ゲームをメインコンテンツとしてますが、これいいじゃん!と思った事を全部記事にするごっちゃに煮スタイルブログ

なおろぐ

パソコン・スマホ

大容量クラウドを使いたいなら、クラウドサービスよりNASがおトク

投稿日:

DropboxをはじめGoogleドライブ、iCloud、OneDriveなど様々なクラウドサービスがありますが、恐らくDropboxを使ってる方が一番多いでしょう。

僕もDropboxを利用してます。動作もサクサクで快適ですしね。

ただDropboxをはじめとしたクラウドサービスは大体5GBまで無料でそれ以上は有料になってます。
この5GBで足りる方はこの記事の話は不要だと思います。

今回の話は映画などの動画ファイルや音楽ファイルなど、気がついたら何TBになってしまうような大容量ファイルをクラウドで利用したい方向けになります。

何TBもDropboxなどのクラウドサービスで利用しようと思うと、毎月結構なお金がかかります。
1TBの利用で月額1,000円の利用料金ですから、年間12,000円なのでバカになりません。

そこでそういった大容量のファイルをクラウド上で操作したい方におすすめなのかNASです。

 

NASとは、自宅に置くクラウド

NASという単語が聞きなれないと思いますので、こう考えてください。

自宅にクラウドサーバーを設置して、それをネットワークに接続しておく。
そうすることで自宅はもちろん外出先や職場のPC、スマホやタブレットのアプリを使って自宅のNASに接続し、ファイルのやりとりが可能になる。

 

PCに強くない人でも使いやすく設計されている

Windowsのデスクトップ画面のような操作画面上でファイル管理ができるので、普通にPCの操作をできている人であれば問題なく利用できる。

スマホやタブレットの場合はアプリを利用するので更にわかりやすく利用できる。

 

コスパ・使用感でおすすめなNAS

僕が買ったこのモデルは実際使ってみてかなり良かったのでオススメ。

この本体自体に保存するわけではなく、このNASとHDDを接続して使用する。保存はHDDにされるというわけ。
上のNASは最大20TB(10TBのHDD×2台)まで使用可能

現状うちの環境で20TBはさすがに使わないので2TB×2で計4TBとして利用しています。
容量は個々に必要な容量だけ買えば良いかと。
このHDDを買う際に1点だけ注意が必要で、NASは24時間稼働することになりますから『WD-RED』などのNAS用HDDを選ぶ必要があります。

ちなみにHDDはこれを同時購入しましたが、快適に使えています。

2017/4月現在でNAS本体が2万円弱、HDDが1万円と合計3万円。
コスパ良いか?と思われてしまいそうですが、Dropboxなどのクラウドサービスであれば3年間分です。
今の自分の状況から考えて、4年後以降大容量のクラウドが不要になるとはどうしても思えないので、長期的なスパンで考えれば良コスパと言えます。

 

まとめ

写真や書類など軽いファイルをDropboxの無料分で、動画ファイルやツールなど重いファイルはNASで管理しています。

336px

スポンサーリンク

336px

スポンサーリンク

-パソコン・スマホ

Copyright© なおろぐ , 2017 All Rights Reserved.