パソコン、自動車、ガジェットなどを扱う雑記ブログ

naolog

ゲーミングPC

Cities:SkylinesおすすめノートゲーミングPC

Cities Skyline

Cities: SkylinesにたくさんMODを入れて、和風な街並みや、日本の風景を切り取ったような街をつくりたい!

でもそれにはどれぐらいのスペックのゲーミングPCが必要かわからない。

こんな方におすすめの記事です。

Cities: Skylinesは無数にあるMODを入れることで、日本の風景やヨーロッパの風景などを再現したり、住人や交通機関のアルゴリズムを変更したり、街の広さを広大な土地に変えたりとカスタマイズ性が無限大になります。

MOD無しでも十分楽しめるゲームではあるものの、Cities: Skylinesと言えばやはりMODが不可欠なゲームですから、ここでは

Cities: SkylinesにMODをたくさん入れても快適に動作するノートゲーミングPCの中から、安くてコスパに優れたモデル

を紹介します。

その前に少しだけ、Cities: Skylinesの動作環境や、どういうポイントに注意してゲーミングPCを選ぶべきかを解説します。

おすすめモデルだけ知りたい!という方は以下からジャンプできます。

Cities: Skylines用にノートゲーミングPCを選ぶ時の注意点

Cities: SkylinesはMODを入れて遊ぶことで楽しさが無限になりますが、MODを入れると必要スペックが大幅に上昇します。

steamのCities: Skylines販売ページに推奨スペックの記載がありますが、それはMODを使わずプレイする場合の推奨スペックですから、MODを入れたい場合にそのスペック通りのゲーミングPCを用意しても遊べません。

ここでは、MODを入れて遊ぶにはどれぐらいのスペックが必要か解説します。

MODを使うと動作環境は飛躍的に上がる

Cities: Skylinesの必要動作環境
OS Windows XP/Vista/7/8/8.1 (64-bit)
CPU Intel Core 2 Duo, 3.0GHz
AMD Athlon 64 X2 6400+, 3.2GHz
メモリ 4 GB RAM
グラフィック  GeForce GTX 260, 512 MB
ATI Radeon HD 5670, 512 MB
DirectX Version 9.0c

これがCities: SkylinesをMOD無しでプレイする場合の必要動作環境です。

必要動作環境=最低動作環境ですから、MOD無しでプレイは一応できるものの、快適プレイというわけにもいきません。

グラフィック設定を一番落とし、MODを入れずにプレイできる最低限のスペックです。

 

MODあり|Cities: Skylinesの推奨動作環境
OS Windows 7/8.1/10 (64-bit)
CPU intel Core i7-4790
メモリ 16GB
グラフィック GeForce GTX 1060 6GB
DirectX DirectX 11

最初に挙げたような、日本の風景やヨーロッパの風景を切り取った街をつくりたいなら、最低でもこれぐらいは必要です。

入れるMODによって必要スペックが大きく変わってきますが、

  • 街のマップを広げるMOD
  • 交通アルゴリズムを変更するMOD

この2つは特に負荷の高いMODですから、これらを導入する予定があるなら、もっと高スペックのゲーミングPCが必要になります。

これらのMODを同時に快適動作させるにはかなりのスペックが必要になりますが、そのスペックをノートゲーミングPCで実現するには、かなり高額(50万円以上)なモデルが必要になるため、コスパの観点からおすすめしません。

やはり高負荷のMODを複数同時に入れてCities: Skylinesをプレイするなら、デスクトップゲーミングPCがベストと言えます。

Cities Skylines
Cities:SkylinesおすすめデスクトップゲーミングPC

Cities: SkylinesにたくさんMODを入れて、和風な街並みや、日本の風景を切り取ったような街をつくりたい! でもそれにはどれぐらいのスペックのゲーミングPCが必要かわからない。 こんな方におすすめの記事です。 Cities: S ...

続きを見る

 

どれぐらいの街がつくりたい?参考モデルとスペック

この動画の作成者さんは、私もとてもファンで日本の田舎街を再現しておられます。

テクスチャ(表面MOD)や日本の看板、風景のMODを多用して制作しています。

この方が使用しているゲーミングPCのスペックは

  • CPU : intel Core i7-4790
  • メモリ : 24GB
  • グラフィック : GeForce GTX1060 6GB

動画内でこうおっしゃっています。

これぐらいのスペックで、これぐらいの街づくりができる参考としてみてください。

 

Cities: SkylinesのプレイにおすすめなノートゲーミングPC

ドスパラ ガレリア GCR2060RGF-E

・Windows 10 Home

・Core i7-9750H

・GeForce RTX2060 6GB

・16GB DDR4 SO-DIMM

・512GB NVMe SSD

¥169,990円(+税)

48回分割手数料無料キャンペーン適用時⇒月々3,800円(税込)

ガレリア GCR2060RGF-E がなぜおすすめか

GPU performance comparison chart

MODを入れる場合のCities: Skylines推奨動作環境では、必要グラフィックはGeForce GTX1060 6GBでした。

今回おすすめするガレリア GCR2060RGF-EはGeForce RTX2060 6GBを搭載しており、GeFrorce GTX1060 6GBより性能が高いことが上の表からわかります。

  • GTX1060 6GBは型落ちのグラフィックボードで、現行モデルで採用しているのはとても少なくなっていること
  • RTX2060はGTX1060 6GBの1.6倍以上の性能であるのに、価格が2万円ほどしか差がないこと
  • Cities: Skylinesでは想定より上のスペックを用意した方が理想の街が作れること

以上がCities: SkylinesのプレイにおすすめのノートゲーミングPCとして「ガレリア GCR2060RGF-E」を選出した理由です。

 

高負荷MODは使わない、最小限で街づくりがしたい方へ

この記事でおすすめしたモデルは、コスパや快適性を考えて選出したモデルです。

自分は少しでもコストを抑えたい、最小限のMODさえ使えれば良いんだ。という方には「ガレリア GCR1660TGF-E」がおすすめです。

「ガレリア GCR1660TGF-E」はこの記事で紹介したモデルより5万円ほど安いモデルで、動作環境で挙げた推奨スペックと丁度マッチするモデルです。

ガレリア GCR2060RGF-E はCities: Skylines以外にはどんな事ができるか

ガレリア GCR2060RGF-Eは、ハイスペック寄りのミドルスペックノートゲーミングPCですから、どんなゲームもプレイできます。

・TESO
・ドラクエ10
・フォートナイト
・PUBG
・APEX
・バトルフィールド
・COD

これらのようなMMO・FPSゲームも快適サクサクにプレイできます。

スペックは十分なので、対戦ゲームでもしっかり勝つプレイができます。

・マインクラフト
・スカイリム
・フォールアウト

このようなCities: Skylines以外のゲームにMODを入れてのプレイも当然快適です。

VRゲーム、VR動画にも対応していますから、VRヘッドマウントディスプレイを接続してVR体験することもできます。

VRゴーグルの比較一覧表|比較するとおすすめモデルがはっきりわかります

WindowsのVR本格導入により、様々なメーカーからVRゴーグルが発売されました。 たくさんの選択肢ができる事は価格競争も発生するので、ユーザーにはうれしい現象ですが、どう違って、どれを買えばいいのかわかりにくくもなります。 そこで、各メ ...

続きを見る

ガレリア GCR2060RGF-E にできないことはあるか

基本的にはありませんが、上で解説したように高負荷MODを複数入れてのプレイは厳しいでしょう。

 

Cities: Skylines用にノートゲーミングPCを買うなら、キャンペーン時に買うのがおすすめ

ノートゲーミングPCは、ノートゲーミングPCと比べれば安いですが、それでも20万円程度します。

20万円を一括で購入するのは、日常生活においてとても負担が大きいです。

ここで紹介したモデルを含め、BTOパソコンメーカーでは購入サポートと題して『分割金利手数料無料キャンペーン』を頻繁に開催しています。

一括で購入しても分割で購入しても、総支払い額は同じですし、このキャンペーンではクレジットカードも不要ですから、学生でも利用することができます。

キャンペーンを利用すれば、10万円を超える最新のノートゲーミングPCが月々¥3,000円~とかで買えますから、これなら生活にかかる負担が少なくて済むので、おすすめです。

ドスパラで開催中のキャンペーン!

  • 最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭(~11/7)
  • 対象機種の構成パーツが無料グレードアップ
  • 最大48回まで分割手数料無料【クレジットカード不要】
  • 人気モデルが限定特価

キャンペーン以外のお得情報

  • ドスパラポイントを使ってSteamでゲームが買える

ガレリア GCR2060RGF-Eをキャンペーンを利用して購入する

© Paradox Interactive. Trademarks belong to their respective owners. All rights reserved.VAT included in all prices where applicable.

-ゲーミングPC
-,

Copyright© naolog , 2019 All Rights Reserved.