安い無線ゲーミングマウスの、本物と偽物を見分けるポイント

パソコン、ゲーム、VRなどの最新技術、自動車や海外ショッピングなどのお得情報を扱う総合ブログ

なおろぐ

PC周辺機器

安い無線ゲーミングマウスの、本物と偽物を見分けるポイント

更新日:

Cheap wireless gaming mouse店頭でも通販でも、聞いた事ないようなメーカーから安い無線ゲーミングマウスがたくさん発売されています。

Amazonや楽天あたりで「ゲーミングマウス 無線」と検索するとこういった製品がたくさん出てきます。

もちろん安いのは大歓迎ですから詳細を見てみると『これゲーミングマウスじゃなくない?』というのが結構たくさんあります。

電池切れがない!ワイヤレスゲーミングマウスを充電するマウスパッド】の中でも無線マウスの問題点について触れていますが、その問題を解決せずにゲーミングマウスのタイトルで販売されているのです。

せっかくゲーミングマウスを買うのですから、安いものでもちゃんとしたゲーミングマウスを選ぶポイントを説明します。



何がどうであれば『ゲーミングマウス』なのか

応答速度がウリじゃないマウスはゲーミングマウスとは言えない

安い無線ゲーミングマウスを1つ1つ確認してみると、『応答速度』を明記しているものと、そうでないものがあります。

応答速度はマウスの入力からゲーム内に反映される速さで、応答速度が速い事がゲーミングマウスの一番重要なポイントです。

応答速度の表記がなく、ただボタンがたくさん付いて光るだけのカスタムマウスがかなり多いです。

安い無線ゲーミングマウスでも、しっかり応答速度を明記しているものがありますから、購入前に必ず確認しましょう。

応答速度表記の有無で価格は変わりませんから、いくら安いからとは言え応答速度をウリにしていない無線ゲーミングマウスを買うのはもったいないです。

応答速度の目安

安い無線ゲーミングマウスで、応答速度表記があるものは250-500Hz帯がほとんどです。

この数字は普通のマウスより速く、有線ゲーミングマウスよりは遅い数値ですが、安い無線ゲーミングマウスと考えればコスパは十分でしょう。

ただ、ゲーミングデバイスで有名なロジクールが、その2倍の応答速度(1000Hz)の無線ゲーミングマウスを発売し、価格もそこまで高くはないので、予算が合うようならそちらの方がおすすめです。

応答速度が明記された、安い無線ゲーミングマウス3選

Combatwing W100

Combatwing w100

充電式無線ゲーミングマウス

応答速度:250-500Hz

2.4GHz無線、USB優先どちらでも使えます。

カスタムボタンは11個で、ボタンの配置も使いやすく設計されています。

¥2,450円 ※2018年7月現在

⇒Combatwing W100の詳細とレビューを見る

Kinnara F-15

Kinnara f15

電池式無線ゲーミングマウス

応答速度:250-500Hz

2.4GHz無線、USB優先どちらでも使えます。

カスタムボタンは9個で、ボタンの配置も使いやすく設計されています。

¥2,191円 ※2018年7月現在

⇒Kinnara F15の詳細とレビューを見る

Logicool G603

電池式無線ゲーミングマウス

応答速度:1000Hz

単三電池2本で500時間持続し、必要に応じてパワーをマネジメントできる。

カスタム可能ボタンが6つ付いており、好きなコマンドの割り当てが可能。

¥5,929 ※2018年7月現在

⇒Logicool G603の詳細とレビューを見る

まとめ

ゲーミングマウスという名前が付いているからといって、ゲーミングマウスとして必要な機能を備えているかどうかはわからない。

ゲーミングマウスは『応答速度』が速くなければ意味がないので、安いものでも応答速度の表記がある無線ゲーミングマウスを選ぶこと。

安い無線ゲーミングマウスの中でも特に優れた3つを紹介しておく。

-PC周辺機器
-

Copyright© なおろぐ , 2018 All Rights Reserved.