キューブ型でコンパクトなおすすめBTOゲーミングPC

2019年6月8日

Cube type Gaming PC

ゲーミングPC(キューブ型)のおすすめモデルと、キューブ型の注意点を紹介します。

キューブ型は通常のタワーケースに比べとてもコンパクトですから、場所を取りません。

タワー型ケースでは置く場所が確保できない方におすすめですが、デメリットも存在します。

ここではゲーミングPC(キューブ型)の注意点とおすすめモデルについてお話します。

関連記事小型ゲーミングPC(省スペース)のおすすめ

 

キューブ型ゲーミングPCの注意点

  • カスタマイズ性が低い
  • ほこりによる熱暴走を起こしやすい

キューブ型ゲーミングPCのケース内部には、通常タワーのようなゆとりはありません。

小さなキューブケースの中にぎゅうぎゅうにパーツが詰められています。

後からパーツを増設しようと思ってもそのスペースがないので、カスタマイズ性がとても低いのが難点です。

また、熱が循環するスペースもタワー型に比べてとても狭いですから、ほこりが溜まると熱循環を邪魔してしまい、熱暴走を起こします。

熱暴走はPC故障の原因にもなりますから、3~4か月に1度はエアダスターなどでほこりを除去するなどメンテナンスが必要です。

私は昔この知識がない頃にキューブ型ゲーミングPCを購入し、熱暴走によりPCをダメにしています…。

 

キューブ型ゲーミングPC自作は難しい

自作によってキューブ型ゲーミングPCの作成が流行っています。

キューブ型の自作は通常タワーでの自作よりハードルが高く、熱の流れなどしっかり設計する必要があります。

高いPC知識を持った方以外では、通常タワーで自作にチャレンジするか、BTOパソコンショップのキューブゲーミングPCを購入した方が無難でしょう。

無理な自作でパーツを台無しにしてしまうと大赤字です。

 

ゲーミングPC(キューブ型)のおすすめモデル

GN-I7G36Z(アーク)

GN-I7G36Z(アーク)

・Windows 10 Home

・Core i7 10700

・GeForce RTX 3060 Ti

・16GB DDR4

・500GB NVMe SSD / HDD 無し

¥209,800円(税込)

LEVEL-C046-LCiX7-RJX(パソコン工房)

LEVEL-C046-LCiX7-RJX(パソコン工房)

icon icon

・Windows 10 Home 64bit

・Core i7-10700

・GeForce GTX 1660 SUPER

・16GB DDR4-2666 DIMM

・500GB NVMe SSD / HDDなし

¥117,980円(+税)

分割手数料無料キャンペーン適用時⇒月々3,600円(税込)

PG-OT(ストーム)

PG-OT(ストーム)

・Windows 10 Home

・Ryzen 5 3500

・GeForce GTX 1650

・8GB DDR4

・250GB NVMe SSD / HDD 無し

¥99,800円(税込)

ゲーミングPC(キューブ型)のまとめ

キューブ型ゲーミングPCについて紹介しました。

キューブ型はコンパクトではありますが、通常タワーと比べ横幅はそこまで変わりません。

ただし奥行きにゆとりができるので、机の上に置く場合に省スペースとなります。

キューブ型以外にも小型ゲーミングPCはあるので、置きたいスペースと相談して最適の形を考えましょう。

関連記事小型ゲーミングPC(省スペース)のおすすめ

-ゲーミングPC

© 2021 naolog