パソコン、自動車、ガジェットなどを扱う雑記ブログ

naolog

iPhone・iPad

【無駄な出費を防ぐ】iPhoneをテレビにミラーリングする注意点

更新日:

Mirror iPhone to TV

iPhoneをテレビにミラーリングする。

iPhoneを大画面にミラーリングすれば、動画を友人と楽しんだり、資料をみんなに見せたりとできる事が増えます。

しかしiPhoneをテレビやモニターにミラーリングするにあたり、

  • 注意しなければいけないこと
  • ミラーリングでできること
  • ミラーリングしてもできないこと
  • あなたの使い方では有線、無線どちらが良いか

これらについてしっかり把握しておく事で、お金を無駄にすることを防げます。

iPhoneをテレビ・モニターにミラーリングする接続方法も有線、無線それぞれの方法で説明します。

iPhoneのミラーリングは、どんなテレビでも可能

iPhoneのミラーリングは、HDMI入力のある最新テレビでも、赤白黄のビデオ入力端子しかないテレビでもできます。

但しビデオ入力端子しかない場合は有線接続のみ可能ですし、古いテレビ・モニターは解像度が低いため画質は荒くなります。

簡素は写真鑑賞会や資料のプレゼン程度なら問題なく行えるでしょう。

iPhoneをテレビにミラーリングするなら、有線の方がコストが安い

iPhoneをテレビにミラーリングする場合、有線接続した方がコストがかからず確実です。

HDMIで有線接続する場合、かかるコストは¥2,000円以下に抑えられます。

一方無線接続するにはApple TVかAirPlayレシーバーが必要で、レシーバーは安いもので¥5,000円以上しますし、AppleTVは約2万円です。

iPhoneを有線・無線でミラーリングする方法は以下の記事を参照ください。

Mirror iPhone to wired TV
iPhoneを有線でテレビにミラーリングする方法【ビデオ対応】

この記事では、iPhoneを有線接続でテレビにミラーリングする方法について解説します。 iPhoneを有線接続でテレビにミラーリングすることで遅延や音ズレを防止でき、実現コストも安いのでミラーリングで最もおすすめな方法です。 広い部屋でミラ ...

続きを見る

Mirror iPhone wirelessly to TV
iPhoneを無線接続でテレビに出力させる2つの方法

この記事では、iPhoneを無線接続でテレビに出力する方法を解説します。 無線接続によるミラーリングは、広い部屋での利用や、複数種類の端末で利用したいときに便利です。 ただし無線でテレビやモニターに出力する場合どうしても遅延・音ズレが発生す ...

続きを見る

iPhoneをテレビにミラーリングするなら、有線・無線どちらが良いか

iPhoneをテレビにミラーリングする場合、何をミラーリングするかによって有線・無線どちらが適しているか変わってきます。

ゲーム、動画など高レスポンスを求める、遅延してほしくない⇒有線接続が適している

写真、資料など静止画を出力するので、多少の遅延は問題ない⇒無線接続が適している

iPhoneゲームの動画撮影や、ゲーム大会、動画の鑑賞会などを行うなら音ズレの原因になる遅延はNGです。

ゲームではiPhoneの操作とミラーリング先の表示画面にタイムラグが発生するので、ゲームプレイに影響も出ます。

一方大きな部屋でもケーブルを直接接続する必要がありますし、使用する端末に合わせてケーブルも交換する必要があります。

無線接続なら大きな会議室でも自分の席からミラーリングできますし、使用端末が変わっても問題なくミラーリングできます。

iPhoneをテレビにミラーリングしても、動画サービスは見られない

Mirror iPhone to TV

せっかくiPhoneをテレビにミラーリングできるようにしたのに、動画サービスが視聴できない。

これはテレビにミラーリングしたい人にとって、一番望んでいる使い方であり、一番失敗が多い内容です。

ここで指す視聴できない動画サービスとは、『Hulu・Amazonプライムビデオ・DAZN・AbemaTV・Netflix』といった、映画やドラマが観られる動画サービスのこと。

iPhoneやiPadでは画面が小さいから、大きなテレビ画面にミラーリングして見たい!

と考える人は多いのですが、残念ながら視聴できません。

各動画サービスは著作権保護、コピー防止の観点からスマートフォンやタブレットからのミラーリングによる画面出力ができないよう制限をかけており、接続しても音声のみ出力され画面は表示されません。

つまりこの使い方を目的にテレビへのミラーリングを検討されている方は接続機器にお金を使う前にやめるべきなのです。

PCからテレビへの出力では視聴可能

パソコンからテレビへ出力する場合は視聴可能です。

但しパソコンをテレビに接続する場合はHDCP対応のディスプレイやケーブル(HDMI 、DVI-D、DisplayPort)で接続する必要があるので、古いテレビへは出力できません。

テレビで動画サービスを視聴するもっと良い方法

テレビで動画サービスを見たいなら

・Google Chromecast
・Amazon Fire TV
・Apple TV
・PS4
・テレビ(SONY、Panasonic、シャープ)
・ブルーレイレコーダー(SONY、Panasonic、シャープ)

これらの機器で視聴が可能です。

最も使いやすいのはテレビ・ブルーレイレコーダーに内蔵された動画サービスアプリを使う方法で、特別な機器を使うことなくそのまま視聴できます。

PS4を使うのもおすすめで、テレビやブルーレイレコーダーに比べるとdTVなど一部利用できない動画サービスはあるものの、メジャーな動画サービスは網羅しているので不自由する事はないはずです。

テレビ、ブルーレイレコーダー、PS4で視聴できる動画サービスを以下に表にしました。

テレビ レコーダー PS4
Hulu
Amazon Prime Video
NETFLIX
DAZN
U-NEXT
DMM.com
Youtube
Twitch
Rakuten TV
TSUTAYA TV
d TV
niconico

※メジャーな動画サービスのみ抜粋しています。
※インターネットブラウザ利用なら、これら以外の動画サービスも利用可能です。

Chromecast、FireTV、AppleTVは正直微妙

テレビやモニターにUSB接続してネットワーク機能を拡張できる『Google Chromecast、Amazon FireTV、AppleTV』でも動画サービスを視聴できますが、正直あまりおすすめしません。

理由は使いにくさと、コストの高さです。

具体的におすすめしないポイント解説します。

GoogleとAmazonは動画部門で競合しており、Google ChromecastではAmazonプライムビデオが、Amazon Fire TVではYoutubeが見られません。

正確にはアプリから除外されており、それぞれでインターネットブラウザを起動すれば視聴そのものは可能ですが、アプリ起動に比べ手間がかかり、不便です。

Apple TVはすべての動画サービスに対応しているし、iPhoneやiPadの無線ミラーリングも可能ですが、価格が高いです。

参考(定価価格)

・Apple TV 32GB ¥15,800円(税別)
・Apple TV 4K 32GB ¥19,800円(税別)
・Apple TV 4K 64GB ¥21,800円(税別)

現状手元に動画サービスに対応したテレビ・ブルーレイレコーダー・PS4がなく、新たに動画サービスを快適に視聴できる機器を購入するならApple TVが一番安いです。

しかし近々TVやブルーレイレコーダーを購入する予定がある、PS4でゲームも遊べた方が良いのであればそちらがおすすめです。

それでも価格が厳しいという事であれば、Youtubeをインターネットブラウザで見る方が不便さは少ないので、Amazon Fire TVがおすすめです。

-iPhone・iPad
-

Copyright© naolog , 2019 All Rights Reserved.