最強ゲーミングPCのおすすめモデル【高級フラッグシップ】

2020年6月28日

ゲーミングPC最強

最強のハイエンドゲーミングPCを紹介していきます。

  • 最高級のハイエンドフラッグシップおすすめPC
  • 最強ゲーミングPCの選び方
  • おすすめメーカーやパーツ

以上の内容で解説します。

最強ゲーミングPCは「コスト度外視でとにかく高性能なゲーミングPCがほしい方」や「Youtuberやeスポーツを視野に入れている方」におすすめです。

最強ゲーミングPCのおすすめモデル【高級ハイエンド】

G-Master Hydro Z590 Extreme

G-Master Hydro Z590 Extreme【サイコム】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-11700K
GPU:GeForce RTX 3080(水冷)
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 512GB NVMe SSD
電源:850W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥374,300円
分割払い(税込み):¥10,300円

最強カスタマイズ

・CPU:Intel Core i9-11900K
・CPUグリス:Noctua NT-H1
・メモリ:128GB
・ストレージ:M.2 SSD 1TB
・ビデオカード:サイコムオリジナル水冷静音仕様 GeForce RTX3090
・電源:1200W(80PLUS Platinum)
・騒音・振動吸収シート:騒音・振動吸収シート貼付

G-tune XP-Z-CM-LC

XP-Z-CM-LC【G-tune】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 3090(水冷)
メモリ:64GB DDR4
ストレージ: 2TB NVMe SSD / 4TB HDD
電源:1200W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥516,780円
分割払い(税込み):¥14,300円

カスタマイズなしでOK

LEVEL-R049-LCiX9K-XAXH-JUPITER

LEVEL-R049-LCiX9K-XAXH-JUPITER【パソコン工房】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-10900K
GPU:GeForce RTX 3090
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 500GB NVMe SSD / 2TB HDD
電源:800W(80PLUS TITANIUM)
価格(税込):¥395,978円
分割払い(税込み):¥11,000円

最強カスタマイズ

・メモリ:64GB

ガレリア UA9C-R39 第11世代Core搭載

ガレリア UA9C-R39【ドスパラ】 第11世代Core搭載

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i9-11900K
GPU:GeForce RTX 3090
メモリ:32GB DDR4
ストレージ: 1TB NVMe SSD / 2TB HDD
電源:850W(80PLUS GOLD)
価格(税込):¥489,980円
分割払い(税込み):¥11,200円

最強カスタマイズ

・メモリ:64GB

最強ゲーミングPCの選び方

最強ゲーミングPCである高級ハイエンドPCは「適切にコストを掛けられること」が重要です。

高性能でないのに価格だけ高いモデルや、ゲームに必要ないパーツにコストが掛かったモデルを選ぶと無駄になってしまうためです。

静音性に注意する

高級なハイエンドパーツは高性能ですが、発熱量も大きくなります。

ゲーミングPCの音の大部分は排熱時のファンの駆動音ですから、静音性の高い排熱パーツを搭載しなければ、ゲーム音の妨げになるほどの騒音が出てしまいます。

最強ゲーミングPCではCPUクーラーとGPUクーラーを水冷化した、極限まで静音性を追求したモデルがおすすめされます。

海外ブランドは選ばない

OMENやエイリアンウェア、Razerなどの海外ブランド品は国内品に比べ価格が割高です。

どの海外ブランドも品質が高いことは確かですが、価格が国産品の1.5~2倍以上であることも少なくありません。

使用されるパーツは国内メーカーでも厳選できることから、最強ゲーミングPCは国内の高品質メーカーでの購入がおすすめです。

SLI対応はRTX3090のみ

最強ゲーミングPCではグラフィックボードの複数搭載(SLI接続)モデルも存在します。

グラフィックボードを複数搭載することで、グラフィック性能が単純に2倍・3倍になります。

ただしそれだけ消費電力も増えること、また現行最強グラフィックボードのRTX3090では、複数搭載するまでもなく高すぎるグラフィック性能を備えていることから、SLIモデルは販売されていません。

自作で行う必要がありますが、RTX30シリーズでSLI対応しているのはRTX3090だけなので、グラボ追加による複数搭載を予定している方はRTX3090を選ぶ必要があります。

 

最強ゲーミングPCのおすすめメーカー

サイコム

ポイント

・静音性、水冷化モデルに特化したメーカー
・音が気になる、玄人におすすめ
・GPUを独自水冷化したデュアル水冷モデルが特徴
・カスタマイズ幅が広く、パーツメーカーも指定できる
・サポートが丁寧で評価が高い

静音モデル・水冷化モデルに特化したBTOメーカーです。
水冷化はCPUクーラーだけでなく、GPUも独自に水冷化したデュアル水冷ゲーミングPCが特徴。
構成パーツすべてにメーカー記載があり、カスタムパーツのメーカーも指定できます。
カスタマイズ性がとても高く、玄人にはありがたいが初心者は迷うかもしれません。

G-tune

ポイント

・CMで有名なBTOメーカー
・有名ゲーマー使用モデルが豊富
・大会での使用実績が多い
・36回まで分割手数料が無料

エントリークラス(低スペック)からハイエンドまで幅広いラインナップを揃える有名BTOメーカー。
初期構成がしっかりしているのでカスタマイズを必要とせず、初心者にも購入しやすいです。
コスパも良く、エントリークラス(低スペック)は10万円以下のモデルも取り揃えています。
納期は1週間程度かかるものの、サポート対応にも定評があります。

ドスパラ

ドスパラ

ポイント

・国内No.1のBTOメーカー
・お得なセールが頻繁に開催
・48回まで分割手数料が無料
・最短即日出荷のスピード納期
・24時間年中無休サポート

エントリークラス(低スペック)からハイエンドまで、幅広いラインナップを揃える国内No.1のBTOメーカー。
初心者からコアゲーマーまで広い層におすすめで、価格の安さもトップクラス。
納期が早く最短翌日に届くモデルも存在するほか、購入者は24時間年中無休のサポートが受けられます。
48回までの分割払い手数料が無料で、購入負担が軽いことも特徴です。

パソコン工房

ポイント

・ラインナップ数がトップクラス
・プロゲーマーコラボモデルが豊富
・大会での使用実績が多い
・36回まで分割手数料が無料

国内トップクラスの大手メーカー。
コアユーザーからの人気も高く、価格も大手メーカーの中でもかなり安い。
ラインナップ数がとても多く、有名プロゲーマーとのコラボモデルも多数販売しているが、一方で多すぎて選びにくいとの声も。
大手メーカーの中ではサポート対応の評価も高く、納期も最短3日とかなり早い。

最強ゲーミングPCのスペック

最強ゲーミングPCのスペックをパーツ別に解説していきます。

グラフィックボード

グラフィックボードの性能
最高級の最強ゲーミングPCでは、「RTX 3090」がおすすめです。

RTX 3090はグラフィック性能が最も高く、DLSS機能により4K・8K出力をフレームレートを落とさず行うことができます。

「RTX IO」機能によりCPUではなくGPUでゲームデータの処理が行えるため、CPUのボトルネックも軽減します。

AMD RadeonシリーズにはDLSS機能が搭載されていないため、この点だけでもスコア差以上の性能差があると言えます。

RTX 3090なら、今後のSLI接続にも対応できます。

関連記事GPU(グラフィックボード)の性能比較

CPU

CPUは「Intel Core i9」がおすすめです。

CPUには「Intel Core」と「AMD Ryzen」の2種類がありますが、ゲーミング性能は「Intel Coreシリーズ」の方が優れています。

Intel Coreは1つのチップでマルチコアCPUを構成しているので、Ryzenに比べてレイテンシが早く遅延が発生しにくいためです。

CPUはグラフィック以外すべてに影響するパーツで、ゲーム動作やGPUの動作にも影響します。

ゲームではキャラクターの動作・反応に直結するため、FPS・TPS・格闘などの対人ゲームでは特に重要な役割を担います。

関連記事ゲームにおすすめのCPU性能比較

メモリ

メモリは「64GB」がおすすめです。

メモリ容量が大きいほど、PCの同時処理量や処理速度が早くなります。

ゲーミングPCでは16GBが標準ですが、RTX3090やIntel Core i9を搭載する最強ゲーミングPCでは、その性能を最大限に活かすため、メモリ容量も多く搭載するべきです。

これほどのメモリ容量を搭載しておけば、ゲームをしながら動作撮影や配信も快適に行うことができます。

関連記事ゲーミングPCのメモリ

 

-ゲーミングPCの選び方

© 2021 Naolog