PCゲームの必要/推奨スペック一覧

2021年4月14日

PCゲームのスペック

PCゲームの必要/推奨スペックをまとめています。

各ゲームタイトルに必要なCPU・グラフィックボード・メモリを一覧表でまとめて掲載しています。

ゲーム名から各ゲームタイトルの詳しいスペック解説やおすすめゲーミングPCの紹介ページに飛ぶことができます。

人気ゲームタイトル

FF14ドラゴンクエスト10
PUBGAPEX Legends
フォートナイトマインクラフト

新着ゲームタイトル

esportsゲームの推奨スペック

ゲーム別推奨動作環境一覧
ゲームタイトルGPUCPUメモリ
PUBGGeForce GTX 1060 3GB
Radeon RX 580 4GB
Intel Core i5-6600K
AMD Ryzen 5 1600
16GB
Apex LegendsGeForce GTX 970
Radeon R9 290
Intel Core i5 3570T8GB
フォートナイトGeForce GTX 660
Radeon HD 7870
Intel Core i5 3.5 GHz8GB
VALORANTGeForce GT 730Intel Core i3-41504GB
レインボーシックスシージGeForce GTX 670
Radeon HD7970 / R9 280X
Intel Core i5-2500K 3.3 GHz
AMD FX-8120 3.1 GHz
8GB
コールオブデューティ:BO4GeForce GTX970 4GB
GeForce GTX1060 6GB
AMD Radeon R9 390
AMD RX 580
Intel Core i5-2500K
AMD Ryzen R5 1600X
12GB
バトルフィールド5GeForce GTX 1060 6GB
Radeon RX 580 8GB
Intel Core i7 4790
AMD Ryzen 3 1300X
12GB

RPG/MMORPGの推奨スペック

ゲームタイトルGPUCPUメモリ
ファイナルファンタジー14Geforce GTX970
Radeon RX 480
Intel Core i7 3GHz8GB
ファイナルファンタジー15GeForce GTX 1060 6GB
Radeon RX 480
Intel Core i7-3770
AMD FX-8350
16GB
エルダースクロールズオンラインGeForce GTX 750
Radeon HD 7850
Intel Core i5 2300
AMD FX 4350
8GB
ドラゴンクエスト10Geforce GT 220 VRAM
Radeon HD 5550 VRAM
Intel HD Graphics 4000 VRAM
Intel Core i3 2.0GHz3GB
PSO2GeForce GT430
Radeon HD5570
Intel Core i3-41508GB
Fallout76GeForce GTX 970
Radeon R9 290X
Intel Core i7-4790
AMD Ryzen 5 1500X
8GB
スカイリムGeForce GTX 470 1GB
Radeon HD 7870 2GB
Intel Core i5-2400
AMD FX-8320
8GB

アクション/格闘の推奨スペック

ゲームタイトルGPUCPUメモリ
サイバーパンク2077GeForce GTX 1060 6GB
GeForce GTX 1660 SUPER
Radeon RX 590
Intel Core i7-4790
AMD Ryzen 3 3200G
12GB
デス・ストランディングGeForce GTX 1060 6 GB
Radeon RX 590
Intel Core i7-3770
AMD Ryzen 5 1600
8GB
アサシンクリード ヴァルハラGeForce GTX 1080
AMD Vega 64
Intel i7-6700
AMD Ryzen 7 1700
8GB
Dead by DaylightGeForce GTX 760
AMD HD 8800
Intel Core i3-4170
AMD FX-8300
8GB
Marvel's AvengersGeForce GTX 1060 6GB
AMD Radeon RX 480
Intel Core i7 4770K
AMD Ryzen 5 1600
16GB

シミュレーションの推奨スペック

ゲームタイトルGPUCPUメモリ
Microsoft Flight SimulatorGeforce GTX 970
Radeon RX 590
理想スペック
Geforce RTX 2080
Radeon Ⅶ
Intel i5-8400
Ryzen 5 1500X
理想スペック
Intel i7-9800X
Ryzen 7 Pro 2700X
16 GB(理想:32GB)
Cities:SkylinesGeForce GTX 660
Radeon HD 7870
Intel Core i5-3470 3.20GHz
AMD FX-6300 3.5Ghz
6GB

サンドボックスの推奨スペック

ゲームタイトルGPUCPUメモリ
マインクラフトGeForce 700
Radeon Rx 200
Intel Core i5-4690 3.5GHz
AMD A10-7800 APU 3.5 GHz
8GB

推奨スペックとは

推奨スペックとは、そのゲームが快適に動作することを保証するスペックのことで、各ゲームメーカーが公式に発表しているものです。

プレイしたいゲームが決まっているなら、推奨スペックからゲーミングPCを選ぶことで、目的のゲームは確実に快適にプレイ可能となります。

ただし推奨スペックはゲームリリース時のパーツで書かれていることが多いため、現行ゲーミングPCのスペックと比較するとわかりにくいです。

スペックはグラフィックボードとCPUに依存するため、CPU比較表グラフィックボード比較表で推奨スペック記載パーツと現行パーツを比較して確認できます。

主な重いゲーム軽いゲーム

人気ゲームのスペック動作目安
ゲームタイトル動作
フォートナイト
マインクラフト
ドラゴンクエスト10
リーグ・オブ・レジェンド
軽い
ファイナルファンタジー14
APEX Legends
Cities: skyline(MODなし)
PUBG
Dead by Daylight
中程度
ファイナルファンタジー15
Cities: skyline(MODあり)
バトルフィールド5
Microsoft Flight Simulator
重い

ゲームによって推奨スペックは大きく変わります。

フォートナイトやドラクエ10は普通のパソコンでも動作するほど必要スペックが低いですが、バトルフィールド5やMicrosoft Flight SimulatorではハイエンドゲーミングPCが必要なほど動作が重いです。

ただしミドルスペックのゲーミングPCなら、重いゲームでも多少設定を落とせば快適にプレイできます。

 

色々なゲームがプレイできる必要スペック

ここでは特定のゲームタイトルにこだわらず、様々なPCゲームが快適にプレイできるスペックを解説します。

グラフィックボード

グラフィックボードの性能

様々なゲームを快適にプレイしたい方には「GeForce RTX 3070」がおすすめです。

グラフィックボードはゲーミングPCの最重要パーツで、ゲーミング性能に直結します。

上のグラフはグラフィックボード別の3D性能を比較したもので、「RTX 3070」とそれ以下に大きな差があることがわかります。

※「RTX 3060 Ti」は市場在庫がありません。

「RTX 3070」と「RTX 3080」の差も大きいですが、「RTX 3080」以上は4Kを含む超ハイスペックのため、オーバースペックになりやすいです。

CPU

CPUはIntel Core i7がおすすめです。

CPUには「AMD Ryzen」と「Intel Core」の2メーカーが存在します。

AMDは価格が安くコスパが良いですが、ゲーミング性能はIntelの方が高いです。

AMD Ryzenを選ぶのが失敗というわけではありませんが、「どちらかと言えばIntel Coreを選んだ方が良い」と考えてください。

Intel Coreにも多くの型式が存在しますが、第10世代(Core i7-10xxx)や第11世代(Core i7-11xxx)なら問題ないでしょう。

CPUは後から交換するのが大変で、初心者には難易度が高いため、できるだけ高性能なものを選んでおくことをおすすめします。

メモリ

メモリは16GBがおすすめです。

メモリ容量は「同時に行える動作処理数」に影響するため、PCゲームのみならず、PC全体の動作スピードに関連します。

ゲーミングPCでは16GBが主流のため、このままで問題ありません。

ただしRTX3080など高性能グラフィックボードを搭載するなら、32GB搭載しておいても良いでしょう。

メモリはカードスロット式の取付なので、後から不足を感じたら簡単に追加・交換ができます。

ストレージ

ストレージは500GB以上のNVMe SSDがおすすめです。

ストレージとはデータを保存する領域で、OSやゲームなどすべてのデータが保存されます。

ストレージにはHDD・SATA SSD・NVMe SSDの3種類が存在しますが、それぞれデータ転送速度や寿命が異なります。

NVMe SSDはデータ転送速度が最も早く寿命も長いストレージで、ゲーミングPCでは標準使用されることが多いです。

NVMe SSDはゲームのロード時間はもちろん、PCの起動時間も格段に早くなります。

Windowsやゲームのインストール用としてメインストレージにNVMe SSDを、写真や動画などそれ以外のデータ保存用にSSDやHDDを外付けで用意しておくと便利です。

関連記事初心者向けゲーミングPCの選び方とおすすめ購入方法

 

推奨スペックおすすめゲーミングPC

ガレリア XA7C-R37 【ドスパラ】

ガレリア XA7C-R37 【ドスパラ】 第11世代Core搭載

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11700
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:650W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥229,980円
分割払い(税込):¥5,300円

最新CPUを搭載したコストバランス最高モデルです。

FRGAH470F/SG2【フロンティア】

FRGAH470F/SG2【フロンティア】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-10900F
GPU:GeForce RTX 3070
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD+2TB HDD
電源:850W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥249,800円

CPUとメモリを強化したモデルです。

4K可能なおすすめゲーミングPC

XN-A【G-tune】

XN-A【G-tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 7 3800XT
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD / 2TB HDD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)
価格(税込):¥241,780円
分割払い(税込み):¥6,700円

CPUにAMD Ryzenを搭載した、4K可能ながら価格の安いモデルです。

ガレリア ZA9C-R38【ドスパラ】

ガレリア ZA9C-R38【ドスパラ】 第11世代Core搭載

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-11900K
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD
電源:750W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥329,980円
分割払い(税込み):¥7,600円

4K解像度はもちろん、ゲーム動画の撮影など様々な使い方ができるモデルです。

メモリを32GBにカスタマイズして注文するのがおすすめ。

G-Master Hydro Z590【サイコム】

G-Master Hydro Z590【サイコム】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3080(水冷)
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:850W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥329,710円
分割払い(税込み):¥9,100円

ハイエンドゲーミングPCで気になる騒音を防止するため、水冷式になっているモデルです。

メモリを32GBにカスタマイズして注文するのがおすすめ

 

-PCゲームの推奨スペック

© 2021 naolog