ゲーミングモニターでもNHK受信料は払わなければならないのか

2021年5月14日

ゲーミングモニターのNHL受信料

ゲーミングモニターを所有していても、NHK受信料を払う必要はありません。

その理由と解約方法を詳しく解説します。

関連記事 ゲーミングモニターおすすめランキング

ゲーミングモニターにNHK受信料が発生しない理由

NHKの受信料は放送法第64条の「NHKの放送を受信できる受信機器を設置した者は、NHKと契約を結ばなければならない」という法律によって発生しています。

ゲーミングモニターはテレビと違い、受信用のチューナーが搭載されていないためNHKを視聴できません。

受信機器がなければNHKと契約をする必要がないため、受信料の支払いは発生しません。

 

ゲーミングモニターしかないのにNHK契約してしまったら

ゲーミングモニターしかないのに間違ってNHK契約をした場合は解約をしましょう。

解約するには以下の工程が発生します。

  1. NHKに電話で解約希望を伝え、解約届の送付を依頼
  2. 解約届の記載を行い返送
  3. NHKが審査後、解約が成立する

NHKに解約の電話を行うと解約の条件を満たしているかの確認が行われるので、受信機器を所有していないことを伝えましょう。

元々テレビを設置していた場合、売却や故障したことを伝えます。

解約の電話は繋がりにくいことで有名です。

どうしても繋がらない場合は近くの放送局窓口に連絡しましょう。

電話によってNHKから了承が得られれば解約届が届くので、必要情報を記載の上返送します。

この際、売却したことや故障したことを証明できる書類があると審査がスムーズに進みます。

審査が通った場合解約が成立します。

審査は電話や訪問で確認をされることがあるため、対応できるようにしておきましょう。

NHKのフリーダイヤル:0120-151515

» 近くの放送局窓口を調べる

 

ゲーミングモニターのNHK受信料まとめ

ゲーミングモニターはNHK受信料対象外の機器です。

他にNHK放送を受信できる機器がない場合は、契約対象外となるため受信契約を結ぶ必要はありません。

間違って契約してしまった場合や受信機器の故障や売却を行った際は解約が行えるため、電話をしましょう。

-ゲーミングモニター

© 2021 Naolog