CoD:BOCWの推奨スペックとおすすめゲーミングPC

CoD:BOCWのスペック

CoD:BOCWの必要スペック/推奨スペック、おすすめゲーミングPCを紹介しています。

CoD:BOCWが快適にプレイできるスペックの検証も行っています。

おすすめゲーミングPCだけ見る

CoD:BOCWの推奨スペック

必要スペック推奨スペック推奨(レイトレ)高fpsウルトラRTX
OSWindows 7 64 Bit
Windows 10 64 Bit
Windows 10 64 BitWindows 10 64 BitWindows 10 64 BitWindows 10 64 Bit
CPUIntel Core i3-4340
AMD FX-6300
Intel Core i5-2500K
AMD Ryzen R5 1600X
Intel i7-8700K
AMD Ryzen 1800X
Intel i7-8700K
AMD Ryzen 1800X
Intel i9-9900K
AMD Ryzen 3700X
GPUGeForce GTX 670
GeForce GTX 1650
Radeon HD 7950
GeForce GTX 970
GeForce GTX 1660 Super
Radeon R9 390
AMD MD RX 580
GeForce RTX 3070GeForce GTX 1080
GeForceRTX 3070
Radeon RX Vega64
GeForce RTX 3080
メモリ8GB12GB16GB16GB16GB
使用容量82GB82GB82GB82GB82GB

参考元:CoD:BOCWの公式サイト

以上がCoD:BOCWの必要スペックと推奨スペックです。

必要スペックはCPU「Core i3-4340」GPU「GTX 670」という、7年ほど前のゲーミングPCで動作します。

現行機であればエントリーモデルでも満たせるスペックとなっており、ここ数年でゲーミングPCを買った方なら満たしているスペックです。

メモリも8GBと基本搭載されているメモリなので心配はいらないです。

ストレージはマルチプレイのみのインストールであれば50GB、キャンペーン・ゾンビモード・ウォーゾーン等、他モードもインストールする場合は175GB必要です。

要求される容量がとても大きいため、場合によっては増設が必要になります。

推奨スペックはCPU「Core i5-2500K」GPU「GTX 1660 Super」です。

GTX 1660 Superに関しては、現行機にも搭載されているGPUなので要求スペックが大きく上昇していることが分かります。

メモリは12GB、ストレージは175GBなので、PC構成によってはメモリ不足・ストレージ不足になります。

メモリ16GB、SSD 500GBを搭載しているゲーミングPCなら問題なく推奨スペックを満たせますね。

CoD:BOCW用ゲーミングPCの選び方

CoD:BOCWは対人メインのFPSなので、フレームレートが最も重要です。

フレームレートを向上させるために解像度・画質を下げているプレイヤーも多いです。

対人戦であるマルチプレイ以外にも、キャンペーンやゾンビモードといったソロ・マルチ協力でプレイするモードもあり、中でもキャンペーンモードはグラフィックに力が入っているため、高設定で144fps出せるのが理想です。

画質高設定で144fpsを出してプレイする場合、GPUは「RTX 3060 Ti」がおすすめ。

CPUはGPUに合わせた「Core i7-10700K」や「Ryzen 5 5600X」を搭載すると、ボトルネックにならず快適にプレイできます。

メモリは16GBを搭載し、ストレージはNVMe対応SSDの500GBは必須です。

CoD:BOCW以外にもゲームをする場合、ストレージ容量を増やすことも検討しましょう。

お使いのモニターによっては144Hzに対応していないこともあるため、モニターを見直し144/240Hzに対応したモニターを使用することをおすすめします。

 

CoD:BOCWのベンチマーク

フルHD低設定フルHD最高設定WQHD4K
RTX 3090497 fps185 fps145 fps76 fps
RTX 3080484 fps177 fps139 fps74 fps
RTX 3070419 fps142 fps111 fps59 fps
RTX 3060 Ti380 fps122 fps96 fps51 fps
RX 6900 XT495 fps184 fps144 fps73 fps
RT 6800 XT485 fps178 fps140 fps71 fps
GTX 1660 Super265 fps74 fps58 fps31 fps

最低設定であるフルHD低設定でプレイする場合、GTX 1660 Superを搭載することで244fpsプレイ可能です。

グラフィックを少し上げた中設定でも144fpsを出すことはできるため、基本快適にプレイできます。

対人メインのゲームになるため、解像度・グラフィックは抑えつつフレームレートを上げてプレイするのが基本です。

ただし、グラフィック設定を低くしすぎると粗さが気になる方もいます。

粗さが気にならないフルHD高設定でプレイする場合、RTX 3060 Tiがおすすめです。

高設定で144fpsを維持することが出来るため、画質・フレームレートの両立が行えます。

240Hzに対応したモニターを使用している方はRTX 3080を搭載すると、フルHD高設定で240fps出せます。

自身のモニターに合わせてGPUを選びましょう。

WQHD・4Kは対人FPSにおいて設定する人は少ないですが、どうしても使用したい場合RTX 3090/RX 6900 XTを搭載しましょう。

4K最高設定で60fpsを出すことができ、WQHD最高設定で144fps近い値を出せます。

 

CoD:BOCWの推奨スペックを満たすおすすめゲーミングPC

CoD:BOCWがプレイできる安いモデル

PM-B-1660Ti-L【G-Tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:500W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥153,780円
分割払い(税込):¥4,300円(36回)

CoD:BOCWが144fpsでプレイできるモデル

HN-Z-CM-3070Ti【G-Tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)
価格(税込):¥263,780円
分割払い(税込):¥7,400円(36回)

CoD:BOCWが200fps以上でプレイできるモデル

HP-Z【G-tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-11900K
GPU:GeForce RTX 3080 Ti
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD / 4TB HDD
電源:1200W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥417,780円
分割払い(税込):¥11,600円

CoD:BOCWのおすすめ購入方法

CoD:BOCWはプラットフォームBattel.netで購入できます。

スタンダードエディションとアルティメットエディションが用意されており、スタンダードは8690円で販売されています。

アルティメットエディションでは、CoD:BOCW本編とゲーム内アイテム、シーズン1バトルパスバンドルが含まれています。

特典がゲーム内アイテムのみなので、アイテムがいらない方はスタンダードエディションの購入で問題ありません。

過去にセール対象になったこともあるため、今後大きなイベントである春のセールやサマーセールで対象になる可能性も十分にあります。

今すぐ購入したい方で、安く購入したい場合は「Green Man Gaming」を介する方法があります。

通常版を5627円で販売しているため、公式ストアで買うよりも安く購入できます。

購入後、自身のBattel.netアカウントとGreen Man Gamingアカウントを連結することでゲームプレイが可能になります。

海外価格ですが日本語にも対応しているため、安心して遊べます。

-ゲーム推奨スペックとおすすめPC

© 2021 Naolog