A Plague Tale: Requiemの推奨スペックとおすすめゲーミングPC

A Plague Tale: Requiemの推奨スペック

A Plague Tale: Requiemの必要スペック/推奨スペック、おすすめゲーミングPCを紹介しています。

A Plague Tale: Requiemが快適にプレイできるスペックの検証も行っています。

おすすめゲーミングPCだけ見る

A Plague Tale: Requiemの必要スペック・推奨スペック

A Plague Tale: Requiemの必要スペック、推奨スペックは未発表です。

発表され次第本ページでも掲載予定です。

 

A Plague Tale: RequiemをPCでプレイするポイント

A Plague Tale: Repuiemは2019年に発売された「A Plague Tale: Innocence」の続編です。

アクションアドベンチャーゲームとなっており、黒死病が蔓延したフランスを舞台にしています。

対応機種がPC・Xbox Series X/S・PS5・switchと様々なハードで展開されます。

前作はグラフィックの質が高く、ストーリーが優れたゲームとして評価されています。

PS5・switchよりも高画質・高フレームレート

A Plague Tale: RepuiemはPS5やswitchでも発売されますが、ゲーミングPCのほうが性能が高いため美麗なグラフィックを楽しめます。

前作のグラフィックが高い評価を得ていることから、今作でもグラフィックの質は高いものになると予想されます。

美麗なグラフィックは表示するために高い性能が必要になるので、PS5やswitchではグラフィックかフレームレートが犠牲になります。

ゲーミングPCを使用することで高画質を維持したまま、滑らかな映像でゲームを楽しめます。

A Plague Tale: Requiemの発売日はいつ?

A Plague Tale: Repuiemの正確な発売日は未定で2022年リリース予定になっています。

 

A Plague Tale: RequiemにおすすめなゲーミングPC

A Plague Tale: RequiemにおすすめのゲーミングPCを紹介します。
A Plague Tale: Requiemはスペックが未発表ですが、最新のアクションRPGというジャンルであるため高いスペックが要求されるでしょう。
またシングルアクションRPGなのでMODの使用も想定されます。

ここではA Plague Tale: Requiemのプレイを踏まえた、暫定的なおすすめゲーミングPCを掲載します。
公式にスペックが発表された後、おすすめモデルを入れ替える可能性があります。

A Plague Tale: Requiemを高解像度で快適にプレイ

HN-Z-CM-3070Ti【G-Tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)
価格(税込):¥263,780円
分割払い(税込):¥7,400円(36回)

A Plague Tale: RequiemにMODを入れてプレイ

HP-Z【G-tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-11900K
GPU:GeForce RTX 3080 Ti
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD / 4TB HDD
電源:1200W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥417,780円
分割払い(税込):¥11,600円

-ゲーム推奨スペックとおすすめPC

© 2021 Naolog