフィックボードが搭載されているか、搭載されていないか』の1点のみ。

グラフィックボード(通称グラボ)は3D表現性能を飛躍的にアップさせるパーツのことで、ゲーム以外にも3D設計ソフトなどにも使われます。

よくあるミスとして、ゲーミングPC=高性能デスクトップPCだと理解してしまい、グラフィックボード非搭載の高スペックデスクトップPCを購入してしまう場合があります。

ゲーミングPCではない普通のデスクトップPCにもグラフィック性能はある

普通のデスクトップPCにも最低限のグラフィック性能はあり、簡素な汎用グラフィックボードがマザーボードに内蔵されています。

普通のデスクトップPCでは、この汎用グラフィックボードにHDMIやDVIなどの画面出力ケーブルを接続し、モニターに表示させます。

簡素な汎用グラフィックボードは性能が高くないので、一般的な3D表現は可能ですが、高グラフィックの3Dゲームのような表現ができません。

そこでゲーミングPCでは、マザーボードにグラフィックボードを取り付け、そのグラフィックボードにHDMIやDVIなどのケーブルを取り付けます。

つまり『3Dグラフィック性能を拡張させたPC=ゲーミングPC』というわけです。

ちなみに、マインクラフトやドラクエ10といった高グラフィックではないゲームは、簡素な汎用グラフィックボードでも性能が足りるため、下記のようなゲーミングPCでない普通のデスクトップPCでもプレイ可能です。

Regulus AR5-Q
【レグルスAR5-Qの実機レビュー】使用感・ベンチマークのまとめ

CPUにAMD Ryzen 5 2400Gを搭載した一般用デスクトップPC「レグルスAR5-Q」の実機をレビュー! グラフィックボード非搭載のこのモデルは、主に仕事や学生用としておすすめなモデル。 仕事、学校のレポート、ネットサーフィンやY ...

続きを見る

ゲーミングPCと普通デスクトップPCの価格の違いはグラボの分

Desktop gaming PC difference

グラフィックボードは高額なパーツで、種類がたくさんあります。

最近のモデルはかなり価格が安くなっていますが、性能によって値段も推移していて、安いもので5万円~です。

高いものでは20万円~しますし、その20万円~のグラフィックボードを2つ搭載する人もいます。

ゲーミングPCはどれも価格がバラバラですが、一番大きな要因は搭載されているグラフィックボードの差というわけです。

グラフィックボードによってCPUやメモリも変わってくる

高性能なグラフィックボードを搭載すると、高性能なCPUや16GB以上のメモリ、大容量の電源ユニットも必要になります。

グラフィックボードの性能が上がるにつれ、それを動作させるために他のパーツの性能アップも必要になりますから、その分の価格も上昇します。

ゲーミングPCと普通のデスクトップPCの違い まとめ

搭載するグラフィックボードによって、価格の違いがかなりあると解説しました。

しかし一般的なPCゲームを遊ぶだけなら、下記記事のような10万円しないゲーミングPCで十分です。

Cheap desktop gaming PC
超安い価格で買える最高のデスクトップゲーミングPC【最強コスパ】

デスクトップゲーミングPCの価格は平均10~20万円で、決して安い金額ではありません。 ゲーミングPC初心者の方なら、本当にそんな値段するの?ぼったくりじゃないの?とさえ思うでしょう。 『そこまで高いお金を出したくない。 もっと安い値段のデ ...

続きを見る

普通のデスクトップPCもそれなりの性能を備えたものを買うには6~7万円しますから、ゲーミングPCにしても1~2万円しか価格の違いはありません。

-ゲーミングPC
-

Copyright© naolog , 2019 All Rights Reserved.