40インチの4K対応おすすめゲーミングモニター

2021年5月19日

40インチの4Kゲーミングモニター

40インチのおすすめゲーミングモニターを紹介します。

大画面を生かした画質の綺麗さや、ゲームプレイに最適な性能を持っているモニターを選びました。

40インチモニターなら大画面を活かした4K解像度がおすすめです。

関連記事 ゲーミングモニターおすすめランキング

40インチの4K対応おすすめゲーミングモニター

Acer DM431Kbmiiipfx

・応答速度:5ms
・リフレッシュレート:75Hz
・解像度:4K(3840x2160)
・画面サイズ:43インチ

 

I-O DATA EX-LD4K432DB

・応答速度:5ms
・リフレッシュレート:60Hz
・解像度:4K(3840x2160)
・画面サイズ:43インチ

 

40インチゲーミングモニターなら4K対応がおすすめ

40インチゲーミングモニターには「フルHD」と「4K」の二種類の解像度があります。

フルHDは1980x1080、4Kは3840x2160の解像度となっており、フルHDの4倍程度の解像度を有しています。

解像度が高いことで大画面でも高画質が維持され、文字の潰れ等が発生しなくなります。

4K対応モニターでフルHD画質を楽しむことはできますが、フルHD用モニターで4Kを楽しむことはできないため、選択肢を多くするためにも4K対応を選びましょう。

4K画質を楽しむには4Kに対応した映像が必要なので注意が必要です。

最近の映画やPS4 pro/PS5のゲームは4K画質の作品も多いため、4Kを楽しめる機会も増えていますね。

 

4K対応40インチゲーミングモニターを使うときの注意点

4K対応40インチゲーミングモニターを使うときは4Kに対応したケーブルを使う必要があります。

4Kを写せるケーブルでも、種類によってはフレームレートが限られているものもあるため「HDMI 2.1」や「DisplayPort 1.4」を使うのをおすすめします。

関連記事:ゲーミングモニターに繋ぐケーブル

 

40インチゲーミングモニターのメリット・デメリット

40インチのゲーミングモニターには下記のメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 大迫力で臨場感のあるゲーム体験ができる
  • 画面が多いので細部の分かる
  • 画面分割プレイやパーティゲームを楽しみやすい

画面が大きいので20・30インチ台のモニターよりも迫力ある映像を楽しめます。

ムービーが作りこまれているRPGやグラフィックが優れたゲームは、ゲーム内に入り込んだような感覚になります。

通常モニターでは気が付かないようなオブジェクトの細部やエフェクトもはっきりと見られます。

友人と家に集まった時は画面分割やパーティゲームを楽しめます。

自分のキャラクターを見つけやすいので、快適にゲームプレイを行えますね。

デメリット

  • 置くスペースが取られる
  • 視聴距離が遠い
  • 情報が多くFPSやTPSには向いていない

40インチは大きいので配置スペースが取られます。

部屋の広さ次第では場所を確保できないため注意が必要です。

また、視聴距離が遠いのでテレビから距離をとる広さも必要があります。

視聴距離は1.7メートルと言われているため、モニター設置場所から1.7メートル離れた位置で操作することを前提に購入しましょう。

大画面だと敵を見やすいと思われますが、画面の端から端までを捉えるのが難しく情報量も増加するので対人メインのFPSやTPSでは不利になります。

40インチモニターを使う場合は、PvEやソロプレイのゲームがおすすめです。

-ゲーミングモニター

© 2021 Naolog