パソコン、自動車、ガジェットなどを扱う雑記ブログ

naolog

ゲーミングPC

ゲーミングPCに本当に必要な容量と、不足した時の改善策3つ

「ゲーミングPCの容量は最低どのぐらい必要?」
「ゲーミングPCの容量が足りなくなった!改善するにはどんな方法がある?」

この記事ではこんな悩みが解決できます。

ここでの話は「SSD/HDDの容量」についてで、メモリの話ではありません。

記事の内容

・ゲーミングPCのSSD容量は250GBでも大丈夫
・ゲーミングPCの容量が足りなくならない使い方
・ゲーミングPCの容量が足りなくなった場合の3つの改善策

私はゲーミングPC歴20年ほどになりますが、容量選びについてはたくさん失敗してきました。

適当にインストールしまくってパンパンになったり、考えずにHDD追加しまくって認識されなかったり…

これからゲーミングPCに触れていく方々が、私のような残念な失敗をしないよう容量についてまとめました。

 

ゲーミングPCのSSD容量は250GBでも大丈夫な理由

ゲーミングPCのSSD容量は購入時にかなり迷うと思いますが、容量を迷う段階の方は250GBでまず問題ありません。

500GBまたはそれ以上必要になる方は、「250GBじゃ足りないから500GB欲しい」と明確に理解している方だけです。

250GBでもWindowsOS、セキュリティ、複数のゲームやアプリをインストールしてもまだ余ります。

注意するべきは「使い方」で、きちんと整理して使っていけば、250GBのSSDでも容量不足になることはないでしょう。

 

ゲーミングPCの容量が足りなくならない使い方

SSDやHDDは、日常生活に例えるとタンスのようなものです。

綺麗に整理して使えばたくさん物が入りますし、何でもかんでも放り込めばすぐいっぱいになります。

SSDとHDDも同じで、「WindowsOS」「セキュリティ」「よく遊ぶゲーム」のように、最低限のデータのみをSSDに保存・インストールするようにしましょう。

それ以外の音楽、画像、動画、たまにしか使わないアプリなどはHDD(内蔵pr外付)に保存するなど、データを分けて管理するのが容量不足にならないコツです。

 

Steamゲームのセーブデータをクラウド保存しよう

Steam cloud settings

Steamでは、ゲームのセーブデータをクラウド上に保存してくれます。

クラウド保存容量は上限があるので注意しなければいけませんが、クラウド上にデータを保存しておくと、他のPCでもセーブデータを引き継げる仕組みです。

セーブデータのクラウド保存を利用すれば、しばらく遊ばないゲームをSSD上からアンインストールしてしまい、また遊びたくなったらインストールし、セーブデータを引き継げます。

この方法を利用すれば、容量が大きなゲームデータを消すことができるので、SSD容量の節約になります。

 

ベストな容量構成はSSD250GB+HDD2TB

ゲームを遊ぶ時って、複数のゲームを同時進行する方は少ないはずです。

複数進行するとしても5本以内でしょう。

5本程度ならSSD250GBで十分ですから、「WindowsOS」「セキュリティ」「よく遊ぶゲーム」だけをSSDに保存し、それ以外はHDDに保存するのがベストです。

デスクトップゲーミングPCでは、SSD+HDDの構成が増えていますから、この構成をはじめから選んでおくのがおすすめです。

ノートゲーミングPCではSSDのみのモデルが多いですから、別途外付けHDDを購入しておくのがおすすめです。

 

ゲーミングPCの容量が足りなくなった場合の3つの改善策

ゲーミングPCの容量が足りなくなった時は「整理する」「追加する」「交換する」の3つの改善策があります。

3つの改善策を詳しく見ていきましょう。

 

改善策① SSD内容量を整理する

PC storage capacity

まずはSSDの容量使用量がどうなっているか確認しましょう。

SSDの容量使用量は、

「スタートメニューを右クリック」⇒「エクスプローラー」⇒「PC」の中にある「ローカルディスク(C;)」を右クリックし、プロパティを選択しましょう。

すると、SSDの使用容量と空き容量が確認できます。

 

容量がいっぱいの方は、空き容量が全然無くなっていると思いますから、これから説明する「整理する方法」で空き容量を増やしていきましょう。

step
1
いらないアプリを全て削除する

「スタートメニューを右クリック」⇒「設定」⇒「アプリ」を開きます。

インストールされているアプリが一覧で表示されているので、使っていないもの、使う予定がないものをガンガン消していきましょう。
※わからないアプリは消さなくてOKです。

アンインストールは、消したいアプリを選択すると、すぐ下にアンインストールボタンが表示されるので、それを押すだけです。

step
2
ダウンロードデータのゴミを削除する

「スタートメニューを右クリック」⇒「エクスプローラー」⇒「PC>ダウンロード」を開きます。

ここには、画像やファイルなど一時的にダウンロードしたデータが保存されています。

ここに残っているデータで、使わないデータを全て削除しましょう。

step
3
メインファイル以外をHDDに移動する

メインファイルとは「WindowsOS」「セキュリティ」「よく遊ぶゲーム」以外のデータのことを指します。

動画、写真、音楽などのファイルがこれに該当します。

動画や写真データは単純にドラッグ&ドロップするだけなので問題ないはずですが、itunesと紐づけしている音楽ファイルは注意する必要があります。

音楽ファイルを単純に移動してしまうと、itunesからファイルを呼び出せなくなってしまいます。

Apple公式に方法が解説されているので、そちらを確認しながら行いましょう。

ファイルを移動する際は、右クリックでドラッグ&ドロップをするとウィンドウが開くので、そこで「ここに移動」を選択すれば元ファイルを残さず移動できます。

以上が「SSDの整理」となり、これで空き容量が確保できればOKです。

 

改善策② 容量を追加する


ゲーミングPCの保存容量を追加する改善方法です。

容量の追加は、「内蔵SSD/HDDの増設」もしくは「外付HDDを準備する」の2通りの方法があります。

内蔵SSD/HDDを増設するには増設するスペースが必要なので、デスクトップのみで可能な方法ですから、ノートPCをお使いの方は外付HDDで対応しましょう。

容量の追加は、OSを再インストールする必要がなく、手間がなく簡単です。

外付HDDはUSB接続するだけですから、内蔵する場合を手順を見ていきましょう。

※スリムタイプのデスクトップでは増設スペースがない場合があります。

SSDの追加には、「増設するSSD」と「ブラケット」が必要です

ブラケットがないとPCケースに固定できないので、注意しましょう。

私がいつも購入するのは以下の2点で、配線類の追加購入は不要です。

オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B)
オウルテック

 

step
1
容量を追加できるか確認する

SSD/HDDを追加するには、追加したSSD/HDDを動作させる電源容量が必要です。

電源容量の確認方法は【ゲーミングPCの電源ワット数|正しい容量と自PC電源の確認方法】で詳しく解説しているので、確認してみてください。

電源が足りない場合は、外付HDDを使用するか、改善策③を行いましょう。

step
2
SSD/HDDを増設する

デスクトップゲーミングPCのケースは後方のネジ数か所を外せば、パコンと外れるはずです。

PC storage space

画像右下にあるのがSSD/HDDです。

ここには複数のSSD/HDDが取り付けられる棚がありますから、既に取り付いているSSD/HDDと同じように、空いている棚に取り付けます(どこでも付けやすい場所でOK)

SSD/HDDにケーブルを取り付け、増設したSSD/HDDの動作確認・フォーマットを行って完了です。

もっと詳しく増設手順が知りたい方は以下の記事が参考になります。

step
3
容量を増設したら、改善策①を行う

SSD/HDDの増設が完了したら、改善策①「整理する」を行いましょう。

しっかり整理したら、今後はアプリインストールする場所、データを保存する場所を保存する段階できっちり分けていけば、容量が満タンになりにくいです。

 

改善策③ SSD/HDDを交換する


電源が足りなくて追加ができない場合は、大きい容量のSSD/HDDへの交換で容量不足を改善できます。

SSD/HDDを交換する場合は、WindowsOSやアプリなどを新しいSSD/HDDへ移動する必要があるので注意しましょう。

SSD/HDDのデータ移動は、単純に移動するだけでは無理です。

データの引っ越しについて調べると、中国製ソフトを使ったクローン作製がたくさんヒットします。

私はなんとなく中国製ソフトを使うのに抵抗があったことと、容量によっては無料で使える範囲を超えてしまう事から、Windowsの標準機能だけを使って無料でデータ移行をしました。

私が行った手順は

①リカバリーディスクを作成する
②システムイメージバックアップを取る
③新しいSSDに交換する
④リカバリーディスクでWindowsを起動し、システムイメージからバックアップを復元する

この手順です。

作業手順は以下のサイトで詳しく解説されていて、私も参考に作業しました。

SSDの交換方法は改善方法②で紹介したサイトで対応できるはずです。

ここまで完了したら、新しいSSD/HDDへのデータ移行は完了です。

SSD/HDDの交換が完了したら、改善策①「整理する」を行いましょう。

しっかり整理したら、今後はアプリインストールする場所、データを保存する場所を保存する段階できっちり分けていけば、容量が満タンになりにくいです。

 

まとめ|ゲーミングPCの容量は整理整頓するのがキモ

ゲーミングPCの容量は部屋の収納と同じです。

いるもの、いらないものをきっちり分けて、整理整頓すれば少ない収納でも足りますし、適当に管理すればすぐいっぱいになります。

私はゲームやソフトをいくつもインストールしていますが、SSD250GB+HDD2TBで十分足りています。

まずは整理をしてみて、それでも足りなければ追加や交換をするのが良いでしょう。

 

-ゲーミングPC
-

Copyright© naolog , 2019 All Rights Reserved.