広告

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー | GTX 1660 SUPERのエントリーモデル

2020年12月2日

(機材貸出元:株式会社サードウェーブ)

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビューをしていきます。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルは「Ryzen 5 4500」と最新の「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB」を搭載した、エントリーモデルです。

価格が安くカジュアルにゲームをプレイする方や、お子様向けのパソコンとして最適です。

ここではLightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルにどの程度のゲーミング性能があるのかを検証していきます。

後継モデルはこちら

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルの外観構造

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルの外観特徴

  • デスク上にも置けるミドルタワー
  • 8箇所のUSBポート(前面2/背面6)
  • DVDスーパーマルチドライブ搭載
  • Wi-Fiなし
  • Bluetoothなし

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルはミドルタワーで、ケースサイズは「190(幅)×420(奥行き)×360(高さ) mm」。
デスク上に設置しても圧迫感がありません。

USBポートは8箇所備えられていて、前面にはUSB3.0が2つです。
前面のUSBポートは中段あたりに備えられているので、足元に設置するとやや低く使いにくいです。

光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブが標準搭載されています。
Wi-Fi・Bluetoothは搭載されていませんが、カスタマイズで増設可能です。

正面・上部構造と入出力ポート

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルは本体の高さがないこと、USBポートや光学ドライブの位置から、デスク上やラックに置いた方が快適に利用できます。

PC本体上部は排気口になっていないので、多少の備品ならば上に設置しても問題はありません。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー

前面中段には以下の入出力ポートがあります。

  • USB 3.0 x2
  • オーディオアウト / イン

前面中段のUSBポートは2つなので、頻繁に抜き差しするスマホや、マウス・キーボードのレシーバーを取り付けると便利です。

背面構造と入出力ポート

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルの背面には多数の入出力端子、排気口があります。

背面はできるだけ壁から離して設置しましょう。
ケース本体左側は排気口が設置されているので、壁から離して設置する必要があります。

サイドパネルを外す際のネジは本体背面にあります。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルの背面には以下のポートが搭載されています。

  • USB 2.0 ×4
  • USB 3.2 GEN2 Type-A ×2
  • 有線LANケーブル接続
  • スピーカー出力
  • マウス/キーボード用接続ポート
  • HDMI ×1
  • Displayport ×3

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルはグラフィックボードが搭載されているので、映像出力は下の方にあるグラフィックボードの出力に接続します。

同時に接続(DisplayportとHDMIなど)することで、マルチディスプレイで使用することもできます。

Displayportの方が出力性能が高いです。

ケース内部構造

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのサイドパネルを外した内部構造です。
オーソドックスなタワーケースなので、左側面のサイドパネルを外せばパーツが確認できます。

パーツを増設するゆとりはありますが、事前に設置スペースと電源容量を必ず確認しましょう。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのベンチマーク実測値

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルを様々なベンチマークソフトで実測値計測してみました。

  • 3DMARK:グラフィック性能計測
  • VRMARK:VR性能計測
  • PCMARK:PCの総合性能
  • FF14:FF14がどんな環境で動作できるか
  • FF15:高負荷PCゲームがどの環境で動作するか
  • DQ10:要求スペックの低いドラクエ10でどんな性能を発揮するか

更にベンチマークソフトはありませんが、スコアを踏まえFPSゲームのプレイ環境検証を行います。

3DMark ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルの3DMarkスコア

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルの3DMark TimeSpyでのベンチマーク計測結果は5,913でした。

 GPUCPU
Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデル
(GeForce RTX 4070 Ti)
5,8006,651
RTX 3090搭載モデル18,95612,696
GALLERIA ZA7C-R37T
(GeForce RTX 3070 Ti)
14,50415,584
GALLERIA RM5C-R36
(GeForce RTX 3060)
8,3818,743

NVIDIAグラボを搭載した他機種とのスコア比較です。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルには、現在ではスペックの低い「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB」が搭載されているので、グラフィックスコアは他モデルに比べ低いです。

CPUには低価格でコスパの良い「Ryzen 5 4500」が搭載されており、低いながらGPUスコアとCPUスコアのバランスがとても良い点が特徴的です。

数年前まではこのスコアでも15万円程度であったので、このスコアで10万円を切るのはコスパが良いと言えます。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルでは何ができるのか、具体的に見ていきましょう。

VRMark ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのVRMarkスコア

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのVRMarkでのベンチマーク計測結果は8,654でした。

VRMarkはVRゲームがプレイできるかどうか調査するベンチマークソフトです。

VRMarkによるVRゲームプレイ可否の判断基準は5000であり、VRMarkのスコアが5000以上ならVRゲームプレイ可能な「VR Ready」の扱いとなります。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルは、VRゲームもプレイ可能です。

ファイナルファンタジー14 ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのFF14ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルにてFF14 暁月の終焉Verのベンチマークスコア(DirectX 11)です。

計測条件は高品質(2560×1440)の仮想フルスクリーンモードです。

FF14はMMORPGの中でも高いグラフィックを誇るゲームであり、FF14が快適に動作するなら他のMMORPGも快適に動作します。

パフォーマンスを向上させるなら、画像品質を標準に下げることもできます。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルでは、FF14が問題なくプレイできるでしょう。

ファイナルファンタジー15 ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのFF15ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのFF15ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルにおける、FF15の解像度別ベンチマークスコアです。

計測条件は高品質と標準品質のボーダーレス設定です。

要求スペックの高いFF15のベンチマークソフトでは、最新ゲームへの対応やMODの導入に関する指針になります。

高品質ではやや快適と物足りない評価ですが、標準品質なら十分プレイが可能でしょう。

またこのスコアから、マインクラフトなど元のゲームの必要スペックが低いゲームにおいては、多少のMODを導入してもプレイすることができそうです。

ドラゴンクエスト10 ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのDQ10ベンチマーク

ドラクエ10はゲーミングPCではない通常PCでもプレイできるぐらい軽いゲームです。

4K解像度でもとても高いスコアが得られました。

ここまでのベンチマーク結果で高い評価を得られたLightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルでは、当然最高品質で快適にプレイができます。

混雑した町や激戦の戦闘でもしっかり動作するでしょう。

FPSゲーム(APEX・フォートナイトなど) ベンチマーク

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのフレームレート
 低品質普通最高
APEX327212.898.6
Fortnite322.1209.396.5
Overwatch 2330.5215.3100.1
Valorant509.7269.9192.5
PUBG277177.578.0
COD:MWⅡ250.8159.468.0

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルに搭載されている「Ryzen 5 4500+GeForce GTX 1660 SUPER 6GB」のフレームレート平均値をFPSゲーム別にまとめた表です。

FPSゲームをプレイするために理想とされる、120fpsを下回る数値は赤くマーキングしています。

動作の軽いVallorantを除き、最高設定では120fpsを上回ります。

240fpsでプレイしたい場合は設定を落とすことで、すべてのゲームで実現可能です。

そもそもFPSゲームはグラフィックよりフレームレートを重視するべきで、ギリギリ120fps出せる4Kよりも、数値上240fps出せるフルHDの方が勝率は高くなります

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルでFPSゲームをプレイする場合は、フルHDの普通設定や低品質設定がおすすめです。

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー総評

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルのレビュー検証結果をまとめると以下の通りです。

足元設置での利便性が高いケースを採用
フルHDならジャンル問わず最新のPCゲームで困ることはない
4Kでのゲームプレイは難しい
 元ゲームのスペック次第で多少のMOD導入には対応できる

GPUの「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB」、CPUの「Ryzen 5 4500」ともにスペックはそれほど高くないものの、コスパに優れた構成となっています。

カジュアルにPCゲームを遊びたい、子供用にゲームもできるパソコンが欲しい方におすすめの1台と言えるでしょう。

後継モデルはこちら

  • この記事を書いた人
アバター画像

ナオ

ゲーミングPC情報サイト「naolog」の管理人です。学生時代から自作ゲーミングPCを趣味にし、初めてプレイしたオンラインゲームは"ウルティマオンライン"です。MODを導入して"Cities: Skylines"や"スカイリム"など遊んでいます。最近"Starfield"も始めました。アイコンは手持ちのゲーミングPCを利用してAIにて作成したもので、残念ながら管理人の外見とは関係ありません。

-ゲーミングPCレビュー
-