予算15万円以下のおすすめゲーミングPC【2021年最新】

2020年6月23日

15万円のゲーミングPC

15万円以下(税込)で買えるおすすめゲーミングPCを紹介します。

  • 15万円以下で購入できるおすすめゲーミングPC
  • 15万円以下のゲーミングPCスペック

以上の内容で解説します。

15万円のおすすめモデルを紹介し、その根拠とパーツ選択の順で解説しています。

15万円以下のおすすめゲーミングPC

LEVEL-M056-114-RBX【RTX3060搭載ミドルスペック】

LEVEL-M056-114-RBX【パソコン工房】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i5-11400
GPU:GeForce RTX 3060
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 500GB NVMe SSD
電源:700W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥145,178円
分割払い(税込):¥4,000円

ガレリア RM5R-G60S【安さ重視のカジュアル向け】

ガレリア RM5R-G60S【ドスパラ】

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:16GB DDR4
ストレージ: 500GB NVMe SSD
電源:550W(80PLUS BRONZE)
価格(税込):¥109,980円
分割払い(税込):¥3,100円

 

15万円以下のゲーミングPCのスペック

予算15万円では、バランスの良いミドルスペックゲーミングPCが購入できます。

10万円以下のゲーミングPCよりかなり高性能なスペックが可能となるので、様々なPCゲームが推奨動作環境で快適にプレイできます。

パーツ別のスペックと15万円以下ではどのパーツが選択肢となるのか見ていきましょう。

グラフィックボードの性能比較

グラフィックボードの性能

グラフィックボードは「RTX 3060」がおすすめです。

予算15万円のゲーミングでは、グラフィックボードは「GTX 1660 SUPER」「RTX 3060」が選択肢に入ります。

グラフィックを重視するなら「RTX 3060」、CPUを重視するなら「GTX 1660 SUPER」になりますが、グラフを見てわかるようにグラフィック性能差がとても大きいです。

CPU性能はGTX1660SUPERを搭載したモデルとの差がそれほどないことから、性能で選べば「RTX 3060」一択です。

予算15万円とはいえ、できるだけ価格を下げたいなら「GTX 1660 SUPER」を選択しても問題はありません。

CPUの性能

CPUは「Intel Core i5-10400/F」や「Ryzen 5 3500X」がおすすめです。

どちらでもゲームに大きな影響はありませんが、ゲーミング性能は「Intel Core i5-10400/F」の方が優れています。

それぞれ異なるメーカーが開発したCPUで、Intel Coreの方がゲーミングPC性能が高いものの、AMD Ryzenの方が価格は安い特徴があります。

メモリの容量

メモリ容量は「16GB」がおすすめです。

予算15万円以下では、メモリ容量が8GBと16GBが混在しています。

メモリ容量は大きいほどパソコンの動作がサクサク快適になるため、多ければ多い方が良いです。

現状ゲーミングPCの標準が16GBになってきているので、できるだけ16GBのゲーミングPCを選びましょう。

 

予算別のおすすめゲーミングPC

 

-ゲーミングPCの選び方

© 2021 Naolog