ゲーミングPCは普段使いもできる?普通のパソコンとの違い

2021年4月5日

ゲーミングPCの普段使い

ゲーミングPCの普段使いについて解説していきます。

  • ゲーミングPCは普段使いのどんな場面で性能を発揮するのか
  • ゲーミングPCはビジネス用途でも活躍してくれるのか
  • ゲーミングPCと普通のパソコンの違いはどこか

以上の内容で解説します。

ゲーミングPCの購入を悩んでいる方に向け、ご自身の使い方と照らし合わせ必要性を確認できる内容です。

関連記事:ゲーミングPCとは | 普通のパソコンとの違い

ゲーミングPCは普段使いもできる?

ゲーミングPCは普段使いが可能です。

ゲーミングPCは一般PCよりも高い性能を持ったパーツが採用されているので、一般PCよりも快適に使用できます。

ネットサーフィン・Youtube等の動画視聴・メールやZoom通話といった用途であれば、難なく実行できます。

ゲーミングPCは普段使いに向いている?

普段使いにゲーミングPCを使用することは可能ですが、普段使いの為だけであればそこまでのスペックは必要ないです。

普段使いだけなら一般PCのほうが安く購入できますし、消費電力も抑えられているため利点は多いです。

PCゲームをプレイする方が普段使いと兼用のPCとして購入するのはおすすめです。

ネットサーフィン等の軽い作業だけでなく、動画編集や画像編集のような重い作業にも対応できるスペックを持っており、PCゲームも快適にプレイできます。

 

ゲーミングPCはビジネスでも使える?

ビジネス用途にもゲーミングPCは使用可能です。

wordやexcelを高い処理能力で捌くことができるため作業効率が上昇し、画像の処理にも対応できるためプレゼン時も快適です。

デメリットとしては高額商品であることです。

ビジネス用途に使用できる一般PCよりも数段上の値段帯となっているためビジネス用途だけで利用するには高すぎます。

 

ゲーミングPCと普通のパソコンの違い

ゲーミングPCと普通のパソコンの違いは「CPU性能・グラフィック性能・冷却性能」です。

ゲーミングPCはPCゲームをプレイするために組まれているため、一般PCよりも高い性能を持っています。

中でもCPU・GPUの性能が大きく影響しており、CPUによって高速な情報処理、GPUによって映像処理がスムーズに行われます。

また、これらのパーツを活かすために冷却性能も高いものとなっており、CPUやGPUに負荷がかかりにくい構造になっています。

一般PCではスペック不足でプレイできないゲームでも、ゲーミングPCならプレイできるため高性能PCであることが分かります。

ゲーミングPCの普段使いでのデメリット

ゲーミングPCを普段使いした際の大きなデメリットは価格です。

ゲーミングPCは安くても10万円、高額帯だと30万円~50万円程度かかるため、一般PCに比べて高いです。

普段使いに使用するだけであればオーバースペックなので、ゲーミングPCは必要ありません。

また、小さなデメリットとして「消費電力・排熱」があります。

一般PCよりも高性能なパーツを採用しているため、消費電力は少し上がります。

高負荷をかけた際には熱を持つため、部屋の温度が上がり、ファン音が大きくなることもありますね。

普段使いしているくらいならパーツへの負荷も少ないので、消費電力が大きくなることもなく、排熱の影響も少ないです。

 

ゲーミングPCと普段使いのパソコンを分ける意味はある?

ゲーミングPCと普段使いのPCを分ける必要はありません。

PCゲームをプレイしたいのであれば、ゲーミングPCを購入して普段使いに利用するのがおすすめです。

ゲーミングPCは非常に高い性能を有しているため普段使いにも強く、2台を用途に分けて使用するよりも高い性能を発揮します。

2台購入するのであれば、その資金をゲーミングPC1台に回してより高い性能のPCを購入したほうが良いでしょう。

 

ゲーミングPCは普段使いできるかのまとめ

ゲーミングPCは普段使いにも使用でき、一般PCよりも高い性能を有しています。

普段使いのみで使用するのはオーバースペックなのでもったいないですが、普段使い+PCゲームで使用する方にはおすすめです。

関連記事:ゲーミングPCとは | 普通のパソコンとの違い

-ゲーミングPCの選び方

© 2021 Naolog