ゲームをメインコンテンツとしてますが、これいいじゃん!と思った事を全部記事にするごっちゃに煮スタイルブログ

なおろぐ

PC周辺機器

PC素人が初めてBTOパソコンのグラボを交換!コスパ重視で比較した結果選んだグラボはコレ!

投稿日:

実際買ったのはもう去年の話なんですが、やろうやろうと思いながら寝かしたまま早数ヶ月。

ようやくグラボの交換が完了しまして。

作業時間自体は全部で1時間もかからない程度です。

僕は元々マウスコンピュータで【G-Tune】というゲーミングPCを3~4年間隔で買い替えながらPCゲームで遊んでました。

最高スペックを買うというより、ミドルクラスのゲーミングPCを買って遊ぶ感じですね。
グラボの知識も全然なかったので、正直わからなかったです。

ただ買い替えとなると全部のパーツ代金が必要になるので、毎回10~15万円の出費で結構痛いんですよね。

そこで、ここ最近ようやく『PCゲームに一番重要なのはグラボ』だと認識した程度の、ほんとに初級レベルですが…

グラボ交換を自分でやってみよう!と思ったわけです。

実際やってみたらすごく簡単だったので、僕と同じように『そこそこのPCでPCゲーが不自由なくできればいいけど、そこまでハイクラスじゃなくていい』って方は参考にして頂けると幸いです。

 

選んだのはNVIDIAのGEFORCE GTX1060 6GB(PALITモデル)

トップに画像がありますが、今回(と言っても去年の話)自分の求める性能やコスパから考えた結果選んだのがコレでした。

グラボの型番で調べると色んなメーカーから多種多様なモデルがリリースされててよくわからないんですが、僕が調べた限りPALITの評判も良かったし、一番安かったです。

当時で¥36、000円ほどでしたが、最新シリーズのグラボとしては格安でした。
格安ですが、前シリーズのGTX980を越えた性能を発揮してくれるので、僕にとっては十分なグラボです。

ちなみにグラボの購入はドスパラでしました。

2017/4月現在では20000円台後半で販売されているようですね。
ちなみにAmazonにはPalitモデルのGTX1060はありませんでした。

 

グラボ交換の準備・確認すること

電源容量が足りるか確認


選ぶグラボにもよりますが、電源の容量が足りなければ電源も買い換える必要があります。

電源の確認方法は僕は一度デスクトップのフタを外し、電源の止めネジを外し確認しました。
電源本体の側面に↑のようなステッカーが貼ってあると思います。

この時自分のPC電源が中国製と初めて知って軽くショック受けました。

電源は800Wあればどんな構成でも大体いけると言われていますが、今回選んだグラボは必要W数も高くないので、元々ついていた500W?(ステッカーの見方よくわかってません)で全然いけてます。

 

他に必要なもの

作業の前に必ずホコリは飛ばしておく必要があるので、これあったほうがいいです。
空気が出て来るスプレー缶ですね。ノズルが付いていて、ホコリを風で飛ばせます。

必ずベランダや外でやってくださいね、屋内でやると部屋が大惨事になります。

3本もいらなくない?と思うかもしれませんが、案外すぐなくなるのでしっかり掃除したければ3本セットがオススメです。

 

まとめ

やってみて思ったのは、3~4年置きに買い替えはマジで金をドブに捨ててたなということ。

パーツ交換の方が絶対コスパ良い。

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-PC周辺機器
-

Copyright© なおろぐ , 2017 All Rights Reserved.