ゲームをメインコンテンツとしてますが、これいいじゃん!と思った事を全部記事にするごっちゃに煮スタイルブログ

なおろぐ

PC周辺機器

Windows MR対応のVRヘッドマウントディスプレイが各メーカーより続々登場!価格競争に期待!?

更新日:



Windows10の大型アップデートにより、WindowsにVR機能が標準搭載されるようになります。

Windows 10 Fall Creators Update は、より多くの人々に向けたMixed Reality(複合現実)と3D機能の提供、ゲームブロードキャストの高速化、写真やビデオをリアルで思い出深い作品に変える機能といった、私たちのクリエイティビティを刺激する革新的な体験を提供します。

Windows 10 Fall Creators Update は、多様な Windows 10 PC 上で実行可能であり、Windows Mixed Reality ヘッドセットは本日から提供されます。

~blogs.windows.comより引用~

専門用語だらけでよくわからないですか?

つまりこのアップデートにより、今後は記録媒体をもっと直接的に、思い出に没入感を持たせていこうという意図が見られます。

今は旅行やイベントで撮影している写真やビデオ、これが360°のVR映像に切り替えていきたいという風に読み取れます。

海外旅行へ行った思い出を記録して、何年も経ってからVRの中でまた同じ景色が見られるのは楽しいですよね、それが実現するんです。

スポンサーリンク


Windows MRは現存のVRサービスと何が違うのか

VR体験をするために必要な環境が簡略化される

現状ではPCでもPS4でも認識させるカメラの設置が必要ですし、例えば友人の家に持って行ってVRで遊ぶといった事はかなり大変でした。

それがPCとWindowsMRデバイス(VR端末)の2つだけで可能になります。
PCも特別なPCではなく、ノートPCなどで対応していく方針のようですのでVR環境を整えるのが簡単になります
※ハイクオリティなVRゲームはグラフィックボードが別途必要です。

VR端末を発売するメーカーが飛躍的に増える

2つ目のポイントは、WindowsMR対応デバイスとして

・DELL
・acer
・hp
・Fujitsu
・Lenovo

以上の5メーカーからVRデバイスが発売されます。

これはとても大きな事で、これまで限定されていたVR端末のメーカーが一気に増えました。
そうなると今後VR端末の価格競争が始まるはずですから、VR端末の価格が下がっていくはずです。

現状PSVRでも5万円前後、HTCなどPCゲーム用はもっと高額ですから、ユーザーにはとてもありがたい展開です。

ただ今回発表されたVR端末は現存のVR端末より機能が劣るというようなレビューをよく見掛けます。

これは個人的な予想ですが、写真やビデオ・ライブ映像など一般的な要素を楽しむVR端末は低価格なVR端末で十分。
しかしハイクオリティなVRゲームを遊ぶには専用の高スペックVR端末が必要というような2分化されていくのではないでしょうか。

ちょうど今のパソコンがそうなっていますよね。

普段使うには安いノートパソコンで十分ですが、ハイクオリティゲームを遊ぶには高スペックのゲームPCが必要。
これと似た状況になると予想しています。

とはいえ現在パソコンが『あって当たり前』の身近な存在になっているように、今後はVRが『あって当たり前』の存在になっていくのかもしれません。
VRが普及すればVR用の映像を各メーカーが作ります。
映画やスポーツ観戦・ライブ映像はVRで観る方が圧倒的に面白いですから、とても楽しみです。

ARでネットショッピングが革新的な進化を遂げる

WindowsMRにはVRだけでなく、ARも含まれています。

ARは、端末越しに見える現実世界の中にCGを表示させる機能です。
ポケモンGoのARモードと言えばわかるでしょうか。

これも個人的な予想、というより希望です。
ネットショッピングにARやVRが使われるようになったら、とても楽しくなると思いませんか?

例えば家具を買いたい時、家に合うかどうか実際に置いてみないとわからない場合でも、ARで画面越しに置いて確認できたらどうでしょう?
服をARで自分に投影して試着できたらどうでしょう?(これは店舗に実際にあります)

VR端末で海外の街並みを歩き、そのまま仮想空間の中でお店に入ってショッピングができたらどうでしょう。
ワクワクしませんか?

買い物だけじゃなく、ARやVRで実際に見たり比較したりする事は子供の学びにも使えますし、可能性は無限大だと思っています。

Windows MRデバイス(VRデバイス)の比較

Dell Visor


・パネル/視野角:2.89" LCD (RGB subpixel)/110°(フレネルレンズ)
・解像度/リフレッシュレート:1,440x1,440、706ppi x2/最大90Hz
・トラッキングアーキテクチャ:6DoF、インサイドアウト方式
・トラッキングセンサ:ジャイロスコープ、加速度計、磁力計
・ヘッドセットトラッキングハードウェア:Dual B+W VGA マッピングカメラ
・接続方法:HDMI 2.0、USB 3.0、3.5mm オーディオジャック
・付属品:Dell Visor controller x2、単三電池 x4、ユーザーガイド
・Dell Visor controller サイズ/接続方法:15.3x11.9x11.9mm(0.34kg) x2/Bluetooth

2017年12月9日発売 \48,595円(2017/11/02現在)

 

Acer Windows Mixed Reality Headset


・視野(FOV): 95° (フレネルレンズ) ディスプレイサイズ: 2.89インチ×2
・解像度: 2,880×1,440(単眼:1,440×1,440)
・リフレッシュレート: 60Hz(HDMI 1.4) / 90Hz(HDMI 2.0)
・トラッキングセンサー: ジャイロスコープ、加速度計、磁力計、近接センサー
・本体質量: 440g(ケーブル含まず)
・付属品: モーションコントローラー×2、保証書
・コントローラー: 電源 単三電池×2、 PC接続 Bluetooth

発売中 \59,173円(2017/11/02現在)

 

HP Windows Mixed Reality Headset


・ディスプレイサイズ:対角2.89インチ×2
・ディスプレイ解像度:1440×1440(片方)、2880×1440(両方)
・ディスプレイリフレッシュレート:90Hz(最大)
・視野角:水平100度(最大)
・トラッキングカメラ:フロント部×2

2017年11月30日発売 \64,584円(2017/11/02現在)

 

FZViewer


・Windows Mixed Reality Headset ディスプレイ:2.89インチ×2
・解像度:2880x1440(1440×1440×2)
・視野角:90度または100度以上
・リフレッシュレート:60Hzまたは90Hz
・センサー:加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、トラッキングカメラ
・インターフェース:USB3.0、HDMI オーディオ:マイク・ヘッドホン兼用端子(Φ3.5mmステレオ・ミニジャック)
・ケーブル長:USB3.0 Type-A/HDMI Type-A コンボケーブル 4m
・外形寸法:約182×290×138mm(幅x奥行きx高さ ヘッドバンド含む)
・本体質量:約415g(ケーブル含まず)

発売中 \57,0243円(2017/11/02現在)

 

Lenovo Explorer


・1440×1440の高解像度液晶ディスプレイ(対角2.89インチ)を2枚採用
・跳ね上げて外を見ることのできるヒンジ付きヘッドセット
・視野角105度
・リフレッシュレートは最大90Hz(ネイティブ)まで対応
・オーディオ入出力用3.5mmジャック搭載
・HDMI2.0とUSB3.0を統合した4mのケーブル
・インサイドアウトのトラッキング

日本発売未定 $399予定

この他にもASUSや新メーカーも参入を発表しています。

まとめ

・Windows10の大型アプデでVR/ARに本格参戦

・多くのメーカーがVR端末をリリースで価格競争開始&サービス充実化

・発表されたVR端末の中ではDellのヘッドマウントディスプレイが一番安い

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-PC周辺機器
-,

Copyright© なおろぐ , 2017 All Rights Reserved.