ゲーミングPCとは | 普通のパソコンとの違い

2019年4月26日

ゲーミングPCとは

ゲーミングPCとは何かについてまとめています。

  • ゲーミングPCとはどんなものなのか
  • ゲーミングPCはどんなことに役立つのか

以上に内容ついて解説します。

関連記事:ゲーミングPCの基礎知識まとめ

ゲーミングPCとは何か

ゲーミングPCとは、3Dグラフィック描写性能の高いパソコンのことです。

最も大きな特徴はグラフィック処理を専門に担う拡張パーツ「グラフィックボード」を搭載していることです。

ゲーミングPCは高性能パソコンと言われますが、グラフィックボードを動作させるためCPUをはじめとした他のパーツも高性能なものが採用されている事が多いためです。

ゲーミングPCの性能を決めるパーツは「グラフィックボード」「CPU」「メモリ」「ストレージ(SSD)」の4つで、これらのパーツからゲーミングPCを選ぶことができます。

またゲーミングPCの価格はピンキリですが、この価格差は「グラフィックボード」と「CPU」の性能差によるものです。

4Kやゲーム動画撮影や配信を行える高性能ゲーミングPCは高性能パーツが使用されるため、価格が高く20万円以上します。

最低限の環境でPCゲームをカジュアルにプレイする程度なら10万円前後で購入できます。

 

ゲーミングPCと普通のパソコンの違い

ゲーミングPCと普通のパソコンの違いは、グラフィックボードが搭載されていることです。

ゲーミングPCにはグラフィックボードが搭載され、普通のパソコンではグラフィックボードが搭載されません。

違いはこの1点のみです。

普通のパソコンでは3Dグラフィック処理を一切行えないわけではなく、オンボードGPU(マザーボードに搭載されているもの)で最低限のグラフィック処理は可能です。

そのため映画や動画、負荷のとても軽いゲーム(ドラクエ10など)はグラフィックボードがない普通のパソコンでも動作します。

ゲーミングPCは普段使いもできるのか

ゲーミングPCは普段使いもできるどころか、普通のパソコンより快適です。

上でも解説したように、ゲーミングPCと普通のパソコン違いはグラフィックボードが搭載されているか否かという事だけで、他のパーツ構成はすべて同じです。

普通のパソコンでできる普段使いのすべては、高性能パーツで構成されるゲーミングPCなら普通のパソコン以上に快適に行うことができます。

具体的には「CPU性能が高いこと」と「メモリ容量が多いこと」が挙げられ、CPU性能が高いことでPC全体の処理能力が高くなり、メモリ容量が多いことで同時に複数の作業を行っても重くなりません。

インターネットを閲覧しながらOfficeで作業を行ったり、動画を視聴しながら他の作業を行う、インターネットでたくさんのページを同時に開くなどにもゲーミングPCなら対応できます。

関連記事:ゲーミングPCは普段使いもできる?普通のパソコンとの違い

 

ゲーミングPCのメリットとデメリット

メリット

  • ゲーム機よりハイクオリティなゲーム体験が可能
  • ビジネス用途でも活躍する
  • 動画編集や動画配信が可能
  • ゲームの価格がゲーム機より安い

デメリット

  • 価格が高い
  • 場所をとる
  • 多少の知識が必要になる

ゲーミングPCはデメリットもありますが、多機能でメリットの方が多いです。

ライフスタイルにもよりますが、パソコンで仕事をする方やゲームをする方にはメリットの方が圧倒的に多いです。

 

ゲーミングPCのデスクトップとノートパソコンについて

ゲーミングPCにも普通のパソコン同様デスクトップとノートパソコンが存在します。

デスクトップの方が高性能で価格が安いので、どちらかと言えばデスクトップのゲーミングPCがおすすめです。

しかしデスクトップは設置場所にかなりのスペースを必要とするので、設置場所がない場合や持ち運びの必要があるならゲーミングノートPCでも全く問題はありません。

ただし超ハイスペックなゲーミングノートPCはとんでもなく高額なので、ミドルスペック以上を求めるならデスクトップゲーミングPCが使用できる環境を作る方が良いでしょう。

 

ゲームしない人がゲーミングPCを買う意味はあるか

ゲームをしない人でもゲーミングPCを買う意味は十分にあります。

ゲーミングPCの特徴であるグラフィックボードはゲーム以外でも活躍する場面があるためです。

どういう用途でゲーミングPCが活躍するのか、ゲーミングPCを買う意味がない場合について見ていきましょう。

関連記事:ゲームしない人がゲーミングPCを買う意味はあるのか?の明確な答え

ゲーミングPCがゲーム以外で活躍する場面

ポイント

  • ビジネス用途(書類作成・プレゼン資料作成など)
  • WEBビジネス(WEBサイト制作・WEBデザイン)
  • イラストやマンガ制作ソフトを使用する
  • 動画制作や編集(Youtuber)
  • CADソフトの使用
  • プログラミング

ゲーミングPCはゲーム以外でも以上の場面で活躍します。

基本的に高性能なパソコンであることから、ビジネス用途でも大活躍してくれます。

また動画制作ではグラフィックボードがあることで、エンコード時間を大幅に短縮してくれるほか、エフェクトの使用や4K動画編集も可能になります。

イラストやマンガ制作ソフトではそれほど高性能なグラフィックボードは必要としないものの、オンボードではやや性能が不足気味になるため、特に大きなイラストを制作する場合に活躍してくれます。

イラストやマンガ制作用のパソコンはクリエイターPCとも呼ばれますが、クリエイターPCはグラフィックボードを搭載しゲーミングPCと構成が全く同じで、呼び方が違うだけです。

CADやプログラミングでは、特に3Dゲーム制作に関するプログラミングでゲーミングPCは必須と言えます。

関連記事:ゲーミングPCがゲーム以外でできること・性能を発揮する場面

ゲーミングPCがいらない人

PCゲームをプレイしない、上の用途を目的としない人はゲーミングPCはいらないです。

多くのPCゲームは家庭用ゲーム機でも発売されるので、どうしてもプレイしたいPCゲームがないなら、PS5を買った方がコスパが良いです。

最もゲーミングPCを購入する勿体ない理由は「ゲームしないけど、ゲーミングPC=高性能PCらしいから買っておこう」とするケースです。

高性能なパソコンを求めるなら、グラフィックボードを搭載しない高性能パソコンがBTOパソコンメーカーでも販売されているので、そちらの方がコスパが良いためです。

関連記事:こんな方にはゲーミングPCがいらないので、買うのをやめましょう

 

ゲーミングPCとは?のまとめ

ゲーミングPCとはグラフィック性能に特化したパソコンのことで、普通のパソコンとの違いはグラフィックボードが搭載されている点のみ。

普通のパソコンでできる全てのことはゲーミングPCでも行えます。

PCゲームだけでなく、ビジネスやプログラミングでもゲーミングPCは活躍するので、ゲームする人しか買ってはいけないわけではないです。

逆にPS5でも発売されるゲームしかプレイせず、それ以外でパソコンを使わないならゲーミングPCはいらないでしょう。

-ゲーミングPCの選び方

© 2021 Naolog