GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載の実機レビュー

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載のレビューをしていきます。

GALLERIA ZA9R-R38はRyzen 9 5900XとGeForce RTX 3080を搭載した、ハイエンドゲーミングPCです。

ここではGALLERIA ZA9R-R38にどの程度のゲーミング性能があるのか検証していきます。

レビュー項目

  • 外観:サイズ、入出力ポート、排気口の位置など
  • スペック検証:ベンチマークソフトによる検証
  • 総評:性能、価格からコスパの良さ、おすすめ度を決定

GALLERIA ZA9R-R38 5900X搭載【ドスパラ】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 9 5900X
GPU:GeForce RTX 3080
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 1TB Gen4 NVMe SSD
電源:850W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥369,980円
分割払い(税込):¥7,700円(48回)

GALLERIA ZA9R-R38の外観構造

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー

GALLERIA ZA9R-R38の外観・内部構造の特徴は以下の4点。

  • 本体サイズは220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
  • 入出力ポートは前面上部と背面に多数
  • 光学ドライブ(DVD)なし(カスタマイズ注文で追加可能)
  • Wi-Fi・Bluetoothは非搭載

GALLERIA ZA9R-R38のケースサイズは「220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm」 のフルタワーなので、デスク上に置くとやや圧迫感があります。

PCラックやスタンドを使用して足元へ置く方が良いでしょう。

入出力ポートは前面上部・背面に多数あるので、USBメモリなどちょっとしたものは前面に、挿しっぱなしにする機器は背面に接続すると良いでしょう。

本体前面上部に入出力ポートがあるので、足元へ本体を設置しても抜き差ししやすいです。

デスクトップPCのため有線でのインターネット接続を前提としており、注文時のカスタマイズでもWi-FiやBluetoothを増設できません。

また光学ドライブが搭載されておらず、DVDやBlu-rayを読み込むことはできません。

こちらは必要に応じてカスタマイズで追加するか、外付けデバイスを使用する必要があるでしょう。

正面・上部構造と入出力ポート

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー

フルタワーなのでデスク上に置くと圧迫感があり、スタンドやラックを利用して足元に置くことをおすすめします。

ただ本体上面はすべて排気口になっていますので、PC上にモノは置かないようにしましょう。

光学ディスクドライブは非搭載ですが、正面ロゴ上に光学ドライブ取り付け箇所があります。

カスタマイズで追加すると、この部分が光学ドライブになります。

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー

前面中段には以下の入出力ポートがあります。

  • USB 3.2 Gen1 Type-A x4
  • イヤホン
  • マイク

前面上部のUSBポートは4つあるので、頻繁に抜き差しするスマホや、マウス・キーボード・ゲームパッドのレシーバーを取り付けても良いでしょう。

正面上部に入出力ポートが集約されているので、PCを床置きした場合でも座りながらの抜き差しがしやすいです。

背面構造と入出力ポート

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー

GALLERIA ZA9R-R38の背面には多数の入出力端子、排気口があります。

背面はできるだけ壁から離して設置しましょう。

ケース本体側面は両側とも排気口が設置されているので、側面も壁から離して設置する必要があります。

サイドパネルを外す際のネジは本体背面にあります。

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー

GALLERIA ZA9R-R38の背面には以下のポートが搭載されています。

  • USB 3.1 Gen2 Type-A x 2
  • USB 3.1 Gen1 ×6
  • マウス/キーボード用接続ポート
  • 有線LANケーブル接続
  • スピーカー出力

上部にはHDMIやDisplayportの接続も見えますが、GALLERIA ZA9R-R38ではグラフィックボードからモニター出力するため使いません。

ここに接続してしまい、モニターが表示されないトラブルもよくありますので注意しましょう。

外部出力は下方にあるグラフィックボードに接続する必要があります。

  • HDMI ×1
  • Displayport ×3

これらを同時に接続(DisplayportとHDMIなど)することで、マルチディスプレイで使用することもできます。

Displayportの方が出力性能が高いです。

ケース内部構造

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー

GALLERIA ZA9R-R38のサイドパネルを外した内部構造です。

GALLERIA ZA9R-R38はオーソドックスなタワーケースなので、左側面のサイドパネルを外せばすべてのパーツが確認できます。

RTX3080は大きく、ファンも多いのでカスタムスペースは少ないです。

後からカスタマイズする際は事前にパーツの設置スペースと電源容量を確認しましょう。

\ドスパラセール開催中/

ドスパラ公式サイトで見る

ゲーミングPCをお得に購入!

GALLERIA ZA9R-R38のベンチマーク実測値

GALLERIA ZA9R-R38を様々なベンチマークソフトで実測値計測してみました。

  • 3DMARK:グラフィック性能計測
  • VRMARK:VR性能計測
  • PCMARK:PCの総合性能
  • FF14:FF14がどんな環境で動作できるか
  • FF15:高負荷PCゲームがどの環境で動作するか
  • DQ10:要求スペックの低いドラクエ10でどんな性能を発揮するか

更にベンチマークソフトはありませんが、スコアを踏まえFPSゲームのプレイ環境検証を行います。

3DMark ベンチマーク

GALLERIA ZA9R-R38の3DMark

GALLERIA ZA9R-R38の3DMark TimeSpyでのベンチマーク計測結果は14,998でした。

 グラフィックスコア CPUスコア 
GALLERIA ZA9R-R38
(GeForce RTX 3080)
14,9989,618
ガレリア XA7C-R38
(GeForce RTX 3080)
14,9018,880
ガレリア XA7C-R37
(GeForce RTX 3070)
12,70111,601
GALLERIA RM5C-R36T
(GeForce RTX 3060 Ti)
10,3727,749
ガレリア RM5R-R36
(GeForce RTX 3060)
8,2776,940
ライトニング AT5
(GTX 1660 SUPER)
5,5213,983

他機種とのスコア比較です。

GALLERIA ZA9R-R38はGeForce RTX 3080を搭載したハイエンドモデルで、同じRTX3080を搭載したモデル(CPUはCore i7-10700)よりスコアは上回っています。

GALLERIA ZA9R-R38の3DMark

GALLERIA ZA9R-R38の3DMarkベンチマークスコアを他スペックのゲーミングPCと比較したグラフです。

グラフからはGALLERIA ZA9R-R38の性能は最新のハイエンドゲーミングPC以上の性能を備えていることがわかります。

GALLERIA ZA9R-R38で何ができるのか具体的に見ていきましょう。

VRMark ベンチマーク

GALLERIA ZA9R-R38のVRMark

GALLERIA ZA9R-R38のVRMarkでのベンチマーク計測結果は15,510でした。

VRMarkはVRゲームがプレイできるかどうか調査するベンチマークソフトです。

VRMarkによるVRゲームプレイ可否の判断基準は5000であり、VRMarkのスコアが5000以上ならVRゲームプレイ可能な「VR Ready」の扱いとなります。

GALLERIA ZA9R-R38は15,510ですので、VRゲームもプレイ可能です。

ファイナルファンタジー14 ベンチマーク

GALLERIA ZA9R-R38のFF14

GALLERIA ZA9R-R38にてFF14 暁月の終焉Verのベンチマークスコア(DirectX 11)は26,937で非常に快適でした。

計測条件はフルHD(1920×1080)の最高品質設定でフルスクリーンモードです。

FF14はMMORPGの中でも高いグラフィックを誇るゲームであり、FF14が快適に動作するなら他のMMORPGも快適に動作します。

GALLERIA ZA9R-R38では、今後のアップデートも含めFF14が快適にプレイできるでしょう。

FF14は4K解像度にも対応し、GALLERIA ZA9R-R38では4Kでのプレイも一応可能です。

ただしFF14を含むMMORPG・FPS・TPSなどのオンラインゲームでは画質よりフレームレートの方が重要であり、WQHDや4K画質でのプレイにそれほどメリットがないので、フルHDでのプレイをおすすめします。

ファイナルファンタジー15 ベンチマーク

GALLERIA ZA9R-R38のFF15

フルHD

GALLERIA ZA9R-R38のFF15

WQHD

GALLERIA ZA9R-R38のFF15

4K

GALLERIA ZA9R-R38における、FF15の解像度別ベンチマークスコアです。

計測条件はすべて高品質設定です。

GALLERIA ZA9R-R38では4K解像度でも「快適」の評価が得られたため、4Kでのプレイも可能です。

シーンによって重くなってしまう場合や、高負荷のMODを導入する場合は解像度を少し落とすことで対応できます。

FF15のベンチマークでこのスコアが得られるなら、最新ゲームも高解像度で快適にプレイすることができ、MODへの対応も十分可能であると言えます。

ドラゴンクエスト10 ベンチマーク

GALLERIA ZA9R-R38のDQ10

ドラクエ10はゲーミングPCではない通常PCでもプレイできるぐらい軽いゲームです。

ここまでのベンチマーク結果で高い評価を得られたGALLERIA ZA9R-R38では、当然最高品質で快適にプレイができます。

混雑した町や激戦の戦闘でもしっかり動作するでしょう。

FPSゲーム(APEX・フォートナイトなど) ベンチマーク

Chart by Visualizer

GALLERIA ZA9R-R38に搭載されている、GeForce RTX 3080のFPSゲームタイトル別アベレージフレームレートの目安です。

4K・WQHD・フルHDでのアベレージフレームレートをグラフ表記していますが、通常FPSゲームはフルHD以下でのプレイが推奨されています。

画質よりフレームレートを重視した方が快適にプレイでき、勝利しやすいためです。

GALLERIA ZA9R-R38では比較している5つの人気ゲームにおいて、4K画質でも60fpsを、WQHD画質で100fpsを維持することができます。

勝敗や快適性を重視するなら常時120fpsを維持できる環境でのプレイが、e-sportsでは244fpsを維持できる設定がおすすめです。

GALLERIA ZA9R-R38では様々なFPSゲームのフルHD最高設定でも144fps以上を維持することができますし、負荷の高いPUBGやCoD:BOCWで240fpsを求めるなら中程度に設定を落とすことで可能となります。

以上のことからGALLERIA ZA9R-R38でFPSゲームをプレイする場合は「120fpsを維持できるフルHDウルトラ設定」または「240fpsを維持するフルHD中設定」がおすすめです。

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー総評

GALLERIA ZA9R-R38のレビュー検証結果をまとめると以下の通りです。

・フルタワーなのでデスク上の設置は圧迫感があるが、足元に置いても使いやすい本体設計
・MMORPGやFPSも快適にゲームでき、最新のPCゲームを含め困ることはない
・4Kや高負荷なMOD導入にも対応できる

各種ベンチマークからもわかる通りとてもスペックの高いモデルですが、カジュアル用途としてはオーバースペックになる可能性があります。

MODをたくさん導入したい、4Kで最新ゲームをプレイしたい方におすすめの1台と言えるでしょう。

\キャンペーンセール開催中/

ドスパラ公式サイトで見る

Ryzen 9 5900X+RTX 3080モデル

 

  • この記事を書いた人

ナオ

ゲーミングPC比較サイト『naolog』を運営しています!ゲーミングPCの比較やおすすめ品の紹介、気になる知識に関する情報を発信しています!サイトに関する連絡や、管理人へのお問い合わせはDMまたはサイトお問い合わせページからお願いいたしますm(_ _)m

-ゲーミングPCレビュー