パソコン、自動車、ガジェットなどを扱う雑記ブログ

naolog

ゲーミングPC

【ガレリア GCF1050TGF-E】実機使った徹底検証レビュー

GALLERIA GCF1050TGF-E

薄型・軽量で評価の高いガレリアのノートゲーミングPCの中でも、GeForce GTX1050Tiを搭載したロースペックモデルの実機をレビューします。

このモデルの大きな特徴は何と言っても「薄さ」と「軽さ」そして「安さ」です。

GTX1050Tiはベンチマーク性能も低めで少し頼りないような印象がありますが、実際のところはどうなのか見ていきましょう。

  • 持ち運びやすさ(外観検証)
  • どこまでの事ができるか(ベンチマーク計測検証)
  • 総評

についてまとめていきます。

ドスパラ ガレリア GCF1050TGF-E

・Windows 10 Home

・Core i5-8300H

・GeForce GTX1050 Ti 4GB

・16GB DDR4 SO-DIMM ※無料アップグレード中

・500GB SSD ※無料アップグレード中

¥109,980円(+税)

48回分割手数料無料キャンペーン適用時⇒月々3,300円(税込)

ガレリア GCF1050TGF-E の外観・内部構造

ガレリア GCF1050TGF-Eのサイズ感

GALLERIA GCF1050TGF-E

ガレリア GCF1050TGF-Eの天板

GALLERIA GCF1050TGF-E

ガレリア GCF1050TGF-Eの薄さ

最初に感じたのは小ささと軽さです。

重量は約2.0kgと軽量ですし、薄さは一番太い部分で約2.5cm(カタログ上は2.7cm)とかなりの薄さ。

全体サイズは360(幅)×245(奥行き)×27(高さ) mm(突起部含まず)。

ゲーミングPCは大きくなるのが常識なのですが、これは一般PCより薄いレベルです。

手持ちのMac bookと良い勝負でしたよ。

ガレリア GCF1050TGF-Eの側面

GALLERIA GCF1050TGF-E

ガレリア GCF1050TGF-Eの右側面

GALLERIA GCF1050TGF-E

ガレリア GCF1050TGF-Eの左側面

GALLERIA GCF1050TGF-E

ガレリア GCF1050TGF-Eの背面

本体側面には各種入出力ポートが配置されています。

右側面には

・USB3.0 ×2
・SDカードリーダー(SDXC対応)

左側面には

・ギガビットLANポート
・USB2.0 x1
・イヤホン、マイクジャック
・ケンジントンロック

背面には

・電源ポート
・USB3.0 Type-C×1
・ディスプレイポート×2

光学ディスクドライブはありません。

ノートPCですがポートはかなり充実していて、メモリーカードも挿し込めますから、不自由することはないでしょう。

光学ディスクドライブは外付けのものを別で購入した方が良いかもしれませんね。

 

ガレリア GCF1050TGF-Eの裏面

GALLERIA GCF1050TGF-E

ガレリア GCF1050TGF-Eの裏面

裏面はほぼファンになっています。

ファンといえば音ですが、通常使用時は音も静かで全く気になりませんでした。

FF14や3DMarkなどのベンチマーク計測時には本体に負荷もかかりますが、それでも今私が使っているデスクトップと比べてもかなり静かです。

メインの排熱を裏面で行っているので、布団の上などで使用するのは控える必要があります。

 

ガレリア GCF1050TGF-Eのキーボード

GALLERIA GCF1050TGF-E

ガレリア GCF1050TGF-Eのキーボード

ガレリア GCF1050TGF-EはノートゲーミングPCですから、WASDがわかりやすくマーキングされています。

PC起動時はバックライトが虹色に光ります。

光学式メカニカルキーボードなので、軽くて押しやすいキーボードになっていました。

ガレリア GCF1050TGF-Eのベンチマーク実測値

ガレリアGCF1050TGF-Eを様々なベンチマークソフトで実測値計測してみました。

カタログスペックでは頼りなく見えるGPUですが、実際どうなのでしょうか。

3DMarkの実測値

GALLERIA GCF1050TGF-E 3DMARK score

最も有名なベンチマークソフト「3DMark」のTime Spyでのベンチマークスコアは2510。

スコアの目安としては、4K出力でゲームが遊べるPCのスコアが6733なのですから、かなり控えめ。

GeForce GTX1050Tiは前世代のGTX970より性能は下なので、仕方がない部分ではあります。

4Kが遊べないスコアだからと言って、PCゲームを遊ぶのに不自由というわけではありません。

このスコアのノートゲーミングPCでは、各ゲームタイトルのベンチマークでどのぐらいのスコアが出るのか見ていきましょう。

 

VRMarkの実測値

GALLERIA GCF1050TGF-E VVRMARK score

VRMarkは、VRデバイスを持っていなくてもVRゲームがプレイできるかどうかスコアで判断できるベンチマークソフト。

スコアが5,000を上回っていればVRゲームが快適にプレイできる。

ガレリア GCF1050TGF-Eでは残念ながらVRゲームはプレイできません。

ただし、YoutubeやDMMなどのVR動画はゲームのようにスペックがいりませんから、視聴できます。

 

ファイナルファンタジー14の実測値

GALLERIA GCF1050TGF-E FF14 Bencmark score

3DMARKではスコアが低く見えましたが、FF14ではしっかりスコアが出ています。

DirectX11の最高品質のフルスクリーンモードでとても快適の評価ですから、FF14では問題なく快適に使っていけるノートゲーミングPCです。

実はFF14の推奨環境を確認すると、GTX970とGTX1050Tiより高いグラフィックボードの記載があります。

カタログスペックだけで考えるとGTX1050Ti搭載のガレリアGCF1050TGF-Eではスペック不足に見えますが、実際のところは十分足りるということです。

 

ファイナルファンタジー15の実測値

GALLERIA GCF1050TGF-E FF15 Bencmark score

最高品質での計測

GALLERIA GCF1050TGF-E FF15 Bencmark score

標準品質での計測

GALLERIA GCF1050TGF-E FF15 Bencmark score

軽量品質での計測

今更PCでFF15をプレイする方はいなさそうですが、FF15は最高画質で遊ぶための要求スペックが高すぎてネタにされるほどのゲームで、そんなゲームだからこそベンチマークでどこまでのスコアが出るかが参考になります。

やはりさすがに最高品質ではやや重い評価で、プレイは厳しいです。

標準品質も普通評価でして、快適にプレイとなると疑問が残りますが、軽量品質なら快適にプレイができます。

このように、FF15のような要求スペックが超高いゲームでも設定を落とせばガレリア GCF1050TGF-Eでもプレイが可能というわけです。

 

ドラゴンクエスト10の実測値

GALLERIA GCF1050TGF-E DQ10 Bencmark score

ドラクエ10は要求スペックがかなり低く、実はゲーミングPCでなくても遊べる。

FF14やFF15で良いスコアを得られたのですから、ドラクエ10も当然良いスコアです。

最高品質ですごく快適なので、全く問題なく快適プレイできます。

 

DDONの実測値

GALLERIA GCF1050TGF-E DDON Bencmark score

DDONもあまり要求スペックが高くないゲームですから、最高品質でとても快適の評価でした。

 

ガレリア GCF1050TGF-Eの総評

思った以上に小さくて軽い、ゲーミングPCとは思えないノートゲーミングPCでした。

小ささと軽さ以上に感じたのは意外な性能の良さで、カタログスペックでは少し頼りなく見えるのですが、実計測してみると「あれ?ほとんどの人はこれで十分なのでは?」と感じるほどです。

もちろんMODをたくさん入れた高負荷環境でのゲームプレイや、VRゲームが遊べないといった制限はあります。

しかしFF14やドラクエ10のようなMMOはすごく快適にプレイできるスコアでしたし、高グラフィックゲームも設定を落とせばプレイができます。

フォートナイトやPUBGのようなFPSももちろんプレイできます。

以上のことから、ガレリア GCF1050TGF-E省スペース、持ち運びやすさを求めるカジュアルゲーマーにはとてもおすすめのノートゲーミングPCです。

ドスパラで開催中のキャンペーン!

  • 消費税 増税目前カウントダウンセール(~9/30)
  • 対象機種の構成パーツが無料グレードアップ
  • 最大48回まで分割手数料無料【クレジットカード不要】
  • 人気モデルが限定特価

キャンペーン以外のお得情報

  • ドスパラポイントを使ってSteamでゲームが買える

ガレリア GCF1050TGF-Eをキャンペーンでお得に購入する

-ゲーミングPC
-,

Copyright© naolog , 2019 All Rights Reserved.